ご予約お問合わせはこちら

佐久市臼田で歯医者をお探しなら黒岩歯科医院へ | ブログ

ご予約・お問い合わせはこちら 0267-82-5055

長野県佐久市臼田1191-5

長野県佐久市の歯医者、黒岩歯科医院のブログ

歯の治療の回数に限界!?☆②

おはようございます☆佐久市の歯医者黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)/

昨日は、zoomで労務に関するセミナーを受講しました!
コロナ禍で都内に移動して直接セミナーを受講するということは
今はありませんので、こういった形式のものは増えていくかと思います。
また、学術だけではなく、多くのスタッフをかかえる経営者として
しっかりした労務の環境を整え、ホワイトな企業を目指しています!

さて、「歯の治療回数に限界!?」というテーマでお話ししています。
前回は、神経を取る前の段階で、しっかりした詰め物をしておくことが
歯の寿命を延ばす第一のポイントだということをお話ししました。


治療の段階としては上の図の赤線のタイミングです!

今回は、残念ながら神経を取ることになってしまった後の治療法について
お話しします。
神経を取った場合、神経のあった管に詰め物をして、土台をつくり、
かぶせ物を作製します。


治療の段階としては上の図の赤線のタイミングです!

神経を取ると歯がどうしてももろくなります。
枯れ木のようなものなんです。
ですから、神経を取った歯の場合、歯がダメになるリスク要因として
虫歯、歯周病に加えて「歯の破折」の可能性が出てきます。
歯が割れてしまうことがあるんです。

もし歯が割れてしまったら、歯を抜くしかありません。
そうすると今度は歯を抜いたところにインプラントなどの治療が
必要になってきます。

ですから神経を取った後に出来るだけ歯が割れるリスクをおさえ、
長期にご自身の歯が残るようにするために
どのようなかぶせ物をするのかということが非常に重要になります。
かぶせ物の保険と自費との最大の違いはここにあります。
具体的なかぶせ物の種類に関する説明は、今回はしませんが、
かぶせ物をする場合、今だけでなく長期的な視野で選択することを
おすすめします。

歯の治療の回数には限界があり、おそらく4~5回だと思います。
治療をするたびに歯を削るので歯の寿命が短くなっていきます。
今行っている治療がその歯の治療の最後になるような選択をすることが
歯の寿命を延ばす大きなポイントだと思います!
参考になれば幸いです☆
ではまた☆

新年のご挨拶☆

おはようございます☆佐久市の歯医者黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)/

新年あけましておめでとうございます☆
新型コロナに振り回された昨年でしたが、今年もコロナと向き合って
いかないといけない「with コロナ」の一年になりそうですね。

年末年始は家族でたくさんの時間を過ごすことができ、
心身のリフレッシュができました!
そして、自分と黒岩歯科医院の目標をしっかり立てました!

やはり、一番大切なのは、「家族」です!
ここがおろそかになると、何のために仕事をしているのか
分からなくなってしまいます。
そして、一緒に仕事をしているスタッフのことは
家族と同じくらい大切な存在です。

患者様、家族、スタッフといった自分の周りの人を「幸せ」にする
ということを今年の目標にしようと思います!

患者様を「幸せ」にするために、もっともっと目の前の患者様に全力投球して
関わっていきたいですね!
その他具体的な行動目標も立てたので、それに向かって突き進む一年にしようと思います!
当然コロナの終息は願っていますが、自分に出来ること、

自分がやるべきことを一つ一つ行っていこうと思います☆
仕事始めは、明日の1/5からになりますが、今日一日しっかり「準備」しようと思います☆
本年もよろしくお願い致します。
ではまた☆

仕事納め☆

おはようございます☆佐久市の歯医者黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)/

コロナをはじめ、色々あった一年ももうすぐ終わろうとしています。
黒岩歯科医院では、12/29が仕事納めとなります。

昨日の午後は、私と妻こども2人の4人が医院にこもって、
歯の治療とクリーニング、フッ素を行いました。
私も歯が欠けてしまったところがあったので、妻に治療してもらいました。
歯にトラブルがあって、食べずらいというのは本当にストレスですよね!
身近に治療してくれる人がいるありがたさを感じました!
また、歯の治療というのはやはり怖いものなので、痛くない配慮だったり、
声かけだったり、患者様の不安を取り除く努力は
常に考え続けないといけないと感じました。

今年は本当にコロナに振り回されましたが、
考えられうる対策をできる限り行うことで、
スタッフはじめ、医院での発症はおさえられています。
来年もコロナと付き合う、「withコロナ」は変わらないと思いますし、
その状況にあわせた、「対応力」「変化」が必要不可欠だと思います。
100年以上前にダーウィンも言っています。
「この世に生き残る生き物は、最も力の強いものか。そうではない。
最も頭のいいものか。そうでもない。
それは、変化に対応できる生き物だ」

そういった、対応を可能にするのが、
日ごろからの「余裕をもった準備」だと思います。
それを来年のテーマに激動の時代を乗り切っていこうと思います!
来年もよろしくお願いします☆

ふたご座流星群と来年の抱負☆

おはようございます☆佐久市の歯医者黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)/
昨夜は、三大流星群の一つ「ふたご座流星群」の観測のチャンスでした!
今年はコロナの影響でキャンプにも行けず、
流星群を見るチャンスはこれが最後だと思い、計画的に観測に行きました☆
夜、子供たちは、早めに風呂とご飯を食べさせ、いつでも寝て良い状況にして、
車でドライブしつつ寝かしつけながら、星の見えるスポットへと向かいました!
計画通り、スッポットに到着時には子供たちは完全に眠りについており、
妻とゆっくりと流星群の観測ができました(^.^)


↑写真はイメージです

時間にして、30分くらいでしょうか。
10個以上の流星群をみることができました!
星を見ながら、今年の反省と来年の抱負について語り合いました(^.^)
子供中心の生活になりますが、こういった夫婦の時間というのは
大切にしたいものです☆
来年の抱負を文字であらわすと、「余裕」!
仕事に家庭に、準備を前もってして、全てのことに対して、
常に「余裕」のある状態を

維持したいですね☆

今日は、スタッフの家族の不幸があり、スタッフが一人少ない状態です。
来年度はスタッフの人員を増やし、このような状態でも、
「余裕」を持った状態で対処できるようになりたいですね!
スタッフの労務環境ももっと整備して、働きやすい職場環境を整えたいです!
今は、まったく余裕がないので、皆で力を合わせて、患者様にできるだけ
ご迷惑のかからぬよう、対応していきたいと思います☆
ではまた☆

クリスマスイベント☆

おはようございます☆佐久市の歯医者黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)/

昨日は、コロナの影響で延期されていた、先輩の結婚式でした!
このような状況で準備等大変だったと思いますが、
感染にも非常に考慮され、素晴らしい披露宴でした☆

さて、黒岩歯科医院では、今日からクリスマスイベントがスタートです!
院内は、装飾もBGMもクリスマス一色☆

まず一つは、上手に治療ができたお子さんたちに巨大クリスマスツリーの
飾りつけを手伝ってもらいます☆

加えて、上手に治療ができたお子さんたちに素敵なクリスマスプレゼントが(^^♪
詳細はスタッフにお任せしているので私も分かりません(^.^)
何がもらえるのでしょうか(^.^)?

今年も残すところあとわずか!
楽しいイベントで今年を締めようと思います(^^♪
ではまた☆

痛くない治療を目指して☆

おはようございます☆佐久市の歯医者黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)/

黒岩歯科医院では、痛くない治療を目指していますが、
最近、大きな変化がありました!

痛くない治療において、麻酔が痛くないというのは非常に大切なことです!
麻酔さえ痛くなければ治療中も痛くないですし、
後はきちんとした治療を行えば、術後の痛みもありません。

そこで、今までも痛くない麻酔にはかなりこだわってきました。
例えば、表面麻酔は海外から特殊なものを取り寄せて使用しています!

麻酔薬は常に人肌と同じ温度で管理し、麻酔注入時の痛みを和らげます。

麻酔の注入速度は、電動の注射器よりももっとゆっくりやさしく
注入していきます。
そして、注射針は極細のものを使用することにより、
麻酔刺入時の痛みを和らげます。
その注射針は今までは33Gという最も細い針を使用していたのですが、
10年ぶりくらいでしょうか、最近さらに細い35Gというサイズのものが
入手可能となりました!

針が細いということは、その分間違いなく刺時の痛みは軽減します!
この針を使うことで、麻酔時の痛みはほぼなくなりましたね(^^)/
素晴らしいことだと思います!

後は、治療に対して不安のある患者様に寄り添って
いかに不安なく治療が受けられるようにするかが重要だと思います!

さて、黒岩歯科医院では、今日からクリスマスイベントのスタートです(^^)/

詳細はまたお知らせしますがぜひ楽しんでいってくださいね(^.^)
ではまた☆

キャンセルポリシー2☆

おはようございます☆佐久市の歯医者黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)/

昨日は、次男のだいちゃんの5歳の誕生日でした🎂
いつも甘えてばかりのだいちゃんですが、話の内容とか
成長を感じる瞬間は多々あります!
これからも健やかに育ってもらえればと思います☆

さて、先日ブログで「キャンセルポリシー☆」について
お話しさせてもらいました!
今日は、その続編という形でお話ししようと思います☆

無断キャンセルや当日ギリギリのキャンセルは、
「キャンセルされた患者様にも、他の治療を受けたい患者様にも
医院にとってもマイナスしかない」ということをお話ししました。

当院は、現在はでは例えば一日50人の患者様が来院するとすれば、
キャンセルされる方の数は2.3人という状況ですが、4.5年前は全く違いました。
50人中7.8人がキャンセルという状況でした。

そこでキャンセル率を減らすための取り組みをいくつも行ってきたのですが、
それらの取り組みの中で最も大切だと思うこと、それは、

まずは自分たちがお約束の時間を守る

ということです。
例えば、患者様に10時に予約をしたとするならば、10時にきちんと診療を始める
ということが当然のことだと思ったのです。
毎回きちんと時間通りに診療を開始することができれば、
自然と患者様も時間通りに来院してくれるようになります。

逆に、患者様が時間通りに来ていても、いつも診療が始まるのが遅れていたら
どうでしょう?
「時間通りにみてくれないなら時間通りに来ても意味ないな」
となり、患者様が来院する時間もルーズになっていくのではないでしょうか?

患者様に時間を守ってもらいたいのであれば、自分たちがまず時間を守る

これをまずは意識して行うことで、キャンセル率が改善していった
大きな要因だと思います☆

「他人は変えられない、変えられるのは自分だけ」

これは、私がいつも意識していることの一つです。
他人を変えようと思ってもなかなか変えられないものです。
でも自分自身を変えることは自分の努力次第で可能です。
他人を変えたければまずは、自分が変わること、
そんなことを意識して過ごしています☆

医院のHPで、Q&Aのページを作製しました(^.^)
黒岩歯科医院Q&A

患者様からよくある質問をまとめてみましたので、
参考にされてください!
ではまた☆

ハロウィーンイベント結果発表☆

おはようございます☆佐久市の歯医者黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)/

紅葉がきれいな季節ですよね🍂
昨日は家族で、ドライブしながら紅葉を楽しみ、日帰り温泉に行って
帰ってきました☆
自分が好きな季節の一つですね☆

さて、黒岩歯科医院ではハロウィーンイベントが行われていました!
多くの方が「かぼちゃの重さクイズ」イベントに参加してくれました☆

このイベントは、結構大人の方も参加してくれたというのも特徴でしたね!

結果発表です(^^♪

3名の方が選ばれ、おススメの歯科グッズをプレゼント致します!(^^)!

次はクリスマスイベントになります(^^♪
スタッフが色々と企画を練っていますので、
内容発表はもう少しお待ちください☆
ではまた☆

黒岩歯科医院託児サービスについて☆

おはようございます☆佐久市の歯医者黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)/

だいぶ寒くなってきて、日曜日は朝ランニングをしたのですが、
気温が0℃でもう冬でしたね!

さて、今日は、患者様から問い合わせも多い、黒岩歯科医院の
「託児サービス」についてお話ししようと思います。

もう、託児サービスをはじめて5年以上は経過しますが、
多くの方々に利用してもらっています。
今では、託児サービスをおこなっている歯科医院も出てきましたが、
5年前はそのようなサービスを行っている歯科医院はほとんど
聞いたことがありませんでした。

私自身小さい子供を持つ親だったので、お母さんが治療中に
安全にお子様を預かってくれるサービスがあればありがたいだろうなと
思って始めました。
医院を設計するうえでも、そのような託児専用の部屋があった方が
良いということで、専用の部屋もつくりました。

また、大切なのは、スタッフが託児をするのではなく、
きちんと、「保育士」の資格を持った方に、保育の基準に合致した
形態で安全にお子様をお預かりするということです。
保育士さん一人で保育する場合、一度に保育できる人数制限もあります。
お子様の年齢によって異なりますが、当院では、
一度にお預かりできるお子様の人数は、
2人まで!
と決めました。
保育の安全性を考えての事なのですが、今はコロナの心配もあり、
人数制限をすることでそういった感染対策にもなっていると思います。
現在は、ほとんどのおもちゃも撤去しています。

そして、あくまで「無料」ということにこだわりました。
当然、保育士さんにもお給料を出すわけですから、
医院としては、託児サービスをすることで利益は出ませんし、
むしろ経営的にはマイナスです。
しかし、小さな子供を持つ、親御さんにとっては、
絶対にあってほしいサービスだと思い、今まで「無料」でやってきましたし、
これからも「無料」でやっていくつもりです。

託児を行っているのは、
毎週水曜日と木曜日の9:00~12:00です!

要予約になりますのでご注意ください!
急に託児が必要なくなったということであればお電話いただけると
ありがたいです。
保育士さんは、保育のためだけに来てもらっていますので。

ぜひ活用していただければと思います(^.^)
ではまた☆

一本の歯の治療回数は4~5回まで☆

おはようございます☆佐久市の歯医者黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)/

つい最近まで暑かったと思っていたら、いつの間にか暖房が必要になり、
急に寒くなってきている佐久の地域です!

さて今日は、タイトルにもあるように、
「一本の歯の治療回数は4~5回まで☆」
という内容でお話ししようと思います。

はじめに虫歯の進行の過程を示します。

小さな虫歯であればその部分だけ虫歯を取って、
白い樹脂で詰めてあげればそれですみます。

さらに虫歯が大きくなって、金属の詰め物が入っているケースがよくあります。
金属と歯の境目は適合が悪い場合があり、
そこから虫歯になることもあるので注意が必要です。

歯を残す重要なポイントの1つ目は、

「神経を取らなくて済むようにしっかりした詰め物をする」

ということです。
適合の良いしっかりした詰め物をしてあげれば、
その歯の神経を温存した状態で長期にわたり歯を残すことができます。

↑この段階で虫歯の進行を食い止めるとともに、
長期的に維持できる詰め物を選択するということが重要です。

そして、歯が痛くなり、虫歯が神経まで進行し、
神経を取らなければならなくなった場合、
その後はかぶせ物をする必要があります。

歯を残す重要なポイントの2つ目として、
「歯を抜かなくてすむようなかぶせ物を選択する」
ということが挙げられると思います。

神経を取ったということは、歯が枯れ木になってしまったような状態なんです。
その状態でもしっかりとした治療とかぶせ物をすることでまだまだ
歯を温存することは可能だと思います。
ただ、神経を取っている状態というのは常に「破折(歯が割れる)」
のリスクが伴います。

歯が割れてしまったら、残念ながら歯を抜かざるを得ません。
そうならないように、しっかりとしたかぶせ物を選択することが
重要になります。

歯というのは何回も治療できるものではありません。
治療するたびに歯の寿命は確実に短くなります。
ですから、今行おうとしている歯治療がなるべく最後の治療になるように
することが、今だけでなく今後何十年先を見越したときに
重要になってくるのではないかと考えています。
「一本の歯の治療回数は4~5回まで☆」

ではまた☆