ご予約お問合わせはこちら

佐久市臼田で歯医者をお探しなら黒岩歯科医院へ | ブログ

ご予約・お問い合わせはこちら 0267-82-5055

長野県佐久市臼田1191-5

長野県佐久市の歯医者、黒岩歯科医院のブログ

歯の治療って限界があるの☆②?

おはようございます☆佐久市の歯医者黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)/

今週は特別寒くなりそうですね!
黒岩歯科医院に来院される患者様が、寒い外から入ってきたときに、
暖かくてほっとするように、医院をしっかりと暖めるべく、
最近は朝の4時ごろからエアコンを入れています。
今年は、電気代も高騰して負担も多くなっていますが、暖かい医院で
皆様をお待ちしています☆

さて、「歯の治療回数に限界!?」というテーマでお話ししています。
前回は、神経を取る前の段階で、しっかりした詰め物をしておくことが
歯の寿命を延ばす第一のポイントだということをお話ししました。


治療の段階としては上の図の赤線のタイミングです!

今回は、残念ながら神経を取ることになってしまった後の治療法について
お話しします。
神経を取った場合、神経のあった管に詰め物をして、土台をつくり、
かぶせ物を作製します。


治療の段階としては上の図の赤線のタイミングです!

神経を取ると歯がどうしてももろくなります。
枯れ木のようなものなんです。
ですから、神経を取った歯の場合、歯がダメになるリスク要因として
虫歯、歯周病に加えて「歯の破折」の可能性が出てきます。
歯が割れてしまうことがあるんです。

もし歯が割れてしまったら、歯を抜くしかありません。
そうすると今度は歯を抜いたところにインプラントなどの治療が
必要になってきます。

ですから神経を取った後に出来るだけ歯が割れるリスクをおさえ、
長期にご自身の歯が残るようにするために
どのようなかぶせ物をするのかということが非常に重要になります。
かぶせ物の保険と自費との最大の違いはここにあります。
具体的なかぶせ物の種類に関する説明は、今回はしませんが、
かぶせ物をする場合、今だけでなく長期的な視野で選択することを
おすすめします。

歯の治療の回数には限界があり、おそらく4~5回だと思います。
治療をするたびに歯を削るので歯の寿命が短くなっていきます。
今行っている治療がその歯の治療の最後になるような選択をすることが
歯の寿命を延ばす大きなポイントだと思います!
参考になれば幸いです☆
ではまた☆

佐久市 黒岩歯科医院
院長 歯科医師 黒岩司

黒岩歯科医院

本年も残すところあとわずか☆

おはようございます☆黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)/

医院のクリスマスイベントも終わりました☆
24日(土)は、診療を少し早く切り上げさせてもらって、
クリスマスツリーをはじめ、クリスマスの装飾物を一気に
片付けました!
「後は、自分が日曜日にやっておくよ」と言っているにも関わらず
最後まできちんと片付けていくスタッフ達には感謝・感謝です(-.-)

さて、今年も残すところあとわずか。
今年も昨年に続いて、コロナ禍ということで、
仕事のやり方、働き方を見直していく一年となりました。

やはり、スタッフが急にお休みすることもありますので、
余裕をもった予約状態にしておくということと、
経営的には大変ですが、不測の事態に備え、余剰にスタッフを
雇用しておくという方針で、トラブルなく乗り切ることができました!
やはり、スタッフが気持ちよく働ける職場というのが一番ですよね!

医院としては、最新の歯科用CTを7月に導入したことが、
診療の質を上げる結果となりました!

また、私自身も学びを続け、来年はさらに学びの一年にしようと
思っています!
学ぶことは本当に楽しいです(^.^)
今年も残りあとわずか!
最後まで、走り抜けようと思います☆

ではまた☆

黒岩歯科医院
院長 歯科医師 黒岩司

黒岩歯科医院

医院見学に、講習会に☆

おはようございます☆黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)/

今年も残すところあとわずかになってきましたね!
仕事にプライベートにやることが山積みですが、
何とか今年中に終わらせたいですね!
皆さんもラストスパート頑張りましょう(^.^)

さて、先週は、医院見学に、インプラントの勉強会と
充実していました!

静岡にある、子供の矯正(マイオブレース治療)において、
日本で最も経験のある先生のクリニックを
見学しに行ってきました☆

毎年見学には行っているのですが、私達も経験を積むことにより、
見るべきポイントが変わってきて、本当に勉強になりました!
マイ-ブレース治療に関わりつつある、2年目の衛生士さんは、
初めての見学だったので、大きな衝撃を受けたようです☆
コロナ禍ということもあり、一度に見学できる人数が限られているので、
今週も2人に見学に行ってもらい医院で共有していきたいと思います!

また、昨日は、インプラントの勉強会もあり、参加してきました!
コロナ禍ということで、Zoomの講習会が多くなってきましたが、
やはりライブの勉強会は刺激が違います!

様々な刺激を受け、次はどの勉強会に参加するか、
どんな機器を購入するか、すごく決断の後押しになります!
早速、色々と決定し、来年はさらに刺激のある一年にしようと思っています☆
今からすごくワクワクしています☆
ではまた☆

黒岩歯科医院
院長 歯科医師 黒岩司

黒岩歯科医院

歯医者さんの「音」を快適に②☆

おはようございます☆黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)/

サッカー日本代表、快進撃を続けていますね!
ドイツやスペインといったサッカー大国にW杯で勝つ日が来るとは・・・
キャプテン翼の世界が現実になってしまいました(笑)
今夜のクロアチア戦もぜひ勝ってほしいと思います!

さて、前回は、歯医者さんの音について、お話ししました!
来院される患者様の気持ちが安らぐように、
SmartBGMというものを導入したことをお話ししました(^.^)
さて、医院の音響システムですが、一部屋だけ連動していない場所があります。
こちらの、大人メインテナンス専用のお部屋です↓

この部屋は、増築した部屋なので、スピーカーが連動していないんですよね(*_*)
そうならば、BGMもこの部屋だけ特別感を出し、
VIPルームの様にしてしまおうと考えました(^.^)

今、この部屋のBGMとして活用しているのが、
皆さんもご存じかもしれません、そう、「アレクサ」です!

例えば、「アレクサ、朝のクラシックかけて!」と呼びかければ、
その楽曲をチョイスしてくれます!
意外と音も良いですよ(^^♪
しかしながら、一つ弱点があります。
「アレクサ」はそもそも家庭用の物なので、
連続再生が、1時間ちょっとくらいしかありません。
なので、患者様をお通しするごとに、選曲することになります!
考え方によっては、お一人お一人にBGMを選曲できるということです☆
選曲も、声掛けで終わるので、作業をしながら行えます!
スタッフも患者様をお通しする前の決まり事として定着していますし、
自分の気分で好きに選曲できるので、気分転換にもなるようです☆

歯医者さんの「音」いろいろこだわっているんですよ~
来院の際には耳をすましてみてくださいね(^.^)
ではまた☆

黒岩歯科医院
院長 歯科医師 黒岩司

黒岩歯科医院

歯医者さんの「音」を快適に①☆

おはようございます☆黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)/

昨日のサッカー日本代表は非常に残念でしたね・・・
期待も大きかっただけにショックも大きいですよね。
さて、切り替えて、今日は、黒岩歯科医院の「音」へのこだわりについてお話ししようと思います☆
歯科治療を受けるときに、歯を削る、「キーン」という「音」が嫌だという
方は非常に多いものです。
当院では、なるべく「音」による不快感を減らすために取り組みを
行っています☆

1.音の静かな機械を使用する
歯を削る「キーン」という「音」のする機械、怖いと思います(*_*)
ですから、当院では、なるべく音がしない機械を選んでいます。
嫌な音は出さないということですね!

2.心安らぐBGM
診療中や、検診のクリーニング中等、患者様は、横になっていると
目を閉じていることも多いので、自然と耳から入ってくる情報が
気になってしまうと思います。
そんな時に、心地の良いBGMが流れていたりすると、気分も良いの
ではないかと考えます。
今までは、スタッフが選曲してくれた曲をiPodで流していたのですが、
先週、音響システムを変えました(^.^)
SmartBGMと言って、歯科医院のBGMの要望に沿った、
BGMソムリエが選曲したBGMが流れる仕組みです(^.^)

BGMは、日本語のヒットソングとかだと、歌詞が頭に入ってきて、
それはそれで良くないそうです。
ですので、基本的には英語の選曲になっています。
でもどこかで聞いたことのある曲だったりします。
また、日本の曲は、オルゴールだったり、ピアノバージョンになっています☆
また、朝や午後、夕方等、時間帯によってふさわしい曲が選択されます!

季節によっても変わり、曲も、定期的に変わっていきます!
少々お値段はしますが、医院の雰囲気づくりにとても役立っています!
患者様だけでなく、働くスタッフのモチベーションアップにも
つながりますね(^.^)
音って非常に大切な要素だと思いますからね(^.^)

さて、次回は、個室でのBGMのこだわりについてお話ししようと思います☆
ではまた☆

黒岩歯科医院
院長 歯科医師 黒岩司

黒岩歯科医院

歯の不思議!歯は敏感なの?鈍感なの?☆

おはようございます☆佐久市の歯医者黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)/
昨日は、家族で、「すずめの戸締り」の映画を見に行ってきました!
新海監督らしい、とても良い映画でしたよ(^.^)

さて、今回は、歯やお口の中の感覚についてお話してみようと思います。
みなさんは歯の感覚について考えたことってありますか?
「感じたことはあるけど、深く考えたことがない」という人が
ほとんどではないでしょうか。
みなさんが感じたことのある”歯の感覚”とはどのような感覚ですか?
温かい感覚ですか?それとも冷たい感覚ですか?
それとも触られている感覚とか押されている感覚でしょうか?
おそらくみなさんは温かいや冷たいではなく、
痛い感覚を感じられている人がほとんどではないでしょうか?
というか痛いという感覚以外に感じられている人はいないと思います。

口(歯)は敏感?
実は歯の神経には痛みを感じる神経線維しかないんです。
つまり歯は温かいも冷たいも触られているも押されているも
すべて”痛い”と感じてしまうんです。
ときにはチョコレートなどの甘いものを食べたときに
痛いと感じることもあります。
なぜ人間のからだがそのような仕組みに出来ているのかはわかりませんが、
”痛み”はからだにとって危険信号ですので、からだの中に直接つながっている
口は、刺激を痛みとして脳に伝えることによってからだの中に人間にとって
”危険なもの”が入ってこないようにしているのかもしれませんね。

他にも歯の非常に敏感な感覚として「かみ合わせ」があります。
かみ合わせは非常に敏感です。
髪の毛が1本口の中に入ろうものなら違和感を感じるのはもちろん、
アサリを食べたときには目に見えないほどの細かい砂がジャリッと
なっただけでゲッ!と不快感を感じたという経験は
誰もがお持ちではないでしょうか?
このように人間のかむ感覚は非常に精度が高いため、
かみ合わせはコンマ何mmという単位で調整をする必要があるのです。
非常に刺激に敏感なお口の中ですが、実は非常に鈍感な部分もあるんです。

口(歯)は鈍感?
からだの入口である口の中の感覚は敏感であることが求められるように
思いますが、実は非常に鈍感な部分もあるんです。
それはどのような点でしょうか?

最近は健康志向が広まり、むし歯、歯周病を予防する予防歯科に
力を入れている歯科医院も多くなってきました。
黒岩歯科医院でも患者さまへのブラッシング指導を徹底的に行い、
予防歯科の大切さをお話するようにしています。
しかし、まだまだむし歯になってしまい、治療が必要となってしまう方も
多くいらっしゃいます。

そして、今現在はむし歯がなくても以前むし歯や歯周病になってしまい、
歯につめものやかぶせものをしていたり、残念ながら抜歯することと
なってしまい、抜歯後入れ歯を使われている方やインプラント治療を
受けた方もいらっしゃると思います。

目に見えないほど細かい砂は敏感に感じ取るのに、つめものやかぶせもの、
ひいては入れ歯ほどの大きなものがお口に入ってもある程度の時間が経つと
それに慣れてしまうという非常に鈍感な部分もあるのです。

まとめ
おもしろいですね。
でも砂利がからだに入ってきても何も感じないのも困ってしまいますし、
つめものやかぶせものなどの治療を受けた後、
何年も不快感を感じているようでは生活に支障を来してしまいますよね。

そう考えると人間のからだ(口の中の感覚)は
非常に都合よくできているなぁと感心してしまいますね。
とはいえもちろん歯科医療従事者はできるだけ患者さんが違和感を
感じにくいよう、いろんなことを考えながら治療を行っているということは
自信を持って言えますね(^.^)

ではまた☆

黒岩歯科医院
院長 歯科医師 黒岩司

黒岩歯科医院

歯には虫歯になりやすい時期があるの☆?

おはようございます☆佐久市の歯医者黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)/

先週は、インプラントのオペ見学に行ってきました!
他の先生の治療をみると、新鮮で、本当に多くの発見がありました!
今後の診療の参考にしようと思っています☆

さて、今回は『歯には虫歯になりやすい時期があるの?』という
ことについてお話していこう位と思います☆
『虫歯になりやすい時期』についてですが、
まずはむし歯の特徴からお話ししたいと思います。

虫歯になりやすい部位は次の3つです。

・歯のかみ合わせの面(溝やくぼみ)

・歯と歯の接している面(歯の横の面)

・歯と歯茎の境目

ここをしっかり歯みがきをして、汚れ(歯垢)を落とせれば
虫歯はかなりの確率で予防ができると思います!

これは子どもの歯でも大人の歯でも同じです。
また、これにプラスして歯と詰めものの境目も
非常に虫歯になりやすいんです(*_*)

一度虫歯になって詰め物で治療した場合、
再び虫歯になってしまうことってありますよね?
これを二次う蝕というのですが、歯と詰め物との境目は
二次う蝕になる確率が非常に高いんです。
むし歯を削って詰め物をすればもう大丈夫!と思ったら大間違いです!

では虫歯になりやすい時期についてお話していこうと思います。
虫歯になりやすい時期はズバリ6~12歳です!
これは歯が乳歯から永久歯に生え変わる時期だからです。
実は歯は生え始めてすぐは歯の組織が幼弱で、
その後2年ぐらいかけて成熟していきます。
そのため、その間は酸に対する抵抗力が弱く、
虫歯になりやすいんです!

6~12歳に乳歯が永久歯に生え変わるので、
この時期にむし歯になりやすいのは永久歯です!

ではその時期の虫歯予防の方法は?
ということになりますよね!

虫歯予防には歯医者さんでフッ素を塗る、
これは間違いなく効果がある方法です!
これは特に歯の生え始めの時期から歯が成熟するまでの間
定期的に続けることが大切です!

歯は生え始めの時期が最もフッ素を取り込みやすく、
フルオロアパタイトという丈夫な組織になりやすいんです!
フッ素が虫歯予防に有効だということは、以前から言われていた
事ですが、コロナ禍で、私の住む佐久市では、全ての小中学校で
フッ素洗口が中止されてしまいました(・_・;)

感染予防のためということですが、虫歯予防の観点からすると
ものすごく心配です・・・
こんな時期だからこそ、定期的に歯医者さんに通い、フッ素塗布など
虫歯予防により力をいれていきたいですよね☆

フッ素を早い時期から定期的に塗って強い歯をつくり、
虫歯をしっかり予防していきましょう!
ではまた☆

黒岩歯科医院
院長 歯科医師 黒岩司

黒岩歯科医院

きれいになってスッキリ☆

おはようございます☆佐久市の歯医者黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)/

先週から、院前道路のガス管工事が始まり、通院中の
患者様にはご迷惑をおかけしています(-.-)
駐車に時間ががかる可能性がありますので、
余裕をもって来院していただければと思います。

さて、昨日は、医院の修繕工事がありました。
医院を立てて、7年が経過しようとしています。
いつの間にか、外壁も大分黒ずんでいました(*_*)

昨日は、外壁のクリーニングと、インターネット回線の整備を行いました!

比べてみると大分きれいになりましたね(^.^)
ネット配線も、今まで、かなり複雑な配線だったのですが、
シンプルに配線し、ネットもサクサクつながるようになり、
日々のストレスも大分解消されそうです(^^♪

今週も頑張ろうと思います!
ではまた☆

黒岩歯科医院
院長 歯科医師 黒岩司

黒岩歯科医院

オーラルフレイルって何?☆

おはようございます☆佐久市の歯医者黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)/

9月に入り、朝晩は大分涼しくなってきましたね☆
夏が終わり、日が短くなっていくのは寂しく感じますが、
過ごしやすい季節になるのは嬉しく思います☆

今回は歯周病の進行とも大きく関係する「オーラルフレイル」
についてお話ししたいと思います。

オーラルフレイルとは

近年よくテレビや本などでも耳にすることが増えた言葉なので、
聞いたことがある方も多いと思います。

オーラルフレイルとはオーラル(お口)フレイル(虚弱)
つまり「お口の老化」のことで、
以下のような症状があると注意が必要です。

①むせる、食べこぼす

②食欲がない、少ししか食べない

③柔らかいものばかり食べる

④滑舌の低下

⑤口の中が乾く

⑥自分の歯がない、顎の力が弱い

思い当たるもの項目はありましたか??

どれもが自分でも気がつきやすい症状ではありますが、
これらの症状は突然には起こらず、時間をかけて少しずつ進むため、
いつのまにか食べられる物が少なくなっていた…なんてことも起こり得ます。

このような加齢とともに起こる口腔機能の衰えにより、
栄養状態悪くなり、筋力の低下へとつながります。

筋力が低下すると外出への意欲も失われ、ますますお口への注意もなくなり、
さらに栄養状態が悪化、介護が必要な状態へ陥るという
悪循環に繋がっていきます。

健康的な人生を送るためには「オーラルフレイル」をいかに予防するかが
大切だとわかります。

できる対策は何?

先程あげた症状がまだない方、軽度の方ができるオーラルフレイルの予防、
それはまず、「噛める歯を残す」ことです。

歯を失う2大原因は虫歯と歯周病です。

しっかりと歯磨きを行い、虫歯と歯周病の予防を徹底することで、
最後までご自分の歯で過ごすことが可能になります。
すでに歯を失ってしまった方は、入れ歯やブリッジ、インプラントなど、
方法は色々ありますが、正しく補う歯を入れることで、
咬む力は格段に回復します。

オーラルフレイルの始まりにもなり得る「噛めない」という状態を
作らないことが予防の始まりだと考え、黒岩歯科医院では患者さまに
ご自分のお口や歯の状態を知っていただき、健康な状態を保つための
アドバイスをしております。

~まとめ~

オーラルフレイルは身体全体の健康と大きな関りがあり、
ご自分のお口への意識を高く持つだけで老化の予防につながることが
たくさんあります。
オーラルフレイルを予防して健康寿命を伸ばしていきましょう!
ではまた☆

黒岩歯科医院
院長 歯科医師 黒岩司

黒岩歯科医院

歯がしみるけど虫歯ではないの?☆

おはようございます☆佐久市の歯医者黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)/

昨日は、一日、子供の矯正治療の講習会に参加してきました!
また新しい気づきがあり、本当に勉強になった一日でした!
今日からの診療にしっかりとフィードバックしようと思います!

さて、まだまだ残暑が厳しい毎日ですね!
この夏、熱中症対策としてスポーツドリンクを飲む方も多いのでは
ないでしょうか。

しかし、その熱中症対策として飲まれているスポーツドリンクですが、
飲み方を一歩間違えてしまうと大切な健康な歯を溶かしてしまう可能性が
あります。

それは『酸蝕症』です。

むし歯ではないのに歯が溶けてしまうなんてとても怖いですよね。
今回はその酸蝕症について原因や対策をお話しします。

そもそも、みなさんは『酸蝕症』という言葉を聞いたことはありますか?
歯の表面は、“エナメル質“という人間の体の中で1番硬い物質で
覆われています。
酸蝕症とは、酸の働きにより、硬い物質であるエナメル質を溶かしてしまう
病変です。
かつてはメッキ工場などの酸蒸気が原因となって生じる職業病の1つとして
知られていました。

しかし、近年ではコーラなどの炭酸飲料や、スポーツドリンクやワインなどの
酸性飲料による酸蝕症が増えてきています。
1番馴染みのある歯を溶かしてしまう病変といえば、むし歯ですよね。
では、酸蝕症とむし歯はなにが違うのでしょうか。

酸蝕症とむし歯の大きな違いは“細菌が絡んでいるかどうか“です。
むし歯はプラーク(歯垢)などの磨き残しの中にいる細菌が糖分を栄養にし、
酸をつくりだします。
そのつくりだした酸でエナメル質を溶かしてしまいます。
つまり、お口の中で酸が作られ、むし歯になってしまいます。

一方で酸蝕症は、お口の外から入ってきた酸(スポーツドリンクなど)や
身体の中から出てくる胃液などによって歯を溶かしてしまう病変です。
また、グレープフルーツなどの柑橘類の食べすぎや、過食症で嘔吐を
繰り返してしまうと、胃液によってエナメル質が溶けてしまいます。
酸蝕症はお口の外からくる酸によりダイレクトに歯が溶けてしまいます。
お気付きの方もいらっしゃると思いますが、原因は両者とも酸なのです!

だからといって酸性のものを食べない訳にはいきません。
ちょっとした一工夫を加えるだけで、健康な歯を溶かすリスクを
下げることが出来ます。

それは

①長時間だらだら食べ続けない(むし歯も同じ)

②酸性のものを食べたあとはうがいをする

③酸性の食べ物、飲み物をお口の中に溜め込まない

です。

簡単に言うと酸性の物をお口の中に含んでいる時間を
短くするということです。
これだけでも十分歯を酸蝕症から守ることが出来ます。
うがいができない場合はキシリトールが入っているガムを
噛むだけでも変わってきますよ!
ぜひお試しください。

今回はむし歯じゃないのに歯が溶けてしまう酸蝕症について
お話ししました。
酸性の飲食物は体にいいとされている物も多く存在します。
体にいいからといって間違えて摂取してしまうと、かえって
病気になってしまうことがあります。
心当たりのある方は、一度見直してみてはいかがでしょうか。

暑い季節が続きますが、酸蝕症のリスクを踏まえ、
正しい熱中症対策を行ってくださいね!
ではまた☆

黒岩歯科医院
院長 歯科医師 黒岩司

黒岩歯科医院