ご予約お問合わせはこちら

長野県佐久市の黒岩歯科医院 | ブログ

ご予約・お問い合わせはこちら 0267-82-5055

長野県佐久市臼田1191-5

長野県佐久市の歯医者、黒岩歯科医院のブログ

1000番☆

おはようございます☆佐久市の歯医者黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)/

最近、始めたこと、実はあるんです(^^)/
「ボルダリング」と言って、岩や人口の壁面を登るスポーツです!

というのも、たっくんが、ボルダリングの教室を
一か月前くらいから始めたというのがきっかけです。
今は、水曜日と土曜日にレッスンに通っています。
はじめは、なんとなくで体験から始めたのですが、
面白くて、続けたいというので、続けることになりました!

水曜日は、私が診療が早く終わる日なので、私が連れていくことが
多くなるのですが、たっくんがやっているのを見ていると、
どうしても自分もやりたくなってしまい・・・
先週、私も会員になり、ボルタリングを始めました!
会員になった時に、たまたま、会員番号「1000」番ということで、
特典として、一か月ボルタリング無料という権利をゲット!(^^)!

これはボルダリングをやる運命なんだなということで、
はじめました!
やってみると、見ているのとは違ってとても難しいですが、
体だけではなく、ルートをイメージしたり、とても
頭も使い、子供の教育のためにも非常に良いな~と感じました☆
特に今月は行けるときは、家族で「ボルダリング」行こうと思います!
良い運動にもなりますし、健康維持にも良いですよね☆

健康維持といえば、今日黒岩歯科医院はスタッフ一同健康診断になります!
変則的ですが、午前の11時から16時まで休診となります。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。
ではまた☆

顔認知自動検温系を導入☆

おはようございます☆佐久市の歯医者黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)/

お盆が過ぎたというのに暑い日が続きますね☀
私の住む佐久の地域は、お盆を過ぎれば、涼しくなり、
秋の気配を感じるものですが、今年はまだまだ暑いですね!

さて、新型コロナの感染拡大を受け、黒岩歯科医院でも
様々な対策をしています。
初期のころより、お子様も含めた患者様全員にイソジンによる
うがいを行ってもらっていました。
「イソジンでのうがいが、コロナ感染対策に効果がある。」
という報道がなされたことにより、イソジンが入手困難になっています。
ストックがあるのでまだまだ大丈夫ですが、入手できなくなった場合も
他の代用のうがい薬を用意しています!

そして、先週より新しい取り組みを始めました!
熱のある方は来院を控えるよう徹底しており、
実際に、非接触型の体温計での体温測定を受付で行っておりました。
しかしながら、一日100名近くの患者様が来院されるので、
スタッフの労力と、検温による感染のリスクも考慮し、
自動の検温計を導入しました(^.^)

お顔を近づけるだけで、瞬間的に体温測定してくれる優れモノです!

先週から導入したのですが、なかなか好評です(^.^)

ただ、お子さんは興味深々で、機械を壊さないかどうかだけが心配・・・
結構高価なものだったので(‘_’)

アルコールによる手指消毒も全て自動のものに切り替えました!

新しいことを導入する際に、はじめから完璧を求めてはいけないと思います。
実際にやってみないとわからないこともありますし☆
はじめは、8割くらいの達成度で良いと思います。
そこから改善を加えて、100%に近づけていければと
いつもスタッフとも話しています(^.^)
来院していただいている患者様が、少しでも安心して治療が
受けられるよう、考え続けていこうと思います☆
ではまた☆

現在の休日診療☆

おはようございます☆佐久市の歯医者黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)/

お盆休みに突入している方もいるかとは思います!
黒岩歯科医院では、8/11.12は診療して、8/13~16までお盆休みを
いただきます。
8/9(日)私は、休日当番医でした!
佐久市の場合、日曜・祝日はどこの医院も基本的に診療をやっていませんので、
交替で休日診療というものを行っています。
それぞれの医院で行うわけではなく、中込のサングリモという場所の
2階に、佐久市の休日診療所というところがあり、
そこで休日診療を行っています。

新型コロナの影響で閉鎖していて時期もありましたが、
今は、感染予防につとめながら、開放しています。
例年との一番の違いは、予約制になったということですね。
待合室や診療室内の密な状況を避けるため、調整をしています。
まずは、お電話して予約することをお忘れなく!

この日は、多くの方が来院されましたが、
歯が痛くなったり、詰め物が取れたりということはいつ起きるか
分かりませんから、休日診療所の果たす役割は大きいと思います!
今日、明日は、自分の医院でもそういった緊急の状態の
患者様が多く来院されると思います!
連休中に歯の痛み等がある状態では、不快ですから、
何とか良い状態で連休を迎えてもらえるよう最大限のことを
やっていこうと思います!
ではまた☆

医院のニュース☆

おはようございます☆佐久市の歯医者黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)/

もうすぐ8月だというのになかなか梅雨が明けないですね(‘_’)
そうこうしている間に夏が終わってしまいそうです(*_*)

先週医院では色々とニュースがありました!
まずは、ある人物の訪問です☆
現在、産休中のスタッフがいるのですが、5月に無事に出産し、
先週、2か月のお子さんと旦那さんで医院に挨拶をしに来てくれました!
とても元気そうで、幸せそうなスタッフを診ることができて、
私も、他のスタッフもパワーをもらいました☆
今は、育児に集中して、今しかない時期を楽しんでほしいと思います☆
いつかまた一緒に働きたいですね☆

そして、連休があったので、そこを利用して、医院の大掃除を
ダスキンさんに行ってもらいました!
特にお願いしたのは、エアコンのクリーニング!
コロナのこともありますから、空調関係は特に気を使いますよね!

結構本格的に分解してクリーニングを行ってもらいました!
職場がきれいになると、働いていても気持ちが良いですよね(^^)/

最後に先週は、衛生士さんの医院見学に2名の方が訪れました!
そのうち1人は、現在学生さんでした。
医院のことを中からしっかりみてもらい、一緒に働きたいと
思っていただけたら我々もうれしいですよね☆
そうなることを期待しています☆

連休もあり、体は十分に休養を取ることができたので、
今週も頑張ろうと思います☆
ではまた☆

七夕イベント終了と夏のイベント告知☆

おはようございます☆佐久市の歯医者黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)/

先週の7/7をもちまして七夕イベントが終了しました☆

コロナのご時世で、歯科医院でのイベントも控えてきましたが、
できうる限りの感染対策を行い、
今年も恒例の七夕イベントを行いました!

おかげさまで、114人のお友達の参加があり、みなのお願いごとは、
きっと叶うよう、七夕神社に送らせてもらいました!

診療だけでなく、こういったイベントで、子供たちが今どんな
願い事を考えているのか把握することで、
さらなるコミュニケーションのきっかけにもなると考えています☆

今年の夏休みは例年よりも短くなりますが、
それでも黒岩歯科医院からのささやかなプレゼントとして
子供たちに、「夏休みイベント」を企画しました!
期間は、8/3~です(^^)/
お楽しみに~(^^♪

かぶせもので人生を豊かに☆

おはようございます☆佐久市の歯医者黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)/

今日はあいにくの雨模様ですが、ここ数日雨ではなかったので、
子供達と朝ランニングを継続しています(^.^)
黒岩歯科医院の七夕イベントは明日七夕7/7まで行っています!

さて、今日はかぶせものの治療についてお話ししようと思います!
痛いとか腫れたとかではないけれども、
かぶせものの見た目が気になるという方は結構いらっしゃいます。
今日はお二人の例を出して、簡単にかぶせ物の治療について
お話ししようと思います。

user comment….
user comment….

いずれの方も前歯のかぶせ物が気になるということでした。
確かにかぶせ物問題がありそうですが、
ただかぶせ物をやり直せばよいかというとそうではありません。
神経のない歯であれば、土台の状態が正常かを診断し、
必要であれば歯の根の治療からやり直します。
また、歯肉の状態も重要です。
歯肉に問題がある場合は、きれいなかぶせ物はできませんから、
歯周病の治療から行うことがほとんどです。

実際の治療例です。

治療前↓

user comment….

治療後↓

user comment….

治療前↓

治療後↓

user comment….

口元が気になっていると大きくお口を開けて笑うことを躊躇してしまいます。
口元がきれいになると、みなさん自信をもって笑えるので
ものすごく明るく前向きになられます。
これはかぶせ物だけではなく、インプラントや矯正、入れ歯の治療など
歯科治療一般的に言えることだと思います。
痛いところをなおすということではなく、
より良い状態にするために、様々な方法がありますので
お口の中で気になっているところがあれば
遠慮なくご相談していただければと思います(^.^)
ではまた☆

痛くない治療のポイント☆

おはようございます☆佐久市の歯医者黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)/

「歯医者の治療は痛そうだから嫌だ・・・」
という方は多いのではないでしょうか。
痛い治療が待っていると思うと、歯医者に行くことが億劫になりますよね。
患者さんには、なるべく安心して来ていただきたいため、
黒岩歯科医院では「痛くない治療」を心がけています。
今回は、痛くない歯医者を目指す歯科医院として、
痛くない治療のポイントをお話しします。

■なるべく削らない

以前は虫歯の治療といえば、ドリルで削ってしまうという方法が一般的でした。
しかし、医療の発展により、削らずに治す方法が増えてきています。
虫歯の場所以外は極力削らないことで、
痛みや恐怖心が少なくなるだけではなく、
歯の健康な部分を残し、歯の寿命を延ばすことができます。

■麻酔で工夫

「麻酔を歯茎に入れるときの注射が痛い」と思われるかもしれません。
歯医者でよく使われる麻酔は、浸潤麻酔と呼ばれ、注射器を用います。
この麻酔をするときの、チクっとする痛みを感じないように、
表面麻酔という注射器を用いない麻酔がよく使われているのです。
黒岩歯科医院では、特殊な表面麻酔を使用しており、
歯茎の表面に塗ることで、浸潤麻酔を使う際の麻酔針の痛み軽減します。
さらに、なるべく細い針かつ、体温と合わせた温度で注射することで、
痛みを軽減するという工夫をしています。

■リラックス

「今から痛みがくる!」「怖い!」と緊張した状態であると、
感覚に意識が集中し、通常より痛みに敏感になってしまいます。
歯医者さんを訪れたときから、安心できる空間をつくり、
リラックスして治療を受けていただくだけでも、痛みを軽減できるのです。

歯医者の治療は痛そうと思う方には、「昔受けた治療が痛かった」
「歯医者は痛いものだと言い聞かせられてきた」など
昔の思い出に原因があるのかもしれません。
毎回の治療で「あまり痛くなかった」と思っていただけると、
治療の時によりリラックスでき、
痛みを怖がらずに治療ができるようになるでしょう。

「痛いのが嫌だから・・・」という理由で歯医者に行かないというのは、
お口の健康だけでなく、身体全体の健康にもよくありません。
黒岩歯科医院は、今回ご紹介したポイント以外にも様々な工夫し、
安心して受診していただける「痛くない歯医者」を目指しています。

もちろん、治療が必要のない健康な歯を保っていただきたいため、
毎日のご自宅でのケアはしっかりと続けてください。
しかし、治療が必要になった場合は、お口と身体全体の健康のために、
一緒に治していきましょう☆
ではまた☆

「診療制限」の決断

おはようございます☆佐久市の歯医者黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)/

現在、日本全国が新型コロナに対する自粛を行っております。
黒岩歯科医院では、考えられうる最大限の感染対策を施した上で
通常通り診療を続けておりました。

今のところ、私の住む佐久市では、新型コロナ感染者は確認されていません。
ただ、都内の状況等を考慮すると、いつ感染者が出てもおかしくない状況です。
私の患者様の多くがご自身の身を削ってお仕事を自粛されています。

そのような状況を踏まえ、黒岩歯科医院では「診療制限」
の実施を始めております。
メインテナンスや定期検診などの不要不急な診療内容に関しては
予約をなるべく先延ばしにしていただいている状況です。
また、診療室内に患者様が密にならぬよう、
一度に診察する患者様の制限をしております。
それにより、予約が非常に取りずらい状況となっております。
ただ、痛みがあるなどの緊急な対応は、
状況に応じて、なるべく迅速に対応できるよう調整しております。

患者様と医院で働いてくれているスタッフの「安全」を第一に考えた
結果であります。
ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。
最後に、新型コロナの状況が一刻も早く収束することを心より
願っております。

黒岩歯科医院
院長 黒岩 司

なるべく痛みの少ない治療を☆

おはようございます☆佐久市の歯医者黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)/

「歯医者の治療は痛そうだから嫌だ・・・」
という方は多いのではないでしょうか。
痛い治療が待っていると思うと、歯医者に行くことが億劫になりますよね。
患者さんには、なるべく安心して来ていただきたいため、
黒岩歯科医院では「痛くない治療」を心がけています。

今回は、佐久市の痛くない歯医者を目指す黒岩歯科医院として、
痛くない治療のポイントをお話しします。」

■なるべく削らない

以前は虫歯の治療といえば、ドリルで削ってしまうという方法が一般的でした。
しかし、医療の発展により、削らずに治す方法が増えてきています。

なるべく削らないことで、痛みや恐怖心が少なくなるだけではなく、
歯の健康な部分を残し、歯の寿命を延ばすことができます。

■麻酔で工夫

「麻酔を歯茎に入れるときの注射が痛い」と思われるかもしれません。
歯医者でよく使われる麻酔は、浸潤麻酔と呼ばれ、注射器を用います。
この麻酔をするときの、チクっとする痛みを感じないように、
表面麻酔という注射器を用いない麻酔がよく使われているのです。
歯茎の表面に塗ることで、浸潤麻酔を使う際の麻酔針の痛み軽減します。
さらに、なるべく細い針かつ、体温と合わせた温度で注射することで、
痛みを軽減するという工夫もできます。
黒岩歯科医院では、特殊な表面麻酔と極細の注射針を使用しています。

■リラックス

「今から痛みがくる!」「怖い!」と緊張した状態であると、
感覚に意識が集中し、通常より痛みに敏感になってしまいます。
歯医者さんを訪れたときから、安心できる空間をつくり、
リラックスして治療を受けていただくだけでも、痛みを軽減できるのです。

歯医者の治療は痛そうと思う方には、「昔受けた治療が痛かった」
「歯医者は痛いものだと言い聞かせられてきた」
など昔の思い出に原因があるのかもしれません。
毎回の治療で「あまり痛くなかった」と思っていただけると、
治療の時によりリラックスでき、痛みを怖がらずに治療ができる
ようになるでしょう。

「痛いのが嫌だから・・・」という理由で歯医者に行かないというのは、
お口の健康だけでなく、身体全体の健康にもよくありません。
黒岩歯科医院は、今回ご紹介したポイント以外にも様々な工夫し、
安心して受診していただける「痛くない歯医者」を目指しています。

もちろん、治療が必要のない健康な歯を保っていただきたいため、
毎日のご自宅でのケアはしっかりと続けてください。
しかし、治療が必要になった場合は、お口と身体全体の健康のために、
一緒になおしていきましょう!

歯医者さんにはどれくらいの頻度で通えばいいの?☆

おはようございます☆黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^♪

「歯医者にはどのくらいの頻度で通えばいいの?」
このような疑問を持った人は少なくありません。
今回は歯の状況に合わせた頻度の紹介をします。

・歯にトラブルをあまり抱えてない人なら3~6か月

歯にあまりトラブルを抱えていない人であれば、
これぐらいの頻度で大丈夫です。
行く目的として、「定期的にプロによるケアを受ける事」、
「まだ痛みにはなっていない虫歯や歯周病の原因を
早い段階で見つけられる事」があります。
毎日歯磨きをされているかと思いますが、歯磨きだけで
歯垢を100%取り除くことはできません。

また、虫歯や歯周病は突発的になるものでなく、
気が付かないうちに徐々に進行し、ある時から「症状」として現れるのです。
プロの手によってしっかりと歯垢と歯石を取り除くことで、虫歯や歯周病の予防ができます。


普段からコーヒーやお茶をよく飲まれる方でしたら、
歯に着色が付いてしまうため、そういった着色汚れも払拭できるのです。
そのため、これくらいの頻度で通っていれば、
虫歯や歯周病になる前に治療ができ、コスト面や時間面でも節約できます。

虫歯になってからだと、定期的に訪れる回数が増え、
コストもかかってしまいますよ。
定期的な検診で、歯のトラブルを防ぎましょう。

・口のトラブルが多い人や臭いや汚れが気になる人なら3か月に一回

口のトラブルの例としては、唾液の出る量が少なく
虫歯になりやすい人や、遺伝などで虫歯になりやすい人が考えられます。
歯垢がたまると、口の中でそれらが腐ってしまい、
口臭の原因にもなってしまうのです。
そのため、それらを気にされる方は虫歯や歯周病といった
病気がなくても、定期的に通うことをオススメします。

また、小さいお子様ですと虫歯の進行も速いため、
3か月を基準に行くことがオススメです。
歯の状況によっては、3か月よりも早く症状が深刻化する場合があるため、
歯医者さんの方に次に来店したほうがいい時期を伺いましょう。
お子さんに辛い思いをさせないためにも、欠かさず通院しましょう。
いかがでしたか?
今回は歯医者に通う頻度についてお話しました。
勿論、歯が痛い人や虫歯が現時点で症状として出ている人は、
必ず治療してくださいね。
歯医者を嫌う大人の人も多いかと思います。
しかし、時間とお金がかかるとはいえ、歯は一生ものです。

あなた自身の管理力が問われます。
大人になっても、綺麗かつ清潔な歯でいたいなら定期的に歯医者に
通いましょう。
歯と一緒に健やかな日々を過ごしませんか。