ご予約お問合わせはこちら

長野県佐久市の黒岩歯科医院 | ブログ

  • CT・レーザー完備
  • 初診カウンセリング
  • 無料託児サービス
  • 徹底した衛生管理
ご予約・お問い合わせはこちら ご予約お問合わせはこちら0477015844

長野県佐久市臼田1191-5

長野県佐久市の歯医者、黒岩歯科医院のブログ

佐久市の歯医者が歯科矯正で人の外見も中身も変える!?

おはようございます、黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^_^)v

「子供の歯並びが悪くて、矯正してあげたいけど、お金かかるし、どうしようか迷うな…」そんなお悩みをお持ちの方はいませんか?
外見の印象は良いに越したことはありません。

ですが、歯並びがどれくらい重要なのかは、実際に自身の歯並びが悪くなければ、実感しにくいところではないでしょうか。
数十万以上するといわれる矯正が、それに見合う価値を持っているのかは、決断するうえで非常に重要ですよね。

そこで今回は、子供の頃に矯正を5年ほどしていた方の実際の体験談をもとに、どのように変わっていったのかについてご紹介していきたいと思います。

1.“出っ歯”で自分に自信が持てない…

歯並びが気になる方の中でも、よくあるのが“出っ歯”の悩みではないでしょうか。
前歯が出ているため、自分では口を閉じているつもりでも、前歯だけが見えているような状態です。

このせいで、鏡に映る自分が嫌になったり、友達にからかわれたりしてコンプレックスになってしまう子も多いようです。
実際に、この方も同様の悩みを抱え、気になってあまり笑顔を他人に見せられないと思っていた時期もあったようです。

2.矯正で顔の骨格も変わる!?

「私は小学校高学年の頃に、矯正を始めたのですが、最初は嫌で仕方ありませんでした。自分の歯にずっと金属のようなものをつけていて、寝るときには、ヘッドギアをはめていました。これが締めつけられるような痛みで痛くて仕方ありませんでした。いつも寝ている最中に外してしまい、親に叱られ、泣く泣く毎日痛い思いをしながら寝ていました。」と、苦しい思いをした時期もあったそうです。

ですが「これを、中学を卒業するまで続けていたのですが、実際に矯正をする前との写真で見比べてみると、全く異なっていて驚きました。前歯が引っ込んだだけでなく、顎の骨格までもシュッとしていて口元が綺麗に整った状態になっていたのです。レントゲンで実際に見てみても、上の歯と下の歯がしっかりと噛み合うように骨格ごと変化しているのがわかります。出っ歯を改善できたことで、自分自身、写真に写るのも嫌ではなくなったし、私生活の様々な場面で自信が持てました。」というように、矯正の効果も実感しているようです。

矯正は、歯だけでなく、口元や顎の骨格を変えることで呼吸を整える効果もあるそうです。
矯正することで、外見的にも口元が整い自信がつくだけでなく、呼吸機能までも改善するといったメリットを持っているのです。

お子様の歯並びで気になっている方は、ぜひ一度矯正を検討してみてはいかがでしょうか?

佐久市の歯医者が解説!口元にコンプレックをお持ちの方は矯正歯科へ

おはようございます、黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^_^)v
今日は、朝から雪かき頑張りました(^^)/

「あの人、歯並びさえ良ければ美人なのにね…」
そういった印象を持ったことや、声を耳にしたことも一度はあるのではないでしょうか。

人の顔を見たとき、目や鼻、肌、口元などの部分に注目する方も多くいらっしゃるかと思います。
「人は中身」とは言いますが、性格をよく知らない段階では、外見でその人の印象を判断する傾向があります。

その点で言えば、外見は第一印象に大きな影響力を持つと思いませんか?
今回は、外見の与える印象の中でも特に、「口元」に注目して説明していきます。

《アゴって意外と大事?》

顔の好みは人それぞれ異なります。目に関していえば「ぱっちり二重」だとか「細いキリッとした目」だとか、好みがありますよね。
しかし、口元に関しては、あまり好みがバラつかない傾向にあるようです。

例えば、「顎(アゴ)」は好みが分かれることはほとんどないのではないでしょうか。
いわゆる「しゃくれ」といったような、顎が前に出ている女性を美人と言わない人が多いでしょう。顎はシュッとしているのが、顔が整って見えるための重要な要素であると言えます。

《真っ白な綺麗な歯並びで印象アップ!》

笑ったときに見えた歯が真っ白で、そのうえ歯並びまで綺麗な人に、嫌な印象は持ちませんよね。
やはり真っ白な歯には清潔感を感じるし、歯並びが整っていると上品さを感じます。

歯が出ていたり、すきっ歯だったりすると、良い印象は持ちにくいかと思います。
実際にこれらをコンプレックスに思っている人は多いですし、そのせいで笑顔を見せたくない、自分に自信が持てないといった人も少なくありません。
歯や歯並びが与える印象も顎同様に非常に重要なのです。

《歯並びも顎も矯正で改善!》

矯正歯科では歯並びだけでなく、顎などの骨格までも矯正することが可能です。
また、矯正を始めれば定期的に診察に行く必要があります。
その際に歯の状態も見てくれるので、虫歯も予防できます。

しかし歯科矯正では、人によっては治療に長い時間と多くのお金が必要になることもあります。
そのため、簡単に決断できるというものではないですが、矯正を行うことのメリットはかなり大きいです。
外見を変えることで、自信を持てるようになり、内面的にも変わっていくことができるのです。

第一印象を変えることは、今後の人生を大きく左右する可能性までも秘めています。
もし、自分の口元にコンプレックスを持っているのであれば、ぜひ一度矯正歯科に行って話を聞いてみるのも良いでしょう。

大人になったあなたにも!歯の矯正治療のすすめ

おはようございます☆黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^_^)v

「歯並びが気になるけど、大人になった今さら矯正を始めて意味あるの?」
そんなお考えをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。
確かに、歯の矯正治療というと小さいころから続けている人が多く、大人になってから始めるといったイメージはあまりないかもしれません。
そこで今回は、大人になっても間に合う矯正治療についてご紹介します。

○本当に大人でも間に合うの?

結論から言うと、大人でも十分に間に合います。
そもそもなぜ矯正治療というと子供のイメージがあるのかというと、子供の方が歯の位置が定まっていないので、矯正をしやすいからという理由です。
そのため、子供と比べると生えている歯の位置が定着しているので、時間こそかかりますが十分間に合います。

○歯の矯正治療ってどんなメリットがあるの?

歯の矯正治療には、もともと見た目の美しさというメリットがあるため行われていました。
しかし、最近ではほかにも多くのメリットがあることが判明したのです。

・噛み合わせが整う
矯正治療を行うことで、歯並びが良くなり、噛み合わせの悪さから解放されます。
噛み合わせが整うことで、左右の歯で食べ物をしっかりと咀嚼することができるようになり、胃腸などの消化器官への負担も減らすことになります。

また、噛み合わせの悪さによる特定の歯への強い負荷がかかることもなくなるため、歯ぎしりをしなくなるといったメリットもあります。
スポーツ選手は力を入れる際に歯に強い負荷をかけるため、噛み合わせを非常に重要視しているそうです。

・歯周病や虫歯になりにくい
歯周病や虫歯の原因の一つは、歯の間に詰まった食べかすです。矯正治療を行うことで、歯列が揃い、歯磨きやデンタルフロスがしやすくなり、食べかすが口内に残りにくくなります。

結果、歯周病や虫歯のリスクを抑えることができます。
また、口内がきれいな環境となるため、口臭で悩んでいたけれど矯正治療によって改善されたということもあります。

・全身の健康状態が整う
矯正治療を行うことで、人間本来の噛み合わせに戻るため、しっかりと食べ物を咀嚼することができます。そのため、顔の表情筋が刺激されることで活発に使われるようになります。

その結果、ほうれい線や顔の左右でのアンバランスさの解消、しわの減少といった効果が期待できます。
また、見た目に自信を持つことで笑顔が増えて、副交感神経が刺激され、体がリラックスするといった効果もあります。

今回は、大人になっても間に合う矯正治療についてご紹介しました。歯の矯正治療を迷われている方は一度、黒岩歯科医院までお気軽にご相談ください。

 

【必見】歯並びが悪くなる原因について歯科医が簡単解説!

おはようございます☆黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^♪

「歯並びが気になって口を開けて笑えない」こんな悩みをお持ちの方はたくさんいらっしゃるかと思います。そこで今回は、歯並びが悪くなってしまう原因についてご紹介します。

■歯並びが悪くなってしまう原因について

○遺伝によるもの

・歯の大きさや形、上下の顎の骨の大小やバランスが原因となり歯並びが悪い
・歯が通常よりも生まれつき少ない「先天性欠如」などが原因で歯並びが悪い

このような原因に当てはまる方は、生まれてくるときに両親から受け継ぐ遺伝子情報の影響で、歯並びが悪くなっていると考えられます。両親や祖父母も下顎前突や前突の場合は新生児も下顎前突や前突である可能性が非常に高くなります。
また、両親が歯並びに問題なくても、遺伝によって決まった歯の大きさ、上下の顎の骨の大きさやバランスの問題が相重なって歯並びが悪くなってしまうケースもあります。

○くせや習慣

・硬いものをあまり食べない
・ふとした時に口が開いている
・指をしゃぶったり爪を噛んだりする
・着座時や寝転がっている際に頬杖をつく
・下唇をよく噛む

以上のようなくせや習慣があると気づかないうちに歯並びに悪影響を及ぼしてしまいます。例えば、硬いものをあまり食べない人やふとした時に口が開いてしまう人は口の周りの筋肉が弱く、歯が舌に押されることで力が加わり、気づかない間に歯を前に押し出してしまう原因になります。

また、指をしゃぶったり爪を噛んだりするくせも、長時間一部の歯を一方向に押すことで少しずつ歯が移動して歯並びを崩してしまいます。

頬杖をついたり下唇を噛んだりするくせがある場合も同じく、口の中のバランスを乱してしまい、歯並びを悪くしてしまいます。大人になってからも歯は動くため、歯並びが悪くなってしまう可能性が十分にあります。そのため、気になる方はご自分のくせや習慣を見直すようにしてください。特に、歯周病が原因で歯が溶けてしまっていると歯が動きやすくなるので注意が必要です。

大人になっても歯並びは悪化することがあります。例えば、親知らずを抜いたときです。親知らずを抜くことで、顎にスペースができてしまい、力の均衡が変わり、歯並びに悪影響を与えます。また、親知らずを抜かずに放置しても、奥歯から前方向に負荷がかかり、歯並びが乱れることもあります。

他にも、毎日の咀嚼によって歯並びが乱れるケースもあります。咀嚼は前方向に押し出される力が加わるため、それが原因になります。また、偏った歯ばかりで噛んでいると片方の顎ばかり発達してしまうこともあります。

 

【必見】歯並びをよくする治療法について歯科医が簡単解説!

おはようございます☆黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^♪

歯並びを治したくても、「重々しい器具をつけるのはちょっと…」という方がたくさんいらっしゃいます。しかし、実は歯並びの矯正にはさまざまな種類があるのです。そこで、今回は、歯並びをよくする治療法についてご紹介します。

■歯並びをよくする治療法について

・ワイヤー矯正
ワイヤー矯正は、歯並び矯正でよく用いられるオーソドックスな治療法です。歯にブラケットを取り付けてワイヤーでとめ、圧力をかけて歯を少しずつ動かしていきます。

矯正が終了するまで装置は自力で取り外すことはできません。長い間用いられている治療法のため、症例の数も多く、治療の適用範囲が広いのが特徴です。治療期間は平均1~2年です。

また、基本費用の平均は小児矯正で30万円~60万円、成人矯正で60万円~100万円程度です。それに加えて、ワイヤーの調節費用が月に1万円弱かかります。期間や費用は歯の状態によって変化するため、個人差があります。

・金属ブラケット

ワイヤーを固定するブラケットを金属にしているタイプのものです。金属は薄くて丈夫にできているため矯正の中で最も安価で利用できます。しかし、銀色なのでよく人目に付きます。また、金属アレルギーの方は金属以外の素材のブラケットを使用る必要があります。

・審美ブラケット

ワイヤーを固定するブラケットにプラスチックやセラミック、ジルコニアなどを用いたものです。白色や透明な素材を使うことで矯正が目立ちにくくなります。種類が豊富なため、目立つのが気になる方や金属アレルギーをお持ちの方にオススメです。

・マウスピース矯正

歯に透明なマウスピースをつける矯正方法です。あまり目立たず、自分で取り外しができるのが魅力です。しかし、歯科医に指示された装着時間を守らないと効果がありませんので注意が必要です。
現在、歯並びを治す治療法はたくさんあります。料金や負担度など、決め手は様々ですので、ご自分にあった治療法を歯医者さんと相談して決めてくださいね。

 

きれいな歯並びで最高の笑顔を!矯正について知ろう!その8

おはようございます☆黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)/

皆さんは、人の顔の印象はどこで決まると思いますか?

目、鼻、口…など人により様々だとは思いますが、実は、「歯並び」も印象を決める大事な要素の一つです。人は笑顔の方が好印象を与えるため、ニコッと笑ったときにきれいな歯がのぞいていたら素敵ですよね。
「歯並びに自信がない…」「思いっきり笑えない…」という方、大丈夫です。今からでも遅くありません。

これから、全8回にわたって歯並びをよくする「矯正」についてご説明したいと思います。

前回は、矯正での歯の動かし方と、代表的な矯正装置の種類についてご紹介しました。今回は、あまり知られていない矯正装置の種類をご紹介します。

・セルフライゲーションブラケット

従来の表側矯正装置よりも、ワイヤーとブラケットの摩擦力をより軽減させた設計の装置です。痛みが軽減したり、効率的に治療したりできるといわれています。

メリットとしては、ワイヤーとブラケットの摩擦が少なく、痛みが少ないことと、より効率的に歯が動くので、従来の装置より通院頻度が少ないことが挙げられます。デメリットとしては、従来の表側装置と比べて、費用はやや高額で、装置のサイズが大きいため目立ちやすいという点があります。

・裏側矯正

舌側矯正、リンガルブラケットとも呼ばれます。

歯の裏側に装着するブラケットです。表からは見えないので、周囲の人から気付かれずに治療できます。

矯正装置が目立って気になるという方はこれを選ぶと良いかもしれません。

また、歯の裏側は虫歯になりにくい特性があるため、裏側に矯正装置を着ければ、表側矯正より虫歯になりにくいと言われています。また、舌癖(自然に舌で歯を押す癖)が改善しやすくなります。

しかし、慣れるまでは発音がしにくかったり、違和感があったりする場合があり、料金も表側矯正と比べると高いというデメリットがあります。

特殊な装置なので歯科医師の経験が必要です。

・ハーフリンガル矯正

表側矯正と裏側矯正とを併用した矯正治療です。上顎の歯は裏側に、下顎の歯は表側に装置をつけて治療します。

人から見えやすい上顎の歯は、裏側に装置をつけるので目立ちにくく、話すときに舌があたる下顎は表側装置なので発音の邪魔になりにくいです。

また裏側矯正とくらべて料金が安いです。これも、歯科医師の経験が必要です。

・マウスピース矯正

透明で薄いマウスピース型の装置を用いて歯を動かします。装置は自分で取り外し可能です。

ワイヤーやブラケットを装着しないので、発音障害や不快感が少ないうえ、マウスピースは薄くて透明なので、周囲の人からほとんど気づかれません。

治療できる症状が表側矯正よりも限定されているため、症状が軽い人におすすめです。

 

いかがでしたか?

全8回にわたって矯正治療についてお話ししてきましたが、少しご理解いただけたでしょうか。

矯正治療をお考えの方は、一度歯医者さんに相談してみましょう。

きれいな歯並びで最高の笑顔を!矯正について知ろう!その7

おはようございます☆黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)/

皆さんは、人の顔の印象はどこで決まると思いますか?目、鼻、口…など人により様々だとは思いますが、実は、「歯並び」も印象を決める大事な要素の一つです。

人は笑顔の方が好印象を与えるため、ニコッと笑ったときにきれいな歯がのぞいていたら素敵ですよね。
「歯並びに自信がない…」「思いっきり笑えない…」という方、大丈夫です。今からでも遅くありません。

これから、全8回にわたって歯並びをよくする「矯正」についてご説明したいと思います。前回は、矯正治療の仕組みについてお話ししました。

今回は、矯正での歯の動かし方と、代表的な矯正装置の種類についてご紹介します。

歯の生え方は人によって様々なので、矯正では、動かす方向、幅、力も一人一人に合わせて調整してくれます。早速見ていきましょう。

・水平移動させる

歯と歯の隙間をなくすために、歯を水平方向に移動させます。部分矯正で最も良くある動きです。

・起こす

傾いた歯を真っ直ぐに起こします。

抜けた歯を放置して隣の歯が倒れている場合などに有効です。

・回転させる

正しい向きに生えていない歯を回転させます。

ねじれている前歯などに有効です。

・引っ込める

上に飛び出している歯を下方向に引っ込めます。

歯の表面を削らずに済みます。

・上に引っ張り出す

根っこしか残っていない歯を上方向へ引っ張り出します。
次に、代表的な矯正装置の種類をご紹介します。

・金属ブラケット

歯の表側に接着する装置で、金属製のブラケットです。

矯正治療と聞いて多くの人が想像するのが、この金属製のブラケットではないでしょうか。

金属製のブラケットは丈夫で、特に表側矯正はいろいろな症状の不正咬合治療に対応することができます。

また、他の装置に比べて安価なため、治療費を抑えることができますよね。
しかしながら、装置が銀色のため目立ってしまうというデメリットもあります。

・審美ブラケット

白や透明色の目立たない色のブラケットを審美ブラケットといいます。

金属ブラケットよりも目立ちませんが、表側につけるので、装置自体は見えます。

金属ブラケットと同様に多くの種類の不正咬合に対応することができる上に、非金属製なので金属アレルギーの方でも使用が可能です。

しかし、金属ブラケットに比べ、費用はやや高額で、若干強度が弱いというデメリットがあります。

 

いかがでしたか?

次回は、あまり知られていない矯正装置の種類をご紹介します。

併せてお読みください。

 

きれいな歯並びで最高の笑顔を!矯正について知ろう!その2

おはようございます☆黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)/

皆さんは、人の顔の印象はどこで決まると思いますか?

目、鼻、口…など人により様々だとは思いますが、実は、「歯並び」も印象を決める大事な要素の一つです。人は笑顔の方が好印象を与えるため、ニコッと笑ったときにきれいな歯がのぞいていたら素敵ですよね。
「歯並びに自信がない…」「思いっきり笑えない…」という方、大丈夫です。今からでも遅くありません。これから、全8回にわたって歯並びをよくする「矯正」についてご説明したいと思います。今回も、前回に引き続き歯並びの重要性についてお話しします。

・歯周病

歯周病は、プラークに潜む細菌によって歯茎や歯を支える骨などの歯周組織が破壊される病気のことです。

毎日のブラッシングなどによってプラークを確実に除去できれば歯周病のリスクは低くなるのですが、歯並びが乱れているとどうしても歯が重なり合った部分などに磨き残しが多くなり、プラークが口腔内に残ってしまいます。

つまり、必然的に歯周病になるリスクが高くなってしまうのです。

また、歯並びの乱れにより口腔内が乾燥することも、歯周病のリスクを高める理由のひとつに挙げられます。唾液には口腔内の細菌の増殖を抑える作用があるのですが、歯並びが悪いと唾液の分泌量を増やすことができません。

唾液の分泌量が減ってしまうと、口内菌が増殖して、歯周病だけではなく口臭、歯肉炎などのお口のトラブルにつながってしまいます。

・清潔感

相手に良い印象を与えるのは、笑顔が素敵な人です。

そして、笑ったときに歯が綺麗に並んでいたら、それだけで好印象ですよね。男女ともに、初めて会った異性の歯並びを気にしてしまう人も多いという結果も出ています。

異性への第一印象をよくしたいなら、歯並びの綺麗な方が絶対に有利だと言えます。確かに、歯の綺麗な女優さんやモデルさんは清潔感もあって綺麗に見えますよね。
しかし、歯並びが悪いと、せっかくの笑顔も台無しです。歯がガタガタなだけで、「オーラルケアをちゃんとしていないのだろうか」、「生活習慣が乱れているのだろうか」と思われてしまうこともあります。

いくらメイクやおしゃれをしていても、歯並びがわるくて清潔感がなかったら勿体ないですよね。

 

いかがでしたか?

歯並びは、口内環境にも、見た目にも大きな影響を与えるのですね。

次回は、かみ合わせについてお話ししたいと思います。引き続きお読みいただけましたら幸いです。

きれいな歯並びで最高の笑顔を!矯正について知ろう!その1

おはようございます☆黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)/

皆さんは、人の顔の印象はどこで決まると思いますか?目、鼻、口…など人により様々だとは思いますが、実は、「歯並び」も印象を決める大事な要素の一つです。

人は笑顔の方が好印象を与えるため、ニコッと笑ったときにきれいな歯がのぞいていたら素敵ですよね。

「歯並びに自信がない…」「思いっきり笑えない…」という方、大丈夫です。今からでも遅くありません。

これから、全8回にわたって歯並びをよくする「矯正」についてご説明したいと思います。

初回の今回は、歯並びの重要性についてお話しします。

・海外の反応

日本では、八重歯がかわいいと考える方も多く、歯並びにこだわる文化はあまりないように見えます。

しかし、海外、特に欧米では、歯並びは人の印象を決める重要なポイントになっており、矯正治療も日本よりはるかに一般的です。

歯並びが悪いと、家が貧しいのではないか、親の意識が低いのではないか、と考えられることも多いようです。

また、職場でも歯並びは非常に重視されているため、採用にかかわることもあります。

・歯磨き

歯並びが悪いと、歯の隙間が狭い場所や重なっている箇所に歯ブラシの毛先が届きにくいため、十分に汚れを取ることができなくなります。

そして食べかすやプラークがたまり、虫歯の原因になってしまいます。

綺麗に歯磨きするために、ワンタフトブラシや歯間ブラシを使用しなければならず、時間もコストもかかってしまいます。
逆に歯並びがいいと、汚れが取れにくい箇所も少ないため、歯磨きは楽になるし、しっかり汚れを取ることができます。

・顔のバランス

歯並びは見た目だけではなく、顔全体のバランスにも関わってきます。

歯並びが悪いと、唇や顔のバランスが崩れ、引きつったような笑顔になってしまうことも多いですよね。

引きつった笑顔は笑っていないように受け取られることもあり、暗い人・怖い人という印象を与える可能性があります。

また、目の大きさが違う、口角の位置が違う、ほうれい線が片方だけにある、顎関節症である、顔全体が歪んでいるといった特徴がある人は要注意です。

歯並びが悪いと、顔ではその影響が顕著にみられ、頬骨の高さや唇・アゴなど左右非対称になっていることもあります。

 

いかがでしたか?

次回も引き続き、歯並びの重要性についてお話しします。

引き続きお読みいただけましたら幸いです。

歯のお悩み大解決「歯並び」—佐久市の歯医者 黒岩歯科医院—

おはようございます☆黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)/
あなたは歯並びに自信がありますか?

歯並びが綺麗な人ってすごく笑顔が魅力的に見えて、羨ましいと思いますよね。
逆に、歯並びが悪いとどうしても自分の笑顔に自信が持てなくなってしまったりするのではないでしょうか。
また、歯並びが悪いと、そのような見た目の印象が変わるだけでなく、虫歯や歯周病になりやすい、消化器官への悪影響、顎間接症になりやすいなどの多くのデメリットがあります。

しかし、今の時代は歯並びを綺麗にできる時代です。
歯列矯正をすると歯並びは綺麗になるのです。
ですが、歯列矯正についてあまり知らない方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は歯列矯正の治療法や費用・期間についてご紹介します。

1、ブラケット矯正

ブラケット矯正は歯並びと噛み合わせを治すことができる治療方法です。
ブラケット矯正では一つ一つの歯に矯正装置をつけて動かすために、0.1mm単位で歯の位置を決めることができます。そのため、最も歯並びや噛み合わせを綺麗にできる方法であるといえます。

しかし、効果が大きい反面、周りからは非常に目立ちます。そこで、今は透明のものや目立ちにくいものもありますので、気になる方はそのような装置を医師に希望してはどうでしょうか。

費用は80万円程度と、毎回の処置料が5千円程度が相場です。また、治療には2年半〜3年程度かかると言われています。

2、舌側ブラケット矯正

きれいな歯並びにしたいけど、歯の表面に矯正装置をつけるのが気になる方にはおすすめの治療法です。
歯の内側に装置をつけるので、目立たなく矯正をすることができます。

しかし、人体で最も敏感な部位の舌が動く位置に矯正装置をつけることになるので、強い違和感を感じるかもしれません。

費用は120万円程度と、毎回の処置料が1万円程度かかるといいます。
また、治療期間は3年程度かかります。

3、マウスピース矯正

こちらは、透明なマウスピースを使うので目立たないのが大きなメリットです。
マウスピースを付け替えながら少しずつ歯を動かしていきます。
そのために、大きく歯を動かしたい場合などには適していません。

すきっ歯治療や、小さな凹凸を矯正するのには最適な方法であると言えます。
費用は上下で80万円程度です。
上だけ、下だけの治療も可能です。期間は1年〜2年程度で、使い方次第でもっと長くかかることもあります。

どうだったでしょうか。
歯列矯正の治療方法はまだまだあり、今ご紹介したのは一部にすぎません。
また、費用などは医院によって違うので、しっかり医師と治療法や費用などについてご相談して、納得して治療に進んでください。