ご予約お問合わせはこちら

長野県佐久市の黒岩歯科医院 | ブログ

  • CT・レーザー完備
  • 初診カウンセリング
  • 無料託児サービス
  • 徹底した衛生管理
ご予約・お問い合わせはこちら ご予約お問合わせはこちら0477015844

長野県佐久市臼田1191-5

web予約はこちら
無料メール相談はこちら
長野県佐久市の歯医者、黒岩歯科医院のブログ

親知らずは抜いた後が痛みます:怖いドライソケットとは?

おはようございます☆黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^♪

大人になってから口の奥に生えてくる親知らず。
虫歯になりやすく、歯並びが悪くなってしまうこともあるので多くの場合は抜いてしまった方が良いと言われています。

しかし、抜くのが痛そうで抜くのはためらわれるという方も多いのではないでしょうか?

実際は、歯を抜いているときは麻酔をしているので痛みはありません。むしろ歯を抜いて麻酔が切れた後に痛みが出てくるのです。

ほとんどの場合、抜歯後の痛みは痛み止めを飲むことでかなり抑えられ、日数がたつにつれて徐々に引いてきます。しかしいつまでたっても強い痛みが引かないことがあります。そのような場合は、ドライソケットの痛みが原因になっていると考えられます。

今回はこのドライソケットについてお話ししていきます。

○ドライソケットって何なの?

ドライソケットとは、抜歯した後の穴に血の塊ができずに、骨がむき出しになってしまっている状態のことをいいます。「抜歯窩治癒不全」とも言います。

本来は穴の中に血が溜まり、それがやがて固まり、血餅となって穴をふさいで治っていきます。しかし血餅がはがれてしまったり、形成されないと骨が露出しているので強い痛みを引き起こします。

○ドライソケットの特徴

・抜歯後数日たってから痛みが増してきた
・痛みが激しく、長引いている
・飲食時に痛みがよりひどくなる
・悪臭がする
・穴がぽっかり開いて内部が白っぽい

○ドライソケットになる原因

・うがいなどで血餅が流れてしまった
・血行が良すぎて血の塊ができなかった
・血があまり出なかった
・深く埋もれた親知らずなどの難しい抜歯だった
・喫煙をした(血流が悪くなる)
・感染を起こし炎症で血餅が溶けた

○ドライソケットに対する治療

・鎮痛剤や抗生剤による治療
・抜歯した穴に軟膏をつける
・抜歯した穴を再掻爬(引っ掻く)する

○ドライソケット予防

【抜歯前】
・体調を万全にしておく、抵抗力を高めておき感染を防ぐ
・しっかり歯磨きをして口の中を清潔にしておく、細菌を減らしておく

【抜歯後】
・血が止まるまでガーゼをしっかり噛む
・抜歯後数日間はできるだけ口をゆすがない
・抜いた部分を指や舌で触らない
・抜いた部分を吸わない
・当日は血行が良くなることを避ける(運動・飲酒・湯船につかるなどです)
・タバコは吸わない。治りが遅くなります。

いかがでしたか?ドライソケットができてしまうと相当な痛みを伴いますが、対策と意識だけしっかりしておけば大丈夫でしょう。これから親知らずを抜くという方は是非上記のポイントを意識してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です