ご予約お問合わせはこちら

長野県佐久市の黒岩歯科医院 | ブログ

  • CT・レーザー完備
  • 初診カウンセリング
  • 無料託児サービス
  • 徹底した衛生管理
ご予約・お問い合わせはこちら ご予約お問合わせはこちら0477015844

長野県佐久市臼田1191-5

長野県佐久市の歯医者、黒岩歯科医院のブログ

歯磨きでチェック!! 自分の歯の状態を把握しましょう!!

おはようございます☆黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)v

皆さんは、「歯に異常はないはずなのに、何故か違和感が…」という経験はありませんか?
このような事が起こると、必要以上に歯を気遣ってしまって、歯周病に陥ってしまうことも考えられます。

それだけでなく、歯に違和感があると、ストレスを抱えてしまいます。
ストレスを抱えたまま生活すると、生活が乱れてしまい、生活習慣病に成ってしまう恐れもありますよね。
そのような事態を防ぐためにも、歯磨きの時にわかる歯の状態についてお伝えします。

まず、「何か物が挟まった感覚がある」場合です。
このような場合、最初にデンタルフロスや歯間ブラシを用いてみましょう。
それらを用いて取れるようなら、虫歯の状態は軽度です。

このような状態の場合、歯と歯の隙間に問題があります。
隙間を自然治癒で埋めることは難しいため放っておくと、隙間に物があっても問題ないように感じてしまうのです。
そうなると、虫歯になる確率が非常に高くなってしまいます。

そうならないためにも、頻繁に物が歯に挟まるようであれば、歯医者さんに相談しに行きましょう。
もし、デンタルフロスを用いても感覚が無くならない場合は早めに歯医者さんの予約をすることが求められます。
その感覚の原因は、金属のかぶせ物をした歯と隣の歯の間に虫歯が発生していることです。

それだけでなく、その間で歯周病が発生している事も考えられます。
歯の隙間に物が挟まってしまうと、歯の状態が悪化の一途を辿るのです。
治療しても元の状態に戻らなかったり、現状が続いたりするなど、その人の歯だけでなく健康にも影響を与えてしまいます。

かぶせ物をした歯の付近で物が挟まるようであれば、早めに歯医者さんに向かいましょう。
次に、「歯磨きの時だけ歯が痛い」場合です。
日常生活は痛みがないのに、歯磨きをする時だけ歯が痛い場合、知覚過敏が考えられます。

知覚過敏によって、歯の根元である象牙質が露出してしまい、他の部分では触れても問題のない歯ブラシの刺激も痛みとして感じてしまうのです。
このような場合に考えられる原因としては、歯の表面にヒビが入ってしまっていることが挙げられます。

嚙み合わせの衝撃や歯ぎしりが歯にヒビが入る原因です。
一つ一つの衝撃は小さくても、蓄積されることで知覚過敏が発症します。
歯磨きの後に鏡を見て、歯がえぐれるように削れてしまっている場合、歯科で樹脂などのコーティングによって、露出した部分を覆う事が可能です。
痛みを感じるようであれば、迷わず歯科に行きましょう。

今回は、歯磨きの時に把握できる歯の状態についてご説明しました。
歯の違和感は健康状態に大きな影響を与えます。
大掛かりな治療が必要になる前に歯医者さんに向かいましょうね!

自分に合った方法で歯磨きをしましょう!!

こんにちは☆黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)v

今日から4月、新年号の発表もあり、新しい気持ちで仕事に臨みたいですね!
当院では、新しいスタッフ2名を加え、新しい体制で、
皆一丸となって患者様に対応しようと思っています☆

さて、皆さんは普段、どのように歯を磨かれていますか?
親や歯医者さんから教わったり、書籍などを参考にしたりして、今の方法を身に付けられたことでしょう。
きっとどの方も「自分の方法には効果がある」と思って、歯磨きをされていることだと思います。

「でも、なぜか虫歯になる…」
もしかしたら、このような思いをされている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
結論を申し上げますと、人の歯磨き方は参考になりません。
その人に効果がある方法が、他の人にも効果があるとは限らないのです。

「じゃあ、一体これからどう歯磨きをすれば…」
その答えは、自分だけの歯の磨き方を見つけることです。
今回は、皆さんが自分だけの歯の磨き方を見つけるための方法についてお伝えします。

まずは、自分の歯並びを把握しましょう。
歯医者さんや書籍で説明されるのは、凹凸が全くない人の歯並びです。
凹凸がない人であれば、説明された方法で問題ありません。

けれども、多くの人は歯に凹凸を抱えています。
何処に、どのような凹凸があるのかしっかりと確認しましょう。
次に、歯の磨き方についてです。
自分だけのやり方で歯を磨く際は、次の点を工夫しましょう。

・歯ブラシの動かし方は自由
歯ブラシの役割は、「歯に付いた汚れを落とすこと」です。
他の人の方法では、自分の歯についた汚れを落とせないこともあります。
歯ブラシの役割を理解して行いましょう。

・治療した箇所は入念に
年を重ねるごとに、治療による詰め物が増えたり、歯が弱っていったりします。
それらの箇所を以前と同じように磨いてしまうと、何度も歯医者に通わなければなりません。
そのような事態に成らないためにも、治療箇所を把握しておきましょう。

・結果重視
歯磨きで重要なのは、「磨くこと」ではなく、「歯をキレイにすること」です。
どんなに時間をかけても、歯がキレイにならなかったら歯磨きの意味がありません。
「歯をキレイにすること」を意識して、日々のブラッシングを行いましょう。

・歯ブラシ以外も利用する
最近、デンタルフロスや歯間ブラシなど、歯ブラシでは届かない箇所を掃除できる道具が増えてきました。
ぜひ、それらを利用しましょう。
凸凹している所は、歯の病気の原因と成ることが多いです。
それらを使って、歯をキレイに保ちましょう。

今回は、自分だけの歯の磨き方を見つける方法についてご説明しました。
「百聞は一見に如かず」とも言います。
実際にやってみなければ、想像できない方もいらっしゃいますよね。
そのような方は、近くの歯医者さんに相談しに行きましょう。
きっとあなたに合った方法を教えてくれますよ。

↓HPは以下のバナーをクリック↓

歯が痛い? 歯の正しい磨き方を知って改善しよう!

おはようございます☆黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^♪
今年、初の歯科ブログの投稿になります!
本年もよろしくお願いします。

皆さんが毎日している歯磨き。毎日磨いているので良い加減に磨いてもあまり影響はないだろうと甘く考えてはいけません。
歯は一生ものであり、二度と生えてきません。

歯の病気を甘く考えず、毎日少しずつできる正しい磨き方を意識してください。

また、今回は意見が分かれる方法ではなく、確実に効果のある方法だけをご紹介します。
では見ていきましょう。

◦まずは正しく持つ

歯ブラシの正しい持ち方は実は鉛筆と同様です。絶対に守るようにしましょう。
他の持ち方ですと余計に歯に力をあたえてしまい、歯に影響が出しまいます。力の入れすぎは絶対にやめてください。

◦歯に付着している食べかすを全部取る

よく何時間磨いたらいいの?とか長時間は磨いたらダメと言いますが、歯についている食べかすをすべて取れれば問題ないです。その時に歯の部位によっては磨きの使う部分も違ってきます。

また歯と歯の間の食べかすは歯磨きだけでは取り切れないのでデンタルフロスケアでしっかり取り除きましょう。
よく歯と歯の間が広がるから毎日はやめといた方がいいという声も聞きますが、デンタルフロスですとその心配もありません。

もし心配でしたら2日に一回の回数でお勧めします。私自身はそうしています。つまようじの使用は歯と歯の愛でが広がるのであまり使用しない方がいいかもしれません。

◦長時間の歯磨きはNG エナメル質が削れるから?

歯は全部で六面の層で出来ています。エナメル質が外の表面の部分になります。
そこを長時間磨くことでエナメル質が削れると言われます。

しかしこれは歯磨粉をたくさんつけたうえでより強い力で磨き、長時間磨いて場合に限られます。
ですので、きちんと歯磨き粉の使用量を守り、正しい持ち方で持つとそこまで歯に力が働くことはないですのでエナメル質が削れる心配は少ないです。

最後に

大事なことは正しい持ち方、磨く強さ、歯をこする回数、歯と歯の間のデンタルフロスケアが挙げられます。
またこちらの記事を読んでまたわからないことがあった場合などは直接、歯医者まで来ていただければお客様一人一人にあったケアをさせていただきます。
最後まで読んでいただきありがとうございます。