ご予約お問合わせはこちら

長野県佐久市の黒岩歯科医院 | ブログ

  • CT・レーザー完備
  • 初診カウンセリング
  • 無料託児サービス
  • 徹底した衛生管理
ご予約・お問い合わせはこちら ご予約お問合わせはこちら0477015844

長野県佐久市臼田1191-5

長野県佐久市の歯医者、黒岩歯科医院のブログ

歯科医が語る!歯の治療を中断してはいけない理由

おはようございます☆黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^_^)v
黒岩歯科医院は、8/12~8/16までお盆休みです。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。

「歯がずきずき痛むから歯医者に通い始めたけど、痛みがなくなったため中断してしまった。」こんなことありませんか?
もしこの記事を読まれている方に、そのような方がいらっしゃいましたら、今すぐに歯医者に通い、治療を再開してください。

歯の治療を中断すると、後悔することになります。今回は、歯の治療を中断してはいけない理由についてご紹介します。

○歯の神経を取ったままで放置している場合

よくあるのが、歯の神経を抜いたままで放置しているパターンです。
歯の神経を抜くと、今まで苦しめられていた痛みがなくなり、治療に行かなくなってしまうことがありますが、これは非常に危険なことです。

歯の神経を抜いた後は、歯の内部が菌にさらされてしまいます。
歯の内部は菌に対する抵抗力が弱く、放置されると歯の内部に汚れがたまってしまったり、虫歯が進行したりすることがあります。場合によっては、1か月の中断でも歯の健康に影響が出ると言われています。

面倒くさがって治療を中断し、歯の寿命を縮めてしまうといった問題も非常に多いため、注意するようにしましょう。

○仮歯のままで放置している場合

これも意外と多くあるパターンです。
プラスチック製の樹脂で作った仮歯を歯に被せることで、一時的に見た目では歯が抜ける前に戻るため、見逃しがちな問題です。
この場合は、樹脂が長期間の使用を目的としていないため危険なのです。

また、仮歯は時間が経つと徐々にすり減っていきます。仮歯がすり減っていくにつれて、隣の歯から少しずつ移動が始まります。
そして、被り物を被せるためのスペースがどんどんと失われてしまいます。

場合によっては、時間を空けて治療を再開したときに、追加で歯を削らなければならなくなってしまったということもあります。

○薬を埋めたまま放置している場合

虫歯を治療する場合、まず歯を削って歯の神経を鎮静する薬を入れて、経過を見る場合があります。
この時に、神経は薬の効果で痛みを感じにくくなっているため、もう治ったと勘違いしてしまう人がいますが、これは非常に危険です。

薬を入れて様子を見ている段階の場合は、一応の処理のため、内部の虫歯を完璧に取り除いていないことがあるのです。また、仮の詰め物も長期間を想定していないため、詰め物自体が徐々に崩壊するといった危険もあります。
後々になって、あの時しっかりと治療を完了しておけばよかったと思っても、もう歯は戻ってきません。

今回は、歯の治療を中断してはいけない理由についてご紹介しました。
これらは一例であり、他にも様々な事例があります。
どのような事例であっても治療を中断しておいて、良い結果に繋がることはありません。
必ず行っている治療は最後まで完了することを心がけましょう。

 

口内の出血の主な原因について歯科医が解説!

おはようございます☆黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^_^)v

「また、血が出てる!」よく口内から出血する方もいらっしゃるかと思います。血を見るたびに、「口の中が傷ついているのでは!?」と心配になりますよね。そこで今回は、口内出血の主な原因についてご紹介します。

■口内からの出血の主な原因について

・多くの場合歯周病が出血の原因

歯周病は口内に悪い細菌が溜まることで発症します。細菌が歯茎に入ると細菌を排除するために血液が集中し、血液内の白血球によって細菌をやっつけようとします。

このような歯周病の場合のように、体が起こす反応によって出血することもあります。歯周病が進行してくると、このような自覚症状がだんだん減ってきますが、歯周病はどんどん進行します。初期の出血を見逃さずに歯医者で診察してもらいましょう。

・ドライマウスによるもの

歯周病にも関わってくる疾患がドライマウスです。これは、唾液の分泌量が減り、口の中が乾燥している状態です。唾液には常に口内を潤わしたり、歯を保護するたんぱく質のペクリルの分泌を促進したり、歯の再生を行う大切な役割があります。

唾液の分泌量が減ることで歯質が弱くなったり、細菌が増殖しやすくなったり、歯肉炎による出血を引き起こしたりしてしまいます。

・歯ぎしりや噛み合わせによるもの

よく歯ぎしりをするくせがある人や、噛み合わせが悪い人は、歯の特定部分にアンバランスな力が加わり、歯茎にも大きな負担がかかってしまいます。継続的に歯を動かす力がかかることで、歯茎が炎症して出血してしまうことがあります。歯肉炎にかかっていなくても出血がある場合には毎日の歯磨きの力が強すぎる可能性もあります。

・ホルモンバランスの変化によるもの

女性の場合は特に、ホルモンバランスの変化によって歯茎から出血することがあります。更年期障害や妊娠などでホルモンバランスが変わると、歯茎に流れる血流が増えることで出血しやすくなることもあります。

・他の病気のサイン

口内に問題がなくても出血することがあります。糖尿病や癌など、重い病気が原因になっている可能性もあります。上記のような原因に該当しないのにも関わらず、頻繁に歯茎の出血が続く場合は医者に相談することをおすすめします。
基本的にブラッシングやクリーニング中の出血は気にしなくても大丈夫です。歯周ポケットの奥に歯石がある場合にはそこに細菌が溜まり、出血することがあるからです。もし、気になることがあれば、歯科医に相談するようにしてください。

 

キャンプ準備☆

おはようございます☆黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^_^)v
連日暑い日が続きますね☀
私の住む佐久の地域は、日中どんなに暑くても、朝晩は涼しくて、
窓を開けて寝ると朝方は寒いくらいが例年の夏だったのですが、
今年は、夜寝る時もクーラーが必要ですね(-_-;)

さて、今年の夏のテーマは、「キャンプ」です!
来週からのお盆休みには、キャンプ場にテントを張って泊まろうと
思っています!
今年、念願のテントを購入したので、昨日、妻と庭に設営してみました!
いや~暑かったι(´Д`υ)アツィー
でも、風の通りもよくて、良い感じ!

あまりの暑さに、プール登場!

水を浴びると一気にクールダウンできますね!
テントの設営の練習も済んだので、来週はいよいよ本番!
楽しんで来ようと思います♪
ではまた☆