ご予約お問合わせはこちら

佐久市臼田で歯医者をお探しなら黒岩歯科医院へ | ブログ

ご予約・お問い合わせはこちら 0267-82-5055

長野県佐久市臼田1191-5

長野県佐久市の歯医者、黒岩歯科医院のブログ

口内炎を早く治すポイントってあるの☆?

おはようございます☆佐久市の歯医者黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)/
雨が降ったりやんだり、暑かったり寒かったりしますが、
丁度過ごしやすい時期で、新緑もきれいで、
5月というのは好きな時期ですね(^.^)

さて、今日は、「口内炎」についてお話ししようと思います!
口内炎はむし歯や歯周病と同様、私たちにとって身近な病気の一つでは
ないでしょうか?
口内炎はできた経験がないという人はほとんどいないと思います。

口内炎の原因は?
口内炎の原因は多種にわたります。

主な原因としては
・細菌やウイルス感染
・免疫力の低下
・誤咬

によるものなどがありますが、日常的に多いのは免疫力の低下と
誤咬によるものだと思います。
他にも硬い食べ物で口の粘膜に傷ができたり、
入れ歯や矯正器具などの刺激、さらには歯の尖っている部分が
舌や粘膜を刺激して口内炎ができたりすることもあります。

口内炎の痛みの根本は?
実は口内炎は何もしなければまったく痛みはありません。
口内炎の痛みの根本は”接触痛”です。
つまり、口内炎に何かが触れると痛みを感じるということです。
同じ痛みでもむし歯の痛みとはちょっと違いますね。

口内炎の痛みは接触痛なので、口内炎の表面を何かで覆ってしまって、
直接口内炎に物が触れないようにすれば
理論的には痛みは感じなくなるはずですよね。
とはいえ、それができないからみなさん口内炎の痛みに
苦しんでいるわけですが・・・

口内炎を早く治すには?
口内炎は一度できると完全に治癒するまでに
少なくとも1週間ぐらいはかかってしまうことが多いです。
大きいものができてしまうと2週間以上その痛みに
耐えなければならないこともありますよね。

この厄介な口内炎、早く治す方法はないのでしょうか?
口内炎用の塗り薬を処方してもらうというのももちろん
口内炎を早く治すための方法の一つといえますが、
それが答えといってしまっては元も子もありません。

もちろんその原因が入れ歯の不適合であれば入れ歯を調整してもらう
必要がありますし、矯正器具が当たってしまっている場合は
何か対策を講じてもらう必要があるかもしれません。

患者さん自身でできる方法ももちろんあります。
最も高い効果が期待できるのはやはり口の中を清潔にしておくことです。
さらにそこに殺菌力の高い洗口液で消毒すると
口内炎の治癒までの時間はかなり短縮されると思います。

私個人的な意見ではありますが、ポピドンヨードのうがい薬で
頻回にうがいをすることは非常に効果が高いと感じています。
うがいをするタイミングは就寝前はとくにしっかり行うことを
おススメします。
何だそんなことかと思われたかもしれませんが、
これが本当に効果があります。
簡単で効果が高い方法なので、いざ口内炎ができてしまったときには
試す価値ありですよ。

もう一つ口内炎を早く治す方法として、歯医者さんでレーザーを
照射してもらい、口内炎の表面を焼くというものがあります。
口内炎の表面をレーザーで焼いて、粘膜の表面のたんぱく質を凝固させます。
そうすることで表面の接触痛がかなり軽減され、
さらに口内炎への細菌感染も防ぐことができます。
その結果口内炎の治癒期間はかなり短縮されます。

レーザーの照射時間は30秒ぐらいですので非常に簡単で
効果の高い治療法といえます。
もちろん保険適用の治療です。
黒岩歯科医院でも口内炎のレーザー治療を行っていますので、
口内炎でお困りの方はお気軽にご相談下さいね。


佐久市 歯医者 黒岩歯科医院 レーザー

それからお食事のなかではビタミンB群をしっかり摂取しましょう。
ビタミンB群は魚介類や貝類、肉類に多く含まれています。
魚介類ならサケやサバ、貝類ならアサリやしじみ、
お肉ならレバーや豚肉に多く含まれています。
サプリメントなどで補給する方法もありますが、
やはり自然の食物から摂取するのが望ましいと思います。

まとめ
口内炎は非常に身近なお口の中の病気です。
にもかかわらず一度できると食事にも支障をきたすことも多く、
厄介な病気です。
むし歯や歯周病予防と同様、お口の中を清潔に保つこと口内炎を早く治す、
口内炎を予防することについての最重要ポイントです。
お口の中の状態や環境を知っておくことが大切ですね。

ではまた☆

黒岩歯科医院
院長 歯科医師 黒岩司

黒岩歯科医院

歯医者の選び方~何を基準にしたらいいの?☆~

おはようございます☆佐久市の歯医者黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)/

今回は『歯医者の選び方』についてお話ししようと思います。

自分の歯の健康を任せる歯医者さん、失敗したくないですよね。
今回、そんな歯医者さんを選ぶときに何を基準にしたらいいかを
私個人の意見としてお話させていただこうと思います。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.まず、自分のメインとなる悩み(主訴)は何でしょうか?
これが非常に大切になります。

「歯が痛い」、「歯石を取ってほしい」、「詰め物が取れた」、
「歯が欠けた」、「歯を白くしたい」、「歯並びが気になる」、
「顎が痛い」、「フッ素を塗ってもらいたい」などなど、
患者さんの主訴は多岐にわたります。

まずはご自分の悩みをはっきりさせましょう。

2.ホームページはしっかりチェック!

最近ではホームページがある歯科医院もたくさんありますね。
インターネットの普及が進み、飲食店や美容院、宿泊施設など
訪れる前にインターネットで事前に調べることは日常となってきています。

歯科医院についても同様です。
歯科医院を受診する前に受診しようと思っている歯科医院の
ホームページがあればそれをチェックすることはとても重要だと思います。

歯科医院のホームページには、飲食店のホームページに料理のメニューや料金、
その店のこだわりが掲載されているのと同じように、
その歯科医院で行っている治療のメニューや治療方針、
その歯科医院の先生や働いているスタッフの情報など多くの情報が
掲載されています。

自分のからだ(歯)の健康に関する内容を任せるわけですので、
どんな先生、スタッフがいて、どんな治療を行っているのか、
どのような方針、思いで治療に臨んでいるのかなどは
特ににしっかりと確認したほうがよいと思います。

また、ホームページにはその歯科医院が導入している設備や器材なども
掲載されているところもあるので、どのような設備が導入されているのかも
確認しておくのもよいと思います。
最新の設備や器材が導入されていたほうがよいのは言うまでもありません。

3.ホームページではわからないこと
いくらホームページを熟読してもどうしてもわからない部分もありますよね。
歯科医師の声や話し方、治療の腕、スタッフとの関係性、
そして医院の雰囲気などです。

しかし残念ながらそればかりは行ってみないとわからないというのが
実際のところです。
とはいえ患者さんからすれば一番知りたくて、
一番重要な部分かもしれません。
しかしそればかりは見るものではなく、感じとる感覚の部分なので
どうしようもありませんね。
そのあたりは美容院を選ぶときと似ていますね。

実際に受診してどこを見るとよいか?
では感じ取る部分で何を感じたらよいのでしょうか?
患者さんが一番気になるのは
”どんな先生が治療(担当)をするのか”ということでは
ないでしょうか?

それを踏まえ、受診した歯科医院の見るポイントを挙げてみました。

1.先生やスタッフがしっかり挨拶をしてくれるか
2.自分が欲しい情報をしっかり提供してくれるか
3.複数の治療法を提案してくれるか
4.それぞれの治療法のメリットとデメリットを説明してくれるか
5.高額治療となる場合、具体的な治療費を提示してくれるか
6.処置中、患者さんの不安を和らげるために声がけをしたりしてくれるか
7.スタッフとの連携がしっかりとれているか
8.医院の内部が清潔か(細かいところまで清掃や整理整頓が行き届いているか)
9.患者さんの話をしっかり聞いてくれる
10.質問しやすい雰囲気があるか
11.先生やスタッフの白衣(診療着)や髪型などに清潔感があるか

自分がどのような先生に診てもらいたいのかということも
重要なポイントだと思います。
とはいえ、あまりに理想を高く持ちすぎるとなかなか自分に合う
歯医者さんを見つけられなくなりますので、
優先順位を考えるのも必要かと思います。

まとめ
『歯医者の選び方』について簡単にまとめましたが参考になったでしょうか?
忘れてはいけないのは、
医療は”患者さんと医療従事者との信頼関係”のもとで成り立っている
ということです。
自分の健康を預ける歯医者さんですので、患者さんとしては
しっかりと選びたいという気持ちがあるのは当然のことだと思います。
しかし患者さんがそもそも疑いの気持ちをもって来られては
信頼関係は築けるはずがありませんよね。

私たち医療従事者も患者さんが安心して治療を受けられるように
ホスピタリティを大切にしていきたいと思います。

ではまた☆

黒岩歯科医院
院長 歯科医師 黒岩司

黒岩歯科医院

トレイルランニングに参加☆

おはようございます☆佐久市の歯医者黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)/

みなさん、GWはいかがお過ごしだったでしょうか?
黒岩歯科医院は5/2を休診とさせていただき、5連休させてもらいました。
日々頑張っているスタッフになるべくお休みをとってもらい、
メリハリをつけて働いてほしいと思っています!
もちろん、私自身も家族との時間を大切にしたいですし、
子供との、今でしかできな思い出がありますからね~☆

昨日は、友達家族と一緒に、軽井沢の、「トレイルランニング」の
イベントに参加してきました(^.^)

子供は3キロで、大人は5キロのコースです!
よく把握していないで参加して、5キロくらいならまあ余裕だろうと
思っていたのですが、
平地を走るのとは訳が違い、斜面や山の中を走るので、実際は
かなり消耗して、ヘロヘロになりました(*_*)

一応、レースなので順位も出ます!
たっくんはこういう大会に参加するのは初めてですが、
同じ学年の子達と競争して、とても良い刺激になったようです☆

GWはキャンプに行ったりと、最近ではアウトドアの遊びが増えている
我が家です(^.^)
体を動かして、気持ちもスッキリしますし、とても良いと思います☆

さて、黒岩歯科医院の藤棚が見ごろを迎えています☆
年々、スケールアップしていて、診療中、ずっとお花見ができて、
贅沢だと思います☆

今週も頑張っていこうと思います☆
ではまた☆

黒岩歯科医院
院長 歯科医師 黒岩司

黒岩歯科医院

インプラント、ライブオペ見学へ行ってきました☆

おはようございます☆佐久市の歯医者黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)/

季節の変わり目で、暑かったりさ寒かったり、晴れたり雨が降ったりと
安定しない時期ですね☆
医院の庭の木々は、新緑が出てきて、藤の花はもう二週間ほどすれば
藤棚の見ごろを迎え、今年も非常に楽しみです(^^♪

さて、昨日は久々に(2年ぶりくらいになるでしょうか)インプラントの
ライブオペの見学に行ってきました!
同じ県内の伊那の、あるが歯科の有賀先生のオペ見学です!
患者様目線の、痛くなく、シンプルに、治療期間は短いといった、
私と同じ治療コンセプトを持つ、素晴らしい先生で、
素晴らしいスタッフと医院です!

今までも何回かオペ見学や、スタッフと共に、医院見学をさせてもらっていました!

コロナ禍ということもあり、セミナー受講前に、コロナの抗原・抗体検査を行い、
私自身もコロナ陰性を証明してからの受講となりました!

やはり、ZooMなどの配信系のセミナーとは違い、リアルなセミナーで、さらに、
実際のリアルなオペを見学できるということは、ものすごく勉強になりました!
これで満足することなく、自分の診療に生かすことで、より患者様の目線にたった
治療を心掛けていきたいと思います☆
ではまた☆

黒岩歯科医院
院長 歯科医師 黒岩司

黒岩歯科医院

家族でお花見へ☆

おはようございます☆佐久市の歯医者黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)/

新学期が始まり、長男、次男、二人とも小学校へ通い始めた我が家ですが、
今週から習い事も始まり、家族で新しいリズムをつかむのに苦労しています☆

さて、桜の季節ということで、昨日は、新しい家族である、犬の
「しーちゃん」を連れて、公園へ遊びに行ってきました☆
犬もOKなカフェでランチを取ったりと、しーちゃんが来て
我が家の行動パターンも大分変りましたね!

昨日は良い天気で、子供達もしーちゃんも公園で思いっきり
遊ぶことができました!

男の子達と違って、シャイで甘えん坊は相変わらずですが、
それがまたカワイイですね(^.^)

こういう休日が一番幸せを感じるかもしれませんね☆
私自身もしっかりとリフレッシュできたので、
また今週もしっかり頑張ろうと思います☆
週末は、インプラントの勉強会で、久々に実際のオペを見学を
する予定になっており、非常に楽しみです(^.^)
ではまた☆

黒岩歯科医院
院長 歯科医師 黒岩司

黒岩歯科医院

定期検診と歯みがき、大事なのはどっち☆?

おはようございます☆佐久市の歯医者黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)/

先週は、次男のだいちゃんの卒園式がありました!
コロナ禍で、式の参加が一人だけという可能性もありましたが、
先生方の努力により、二人出席できる運びとなり、
私も出席することができました(^.^)
長いこと通った幼稚園もこれでお別れだと思うと寂しいですね・・・
小学校という新しいステージに向けて頑張ってほしいと思います!

今回は歯の『定期検診と歯みがきについて大事なのは?』
という内容のお話をしたいと思います。

みなさん歯の定期検診行ってますか?
始めから言ってしまいますが、歯の定期検診はとても大切です!

黒岩歯科医院では3ヶ月毎の定期検診をお勧めしています。
なぜ3ヶ月かというと、3ヶ月ぐらいすると徐々に
歯石が付いてきてしまうことも多いですし、
小さなむし歯ができてきてしまうこともあるからです。

歯石はもともと歯垢(プラーク)であり、歯垢は食べカスではなく
バイ菌の塊なので、しっかり除去することが
むし歯や歯周病の予防に効果的です。

「私は3ヶ月毎に歯医者さんに行って歯石を取ってもらってるから大丈夫!」
そう思っている方、いらっしゃいませんか?
そして3ヶ月毎に検診に来てもらう歯医者さんも多いと思います。
でも本当に3ヶ月毎に定期検診に行っていれば大丈夫なのでしょうか??

黒岩歯科医院では患者様にこんな話をしています。
「歯を健康に保つのに一番大事なことは
3ヶ月に1回、定期検診に通うことではなくて、
毎日しっかり歯みがきをして汚れを落とすことです!

みなさん検診に行って歯石を取ることが大事だと思っていませんか?
大事なのは歯石を取ることではなく、歯石がつかないように
歯みがきをすることではないでしょうか?

歯石はバイ菌の塊ですからね!
1日に何回歯みがきをしますか?2回ですか?3回ですか?
1日に3回歯みがきをするとして、1ヶ月が30日、3ヶ月で90日。
つまり3ヶ月で270回も歯みがきをするんです。
そのうちの1回を歯医者さんで掃除をしてもらって、
残りの269回は誰が歯の掃除をするのでしょうか?

3ヶ月に1回の掃除と3ヶ月に269回の掃除、
どちらが大事だと思いますか?

答えは明らかですよね?
とにかく歯みがきが上手になってもらわなくてはいけません!

黒岩歯科医院では全ての患者さまに徹底的に歯みがき指導を行います!
そしてしっかり歯みがきができるようにならなければ定期検診に移行しません。

歯みがきが上手にできないと、3ヶ月に1回検診にお越しいただいても
その度にむし歯になっていたりして歯を削らなければ
ならなくなってしまうからです。

歯を健康に保つために定期検診に通っているのに
検診の度に歯を削っていては健康は保てていませんよね。

まとめ
『定期検診と歯みがき、大事なのはどっち?』
の答えとしては、『歯磨き』になるかと思います!
もう少し補足すると、毎日の歯磨きができたうえでの
定期健診が非常に重要になってくるかと思います☆

歯医者さんは
「むし歯になったら行くところ」
ではないんです!
「むし歯にならないために行くところ」
が歯医者さんなんです!

みなさん考え方を180°変えていただき、
しっかり定期検診にお越しいただきたいですね!

からだの健康はお口の健康から!

ではまた☆

黒岩歯科医院
院長 歯科医師 黒岩司

黒岩歯科医院

古い詰め物、かぶせ物はやり直した方が良いの?☆

おはようございます☆佐久市の歯医者黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)/

今週は、次男のだいちゃんの卒園式があり、出席予定です!
しかし、コロナ禍で、出席できる保護者は一人ということで、
非常に残念ですが、ギリギリで変更があるかもしれませんので、
もう少し様子を見ようと思っています☆

今回は患者さまからよく聞かれる内容です。

歯の詰め物、かぶせ物にはどんな種類があるか?
むし歯の治療はいろいろな種類がありますが、いわゆるむし歯治療と聞くと、
詰め物やかぶせもので治すというイメージを持たれる方も多くいると思います。

むし歯治療で使う主な材料には以下のものがあります。

・金属(パラジウム合金、銀合金、金)
・金属以外(セメント、コンポジットレジン、
セラミック、ジルコニア、CAD/CAMなど)

この中で、セラミックはお茶碗と同様、ジルコニアは
人工ダイヤモンドですので物質的にはとても安定しています。
そのため、ほぼ劣化せず、色や表面性状も一定しています。
中には「このセラミックは30年前に治療したものです。」
とおっしゃる患者さまもいます。
それでも見た目は非常にきれいで、つい最近装着したのではないかと
思うほどきれいな状態のセラミックのかぶせものに遭遇することもあります。

詰め物、かぶせ物の寿命は?
詰め物、かぶせ物の寿命は材質によって違います。

コンポジットレジン(CR)はプラスチックなので2~3年、
金属の詰め物は3~5年、金属のかぶせ物は5~7年程度、
セラミック治療は10年以上といわれています。

お口の中は非常に過酷な環境です。
熱いもの、冷たいもの、辛いもの、甘いもの、すっぱいもの、固いもの、
やわらかいもの、ねばねばしたものなど本当にいろいろなものが
入ってきますし、口腔内は500~700種類、数にして3000~5000億もの
細菌が常在菌として存在しています。

このような環境に常にさらされていれば、プラスチックはもちろん、
たとえ金属であっても劣化してくるのは仕方ないとも思えてきますね。

それに対しセラミックやジルコニアは茶碗、ダイヤモンドと同様と考えれば、
丈夫で汚れも付きにくく、いろいろな環境に耐えられますので、
プラスチックや金属と比べ寿命が長くなるのも納得といえます。

古い詰め物、かぶせ物はやり直す必要があるか?
治療に来られる患者さまからもよく聞かれます。

『この詰め物、すごく昔に治療したものなんですが、
新しく作り直したほうがいいんですか?』

先に述べましたように、詰め物、かぶせ物にはある程度の寿命があります。

では例えば寿命が5年程度と言われている銀の詰め物を
10年前に装着した場合、それを外して新しく作り直したほうが
良いのでしょうか?

いろいろと考え方はあるとは思いますが、私個人の意見として
「寿命以上の時間が経っていてもそれを外して新しくやり直す必要はない」
とお話ししています。

詰め物やかぶせ物を新しくやり直すのは、あくまでその歯がむし歯に
なってしまった場合や、詰め物やかぶせ物が取れてしまって
それをもとに戻そうとしても適合が悪かったり歯が動いてしまったりして、
元の位置に戻すことができない場合だと考えています。

またとれてしまった詰め物やかぶせ物は、状態によっては
そのまま使えることも多くありますので、必ず捨てずに
歯医者さんに持ってきてくださいね。

むし歯にもなっていない、外れてもいないものをわざわざ外してやり直すのは
時間もお金も無駄ですし、新しく詰め物やかぶせ物を作り直す場合は
必ず形態を修正する必要がありますので、何より削られる歯が
もったいないですよね。

まとめ
歯を削らないためには、できるだけ一度治療した詰め物や
かぶせ物を外さなくていいようにすることです。
もちろん一度もむし歯にならないことが
一番いいことであるということは言うまでもありません。

このブログを読んでくださっている方は特に詰め物や
かぶせ物が装着されている方が多いと思います。
古い詰め物やかぶせ物を新しく作り直すことよりも、その詰め物が
できるだけ長持ちするように、歯をこれ以上削らなくていいように
むし歯を予防することのほうがより重要ではないでしょうか?

古い詰め物を新しく作り直さなくていいように日頃からしっかり歯みがきを
して、定期的に歯医者さんに検診に行くことを強くお勧めします☆

ではまた☆

黒岩歯科医院
院長 歯科医師 黒岩司

黒岩歯科医院

口内炎を早く治すポイントって何?☆

おはようございます☆佐久市の歯医者黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)/

前回は、「唾液」の重要性についてお話させていただきました。
今回は、「口内炎」についてお話ししようと思います。

口内炎はむし歯や歯周病と同様、私たちにとって身近な病気の一つでは
ないでしょうか?
私も先週口内炎が続きまして、こんなにつらいものかと思いました(*_*)

口内炎の原因は?
口内炎の原因は多種にわたります。

主な原因としては

・細菌やウイルス感染
・免疫力の低下
・誤咬

によるものなどがありますが、日常的に多いのは
免疫力の低下と誤咬によるものだと思います。
他にも硬い食べ物で口の粘膜に傷ができたり、入れ歯や矯正器具などの刺激、
さらには歯の尖っている部分が舌や粘膜を刺激して
口内炎ができたりすることもあります。

口内炎の痛みの根本は?
実は口内炎は何もしなければまったく痛みはありません。
口内炎の痛みの根本は”接触痛”です。
つまり、口内炎に何かが触れると痛みを感じるということです。

同じ痛みでもむし歯の痛みとはちょっと違いますね。
口内炎の痛みは接触痛なので、口内炎の表面を何かで覆ってしまって、
直接口内炎に物が触れないようにすれば理論的には痛みは
感じなくなるはずですよね。

口内炎を早く治すには?
口内炎は一度できると完全に治癒するまでに
少なくとも1週間ぐらいはかかってしまうことが多いです。
大きいものができてしまうと2週間以上その痛みに
耐えなければならないこともありますよね。

この厄介な口内炎、早く治す方法はないのでしょうか?
口内炎用の塗り薬を処方してもらうというのももちろん
口内炎を早く治すための方法の一つといえますが、
それが答えといってしまっては元も子もありません。

もちろんその原因が入れ歯の不適合であれば
入れ歯を調整してもらう必要がありますし、
矯正器具が当たってしまっている場合は、
装置が当たらないよう対策してもらう必要があるかもしれません。

患者さん自身でできる方法ももちろんあります。
最も高い効果が期待できるのはやはり口の中を清潔にしておくことです。
さらにそこに殺菌力の高い洗口液で消毒すると
口内炎の治癒までの時間はかなり短縮されると思います。

私個人的な意見ではありますが、ポピドンヨードのうがい薬で
頻回にうがいをすることは非常に効果が高いと感じています。
うがいをするタイミングは就寝前はとくにしっかり行うことを
おススメします。

何だそんなことかと思われたかもしれませんが、
これが本当に効果があります。
簡単で効果が高い方法なので、いざ口内炎ができてしまったときには
試す価値ありですよ。

もう一つ口内炎を早く治す方法として、歯医者さんで
レーザーを照射してもらい、口内炎の表面を焼くというものがあります。

口内炎の表面をレーザーで焼いて、粘膜の表面のたんぱく質を凝固させます。
そうすることで表面の接触痛がかなり軽減され、さらに口内炎への
細菌感染も防ぐことができます。
その結果口内炎の治癒期間はかなり短縮されます。
レーザーの照射時間は30秒ぐらいですので非常に簡単で
効果の高い治療法といえます。もちろん保険適用の治療です。

黒岩歯科医院でも口内炎のレーザー治療を行っていますので、
口内炎でお困りの方はお気軽にご相談下さいね。

それからお食事のなかではビタミンB群をしっかり摂取しましょう。
ビタミンB群は魚介類や貝類、肉類に多く含まれています。
魚介類ならサケやサバ、貝類ならアサリやしじみ、
お肉ならレバーや豚肉に多く含まれています。
サプリメントなどで補給する方法も効果的だと思います。

今日は、口内炎を早く治すポイントについてお話しました(^.^)
参考になれば幸いです☆
ではまた☆

黒岩歯科医院
院長 歯科医師 黒岩司

黒岩歯科医院

唾液、実はすごいんです☆

おはようございます☆佐久市の歯医者黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)/

また雪が積もりましたね(*_*)
雪が降るということは、医院の駐車場の雪かきをするということで、
毎朝ヒヤヒヤしています(‘_’)
患者様に気持ち良く来院してもらうために、雪かき頑張っています☆

さて、今回は『唾液』についてお話しします。
実は唾液ってすごいんですよ!
何がすごいってその“はたらきが”です!
今回は唾液の役割やその機能についてお話していこうと思います。

早速みなさん聞いてみたいのですが、
唾液って1日にどのくらいの量が分泌されていると思いますか?
そんなこと考えたこともないと思いますが、実に
1日1,000~1,500mlも分泌されているんです!

ペットボトルを考えるとすごい量ですよね!
その唾液にはたくさんの成分が含まれていて、
いろんな部分で活躍してるんです!

唾液の役割は主に7つあります。

1.消化作用
2.自浄作用
3.抗菌作用
4.緩衝作用
5.再石灰化作用
6.免疫作用
7.粘膜などの保護作用

です。

消化作用とはお米やパンなどのデンプンを糖に分解する作用です。
お米やパンが甘いと感じるのはそれらのデンプンを
唾液が糖に分解されるからです。

自浄作用とは食べかすなどを洗い流す作用です。
歯磨きをしなくても実はある程度大きな食べカスは
唾液によって流されるんですね!
でも、もちろん歯磨きが必要ないわけではないので、
その辺りはお間違いのないように!(^^;)

唾液には殺菌・抗菌物質も含まれていて、
お口からばい菌が入るのを防いでいます。

緩衝作用とは、むし歯菌が酸を出してお口の中を酸性に傾けたpHを
中性に戻す作用です。
これはむし歯にならないためにとても重要な機能なんです!

唾液の量ってもちろん個人差があるわけなんですが、
唾液が多い人ほど、むし歯になりにくいです。
それは唾液が多いほど、洗浄作用がはたらくし、
再石灰化も進みやすいからでしょう。

排出作用はバイ菌などを唾液と一緒に吐き出す作用、
粘膜の保護作用は唾液が潤滑剤になって歯や食べ物と粘膜の擦れを
軽減する作用ということですね。

歯医者さん的にはやはり緩衝作用と再石灰化作用が
大事になってきますよね。

個人的には唾液は多いほうがいいと思っています。
しかし唾液の量は残念ながら年齢を重ねると減ってきます。
年配になるとお口の乾燥を訴えることが多くなってきますが、
残念ながらそれは老化現象のひとつと言えると思います。
お口が乾燥するとばい菌も増えやすいですし、
口内炎などの治りも遅くなってしまいます。

では唾液分泌を促すためにはどうしたら良いのでしょうか?
それはよく噛むことです!
食事の際、噛む刺激で唾液の分泌が促進されるからです。
ガムをかんだり、すっぱいものを食べたりするのも良い方法です。

唾液腺マッサージなどもありますが、日常的に簡単にできることは
まずはそういったことだと思います。

唾液のおかげでいろんな恩恵を受けていることが
わかっていただけましたでしょうか?
しっかり唾液の分泌を促して唾液の恩恵を最大限に受けましょう!

ではまた☆

黒岩歯科医院
院長 歯科医師 黒岩司

黒岩歯科医院

黒岩歯科医院漫画コーナー一新☆

おはようございます☆佐久市の歯医者黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)/

全国でコロナ感染が拡大しており、心配な状況ですね。
黒岩歯科医院では、今週、スタッフ全員が3回目のコロナワクチン接種を
受ける予定です!
基本的な感染対策など、出来ることをしていくしかないかと思います。
今週末には、久しぶりにインプラントの講習会が都内で予定されていましたが、
コロナ感染を考慮し、オンラインでの参加に切り替えました。

さて、黒岩歯科医院では、漫画本コーナーを一新致しました(^.^)
私も結構漫画が好きで、色々と読むのですが、今までは、「ワンピース」を
メインで置いていました!
もちろん、私自身「ワンピース」は大好きで、今でも愛読しているのですが、
100巻を突破し、漫画コーナーが「ワンピース」以外が置けない状況になっていた
ため、今回一新しました(^.^)

私の子供達にも大人気、「鬼滅の刃」「呪術廻戦」は外せないですよね☆
子供達の了解をとり、歯科医院に置くこととなりました!
もう一つ、普及の名作で、今度の秋、映画化が予定されている、
「スラムダンク」の大判を置くことにしました!
まあ、これは私の希望ですね!(^^)!
そして、これも名作の「るろうに剣心」の続編が出ているので
置かせてもらいました!

後は、漫画大好きなスタッフがいるので、何を置くかは、
お任せしてしまいました!
今日、持ってきてもらう予定ですが、何を選択するのでしょうか(^.^)?
ちょっとした待ち時間の楽しみになってくれればと思います☆
ではまた☆

黒岩歯科医院
院長 歯科医師 黒岩司

黒岩歯科医院