ご予約お問合わせはこちら

長野県佐久市の黒岩歯科医院 | ブログ

  • CT・レーザー完備
  • 初診カウンセリング
  • 無料託児サービス
  • 徹底した衛生管理
ご予約・お問い合わせはこちら ご予約お問合わせはこちら0477015844

長野県佐久市臼田1191-5

長野県佐久市の歯医者、黒岩歯科医院のブログ

佐久市の歯科の歯医者が教える!ホワイトニングについて

おはようございます、黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)v

水曜日の午後からは休診にして、私はインプラントの勉強会に出かけてきました!
また多くのことを学ぶことができました!

最近「ホワイトニング」という言葉をよく耳にしませんか?
よくテレビに出るタレントや芸能人が、ホワイトニングをして歯を綺麗にしたという話を聞くこともあると思います。

「ホワイトニングって何?歯を白くすること?」そんな疑問をお持ちの方いらっしゃいませんか。
今回はそんな「ホワイトニング」について詳しく解説していこうと思います。

《ホワイトニング=歯を白くすること?》

結論から言いますと、ただ単に歯を白くするというわけではありません。
「ホワイトニング」とは、薬剤を用いて歯を漂白することを意味します。
歯の変色した部分を削り取り、セラミックといった被せ物を入れて歯を白く見せることとは異なります。

また、ホワイトニングとよく混同されるものとして、歯の「クリーニング」というものがあります。
「クリーニング」は、虫歯や歯周病を予防するものとして、歯石や歯垢といった歯の汚れを取り除く作業のことを言います。

《ホワイトニングには2種類ある》

ホワイトニングには、主に「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」の2種類があります。

「オフィスホワイトニング」は、歯科医院や美容外科に行って、専門家に歯に薬剤を塗ってもらい、ホワイトニングをしてもらうことを指します。
これはその場で歯を白くしてもらえるため、比較的短時間で歯を白くすることが可能です。

これに対し「ホームホワイトニング」は、歯科医院などで、自分の口の形に合ったマウスピースの型を作ってもらい、それを家に持ち帰って、自宅で薬剤を塗って装着するという、家で行うホワイトニングのことを指します。
これは、オフィスホワイトニングとは異なり、数週間の時間を要し、だんだんと歯を白くしていきます。

《しっかりと比較した上での判断を》

ホームホワイトニングは、歯科医などが施術するオフィスホワイトニングに比べ、自分で歯を白くしていくため、ムラができたりして、全部の歯が同じように白くならない場合があります。
そのため、確実に白くて綺麗な歯を手に入れたいのであれば、オフィスホワイトニングの方をオススメします。

しかし、忙しくて歯科医院に通う時間が取れない方の中にはホームホワイトニングを選ぶ方もいらっしゃいます。
その際には、手順などを十分に確認し、正確に行うことが必要でしょう。

ホワイトニングは歯を削ることもなく、体に害のある薬剤を塗るわけでもないので、歯を安全に白くする方法です。
料金は決して安くありませんが、自分の歯の色が気になるという方は、検討してみると良いかもしれません。

佐久市の歯医者が語るインプラントの魅力

おはようございます、黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^_^)v

歯が欠けた、抜けたときにどうすれば良いか困ったことはありませんか?
何かに衝突したなどで、歯が欠けてしまう場合があります。
歯は食べ物を噛むときだけでなく、力を入れるときに歯を食いしばるなどして、日常の多くの場面で機能しています。

歯が一本でも欠けてしまうと、違和感がありますし、咀嚼にも大きく影響します。
外見的にも、欠けた歯が前歯など目に見える部分ですと、恥ずかしいですし、色んな面で困りますよね。

では、歯を失ってしまった際に埋める方法にはどのようなものはあるのでしょうか。
それは主に、入れ歯、ブリッジ、インプラントの3つがあります。
今回はその中でも、「インプラント」について詳しくご説明していきたいと思います。

 

1.インプラントとは?

インプラントとは、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、それを土台としてセラミックなどの人工の歯を被せることを言います。
インプラントは手術を必要とする治療法ですが、入れ歯やブリッジよりも多くのメリットを持っています。
以下では、そのメリットについてご紹介していきます。

2.インプラントのメリット

まず、インプラントの最も大きなメリットとして挙げられるのは、他の歯に対して負担をかけることなく、独立した歯として機能するということです。

入れ歯やブリッジは、隣の歯に金具をかけ、削る必要があるため、他の歯まで傷んでいく危険性を持っています。
さらにインプラントの見た目は、他の歯とほとんど同じであり、外見的に見ても何の違和感もありません。

他のメリットとしては、顎の骨に歯根がしっかりと埋められているため、咀嚼したときにガタガタするといった感覚もほとんどなく、しっかりと噛むことができるのです。
耐用年数に関しても、入れ歯やブリッジが10年未満であるのに対し、インプラントは20~30年以上使うことが可能です。

ここまでインプラントのメリットをご紹介していきました。
ですがその一方で、インプラントには、費用が高い、定期検査が必要などのデメリットもあります。

しかし入れ歯やブリッジでは、一回あたりの費用は比較的安く済んでも、他の歯に悪影響を与えたり、耐用年数が短く、何度も作り直さなければならなかったりします。
その点を踏まえると、長期的にみれば健康面でも、経済面でもよりメリットがあるのはインプラントだと言えるのではないでしょうか。

歯は体のバランスを整えるうえで、重要な役割を果たしています。
まずは、歯を大切にすることから始め、毎日の歯磨きを欠かさず、健康で丈夫な歯をつくっていきましょう。

詳しくは、黒岩歯科医院HP-インプラント

佐久市で歯科を構える歯医者が解説!口臭の原因は?

おはようございます、黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^_^)v
水曜日の午後には、インプラントの勉強会に出かけ、
非常に多くのことを学べました!
昨日は始発で戻って朝から診療してと、充実した日々を過ごしています!

「息が臭い、口が臭い」と誰かに言われたことありませんか。
自分の口臭が臭いと言われると、なかなかにショックですよね。
それを言われると人と話すのも怖くなり、自信を失ってしまうこともあるかと思います。

しかも口臭が厄介なのは自分では気づけないことが多く、歯磨きをしても治るとはかぎらないことではないでしょうか。
口臭の原因は一体何なのでしょう。その主な原因について探っていきたいと思います。

1.虫歯が口臭の原因に

まず、口臭の原因として挙げられるのが虫歯です。
虫歯になると、歯の一部が虫歯菌に溶かされ、穴ができてしまいます。
そこに食べカスなどが溜まりやすくなり、歯磨きで磨ききれずに腐敗し、細菌が繁殖して悪臭が発生します。

また、虫歯を放置しておくと、歯の神経が腐り、神経からも悪臭を発生させる原因となります。
虫歯になると、口腔内で細菌が繁殖するために、さまざまな要因で口臭が発生します。虫歯になったらすぐに歯科医院で治療してもらいましょう。

2.舌苔のお掃除を

舌からも口臭は発生すると言われています。
舌は、口の中に食べ物を入れた際に食べ物と触れる面積が広いため、食べカスが舌に残りやすいのです。
そうして舌に残った食べカスに含まれるタンパク質を細菌が分解して生まれたものを「舌苔」と言います。

舌が白くなっていることがあると思います。その白い部分が舌苔です。
口臭はこの舌苔から発生しています。そのため、この舌苔を取り除くことで、口臭を改善できる場合があります。
ドラッグストアなどに、舌を掃除するための舌ブラシが販売されています。これを使えば舌苔を落とすことができるので、自分の舌が白いと思う方は、ぜひ舌ブラシを使ってみてください。

3.口呼吸をやめて!

唾液の分泌量が口臭に影響する場合もあります。
唾液は、口の中の細菌を分解するはたらきを持っています。
そのため、唾液の量が多いと口臭が発生しにくいのです。
逆にいうと、唾液の量が少なければ口臭も発生しやすいということです。

口が乾きやすいという方いらっしゃいませんか。
唾液量はいろいろな要因で変わるのですが、口が乾燥しやすい方に多いのは、口呼吸をしていることです。
口で呼吸をすると、口の中が乾燥して、唾液量も減ります。心当たりのある方は、意識的に口呼吸から鼻呼吸に変えていきましょう。

今回は、口臭の原因となる主な例について紹介してきました。
他にも様々な要因があると考えられています。
まずは、毎日のきちんとした歯磨きが、口臭を根本的に抑える鍵になります。口臭の原因は人によってさまざまです。
自分の口臭の原因がわからず、不安な場合には、歯科医院や口腔外科に行って相談してみると良いでしょう。