ご予約お問合わせはこちら

佐久市臼田で歯医者をお探しなら黒岩歯科医院へ | ブログ

ご予約・お問い合わせはこちら 0267-82-5055

長野県佐久市臼田1191-5

長野県佐久市の歯医者、黒岩歯科医院のブログ

歯に詰め物をした後もしみるけど大丈夫?☆

おはようございます☆佐久市の歯医者黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)/

先日の土曜日は、子供の運動会があり、私は仕事をお休みさせてもらいました。
ご迷惑をおかけしましたが、子供の頑張っている姿をみることができて、
非常に良い機会になりました!

さて、今回は
『むし歯の治療で詰め物をしたのにその後も冷たいものがしみるけど大丈夫?』
という内容をお話ししようと思います。

むし歯を詰め物で治した後も冷たいものがしみることってありませんか?
まず、歯がしみる仕組みについてお話ししますね。
歯は3層構造になっていて、外側からエナメル質、象牙質、歯髄(歯の神経)
となっているんですが、感覚がないのは1番外側のエナメル質だけで、
象牙質、歯髄は痛みを感じます。

歯は皮膚や粘膜と違い、触っているという触覚、押されているという
圧覚などの神経の線維がなく、触るも押すも冷たいも温かいも
全て痛いと感じます(´・ω・`)
なので冷たいものを食べるとしみて痛みを感じるのも
そういった仕組みなんです。
エナメル質の厚みが薄かったりすると象牙質や歯髄までの
外界からの距離が短くなり、温度が象牙質や歯髄に伝わりやすくなるため
むし歯がなくても歯がしみることがあるというわけなんです。

さて、今回はむし歯の治療した後、とくに詰め物をした後も
まだ歯がしみることがあるけど大丈夫なのか?という内容なのですが、
なぜこういうことが起こるんでしょうか?
実はこれも知覚過敏と同じような仕組みで起こるんです。
これはとくに金属の詰め物(銀歯や金歯)で治療した時に起こりやすいんです。

詰め物の型をとってむし歯を治すときは先ほど出てきた象牙質の範囲まで
歯を削ることが多いんですね。
そこに金属製の詰め物を入れると、金属は非常に温度を伝えやすいので、
当然象牙質にも温度が伝わりやすくなります。
それで歯がしみるんです。

でもむし歯自体は取り切っていますので、問題はないのですが、
患者様は心配になりますよね。
なので金属製の詰め物を装着してむし歯を治す際は、
「治療後、食事やうがいの時にしみることがあるかも知れませんが
心配ないですよ」とあらかじめ説明するようにしています。
また、その後来院された際に「前回詰め物を入れたところは大丈夫でしたか?」
と確認するようにしています。

この治療後にしみるという症状は徐々に改善してくることがほとんどで、
だいたい2〜4週間ぐらいでよくなります。
人によっては全くしみない方もいますし、
よくなるのに2〜3ヶ月かかる方もいます。
しみている間は冷たいものをできるだけ控えていただいたりして
経過を見ることが多いのですが、知らないうちにしみなくなっているというのが
ほとんどです。

詰め物には金属製のものではないものもあります(^^)
プラスチック(樹脂)やセラミック、ジルコニアです。
これらは金属より温度は通しにくいので詰め物を装着後しみることは
あまりありません。
装着後にしみるしみないということもありますが、汚れの付きにくさや
虫歯になりにくさ、歯のもちを考えた際にはやはり
セラミックやジルコニアでの治療はおすすめです。

せっかく治療してもまたむし歯になりやすかったら
あまり意味がないと思いますので。
治すのであればしっかり治して二度とむし歯にならないようにしたいですよね。
いろんなことを考えて詰め物の種類をお考えいただくといいと思います(^.^)
今回は『歯に詰め物をした後もしみるけど大丈夫?』という内容でした☆

ではまた☆

黒岩歯科医院
院長 歯科医師 黒岩司

黒岩歯科医院