ご予約お問合わせはこちら

長野県佐久市の黒岩歯科医院 | ブログ

ご予約・お問い合わせはこちら 0267-82-5055

長野県佐久市臼田1191-5

長野県佐久市の歯医者、黒岩歯科医院のブログ

なるべく痛みの少ない治療を☆

おはようございます☆黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)/

「歯医者の治療は痛そうだから嫌だ・・・」
という方は多いのではないでしょうか。
痛い治療が待っていると思うと、歯医者に行くことが億劫になりますよね。
患者さんには、なるべく安心して来ていただきたいため、
黒岩歯科医院では「痛くない治療」を心がけています。

今回は、佐久市の痛くない歯医者を目指す黒岩歯科医院として、
痛くない治療のポイントをお話しします。」

■なるべく削らない

以前は虫歯の治療といえば、ドリルで削ってしまうという方法が一般的でした。
しかし、医療の発展により、削らずに治す方法が増えてきています。

なるべく削らないことで、痛みや恐怖心が少なくなるだけではなく、
歯の健康な部分を残し、歯の寿命を延ばすことができます。

■麻酔で工夫

「麻酔を歯茎に入れるときの注射が痛い」と思われるかもしれません。
歯医者でよく使われる麻酔は、浸潤麻酔と呼ばれ、注射器を用います。
この麻酔をするときの、チクっとする痛みを感じないように、
表面麻酔という注射器を用いない麻酔がよく使われているのです。
歯茎の表面に塗ることで、浸潤麻酔を使う際の麻酔針の痛み軽減します。
さらに、なるべく細い針かつ、体温と合わせた温度で注射することで、
痛みを軽減するという工夫もできます。
黒岩歯科医院では、特殊な表面麻酔と極細の注射針を使用しています。

■リラックス

「今から痛みがくる!」「怖い!」と緊張した状態であると、
感覚に意識が集中し、通常より痛みに敏感になってしまいます。
歯医者さんを訪れたときから、安心できる空間をつくり、
リラックスして治療を受けていただくだけでも、痛みを軽減できるのです。

歯医者の治療は痛そうと思う方には、「昔受けた治療が痛かった」
「歯医者は痛いものだと言い聞かせられてきた」
など昔の思い出に原因があるのかもしれません。
毎回の治療で「あまり痛くなかった」と思っていただけると、
治療の時によりリラックスでき、痛みを怖がらずに治療ができる
ようになるでしょう。

「痛いのが嫌だから・・・」という理由で歯医者に行かないというのは、
お口の健康だけでなく、身体全体の健康にもよくありません。
黒岩歯科医院は、今回ご紹介したポイント以外にも様々な工夫し、
安心して受診していただける「痛くない歯医者」を目指しています。

もちろん、治療が必要のない健康な歯を保っていただきたいため、
毎日のご自宅でのケアはしっかりと続けてください。
しかし、治療が必要になった場合は、お口と身体全体の健康のために、
一緒になおしていきましょう!

5分でわかる!歯茎から出血する原因をご紹介☆

おはようございます☆黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^♪

「最近、歯磨きの時に歯茎から血が出る」
「最近、歯磨きの時に歯茎から血が出る」
歯磨きの時に、歯茎から出血するという方は少なくありません。
そんな方に向けて、今回は、歯茎から出血する原因について
ご紹介します!

■歯周病

歯茎から出血する原因の90%は、歯周病であると言われています。

歯周病は、歯垢(プラーク)の中に存在する細菌によって、
歯茎に炎症が起きる病気です。
多くの人は、歯周病の初期段階である歯肉炎という状態であると
いわれています。
歯肉炎で歯茎に炎症が出ているときに、歯ブラシで擦ることによって
血が出てしまいます。
歯肉炎の段階でしたら、日常の歯磨きによって、治療することが可能ですので、
この段階で症状の進行を食い止めましょう!

■ドライマウス

ドライマウスは、様々な原因によって、
口内の唾液の量が減少してしまう病気です。
唾液には、口内の汚れを洗い流すという役割があります。
そのため、唾液が欠乏してしまうと、歯に汚れが蓄積し、
歯茎に炎症を引き起こします。
この炎症状態で、歯磨きを行うことによって、歯茎から出血してしまいます。
ドライマウスの治療には、病院で処方される、
ポリグルタミン酸を配合したマウススプレーが効果的であると
言われています。
ドライマウスが疑われる場合は、病院で診察を受けることをおすすめします。

■ホルモンバランス

女性の場合は、ホルモンバランスの変化によって、
歯茎からの出血が起こりやすくなることがあります。
ホルモンバランスに変化があるタイミングとしては、
更年期、妊娠中、月経前などがあります。
この時期には、歯茎の血流が一時的に増加し、出血しやすい状況になります。
ホルモンバランスが変化するタイミングは、歯周病などにかかりやすい
状態ですので、食後の歯磨きを怠らないようにしましょう!

■かみ合わせ・歯ぎしり

かみ合わせが悪かったり、歯ぎしりをしたりすることが原因である
可能性もあります。
かみ合わせの悪さや、歯ぎしりによって、強い圧力がかかると、
歯が揺れてしまうことがあります。
歯が揺れると、歯茎が炎症を起こし、歯磨きによって
出血しやすい状態になります。
かみ合わせを矯正したり、マウスピースを利用したりすることによって、
出血を改善しましょう!

いかがでしたか?

今回は、歯磨き時に、歯茎から出血する原因として、
代表的なものをご紹介しました!
歯茎からの出血が長く続くようであれば、
一度病院で診察してもらうようにしましょう!

"</p

卒園と新たなステージへ☆

おはようございます☆黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)/

新型コロナの影響で、この卒業シーズン、
卒園式や卒業式が中止される学校もある中、
長男のたっくんの卒園式が短縮という形で何とか開催されました。

思えば4年前、未満児という形で入園しました☆

入学式の日、泣いてホームるルームを脱走し、
妻を途方に暮れさせた長男も大きく成長しました!

お世話になったお友達や先生にきちんとお別れを言えたことは
とても幸せなことだったと思います。
感傷に浸る我々親とは違い、当の本人は、小学校という新しいステージへの
挑戦を心待ちにしているようです(^.^)
楽しいことつらいこともあるとは思いますが、
その幼稚園での経験を糧に頑張ってほしいと思います☆
幼稚園の仕事、諸々頑張ってくれた妻にも感謝です!
ではまた☆

歯医者に行く前にしなければいけない4つのポイント☆

おはようございます☆黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)/

歯医者に行く前にしなければならないことと言われて何を想像しますか?
意外に知られてないことや、小さい頃は親に連れて行ってもらっていたので
準備は全部親任せだった。
こういった人が意外と多いと思いますので、今回は歯医者に行く前の
事前の準備として必要なことをいくつか紹介したいと思います。

◦保険証持参する

保険証を必ず持参しましょう。
保険証は1か月に1回提示するよう求められます。
ですので初回だけではなく一か月歯医者を利用しなかった場合は
同じ受診先であっても再度保険証を持参しましょう。
保険証があれば自己負担額は3割負担となります。
仮に保険証を忘れたら医療費が10割負担となってしまいます。
しかし当月以内に受信した医療機関に再度保険証を提示することで
後日返金してもらうことができるのでご安心ください。
仮に当月を超えてしまいすと、受信された医療機関では返金いたされませんが、
自治体の窓口や健康保険組合などで領収書の提示と
申込書に記入していただければ後日返金のほうが可能となっています。

◦歯医者は予約してからいく

歯医者は予約制をとっているところがほとんどです。
予約なしでいきなり来店となると治療中のお客様が終わるまで
長時間の待ち時間となる場合もありますので、事前に予約をしていきましょう。

◦初診の前には必ず歯を磨きましょう

理由は明確で、歯を磨いていないと汚れなどで正しい検査ができませんし、
汚れで虫歯が隠れている場合もあります。
ですので時間がない方でも極力歯を磨いてから受診するようにしましょう。

◦初診時に見てもらえないものや保険適用外のものがある

例えば歯石を取ってほしい場合でも、病名を付けて初めて検査できるのです。
保険診療で行う治療というのは“病名”が存在しない事には処置が行えません。
すなわち病名をすぐにつけられない場合は
歯石を即座に取り除くことができません。
検査をしないでのクリーニングなどは保険適用外となります。

最後に

いかがでしたか?意外に知られていないことが多かったと思います。
今回は行く前にしなければならなことや、
事前に知っておいてほうがいいことを紹介いたしました。

歯は一生ものであり、これからずっと人生を共にするものでもあります。
一年に数回だけでも構いませんので
一度ご来院されてみてはいかがでしょうか?
最後まで読んでいただきありがとうがございました。

"</p

歯がかゆい?その原因は?☆

おはようございます☆黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^♪

新型コロナの影響で、週末に予定されていた講習会も軒並みキャンセルとなり、
かといって家族でどこかに出かけられるわけでもなく、
少々退屈な日々を過ごしていますが、切り替えて
そんな時でないとできないことに時間を使おうと思っています☆

なんとなく歯がかゆくてむずむずする、口の中が気持ち悪い、
そうお悩みの方いらっしゃいませんか?
痛みではないからと放置していると、ストレスを感じて集中力も低下し、
日常生活に支障をきたしてしまいます。

そうなる前に、歯がかゆい原因を知って、適切なケアを行いましょう。
今回は、その原因についてご紹介します。

■歯周病

歯がかゆいと思っていても、実はかゆいのは歯茎である場合が多いです。
そして、歯茎がかゆい原因の大半が、歯周病によるものなのです。
歯周病は、歯と歯の間に歯石が溜まって、
歯周ポケットが炎症を起こす病気です。
歯周ポケットの中に細菌が入り込んで炎症が起きた際に、
むずむずとしたかゆみを引き起こすことがあります。
これが、かゆみの原因です。
歯周病は「沈黙の病気」と呼ばれ、自覚症状が出にくく気づきにくいですが
放置し続けると最悪の場合は歯を失うことになってしまいます。

■虫歯

虫歯は痛いものと思いがちですが、初期の虫歯で
歯茎がかゆくなることがあります。
虫歯が歯茎の中まで進行し、溶けた歯が歯茎を刺激することで、
かゆみが引き起こされます。
歯の神経は繋がっているので、ピンポイントではなく数本分の歯茎が
かゆみを感じる場合が多いです。

■アレルギー

食べ物や歯科用金属によるアレルギーでかゆくなることがあります。
口の中にぶつぶつとした斑点や発疹が見られる場合は、
食べ物が原因として考えられます。
歯の治療後にかゆみを感じた場合は、歯科用金属が原因である場合が多いです。
これ以外にも、歯磨き粉が原因でかゆみが生じる場合もあります。

■ストレス

過度なストレスは、歯にも悪影響を及ぼします。
ストレスによって免疫力が低下することで、歯茎がかゆくなることがあります。
また、歯をかみしめる、歯ぎしりをするなどのクセがある人は、
歯に強い力が加わることで、歯並びと噛み合わせが悪くなり、
歯がむずむずすることもあります。

■親知らず

親知らずが生えてくる際に、むずむずとしたかゆさを感じます。
かゆみ以外にも、痛みを感じたり、周りの歯や歯茎に刺激を与えて
炎症を起こすこともあります。

いかがでしたか?
たかがかゆみと放置しておくと大変なことになります。
次回は、その対処法をご紹介します☆
ではまた☆

"</p

今日から自分でできる!知覚過敏の治し方☆

おはようございます☆黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^♪

この時期冷たいものが歯にしみますよね!
私の歯科医院では、患者様が口をゆすぐ水の温度を調整し、
少し温かくして歯がしみにくい工夫をしています☆

さて、「冷たいものが歯にしみる」
知覚過敏になると、アイスや冷たい飲み物を
楽しめなくなってしまいますよね!
知覚過敏は、基本的には、歯科医院で治療するのが
望ましいと言われています。
「でも、当分病院に行く時間はない!」
お仕事が忙しい方の中には、病院に行く時間が取れない方も
いらっしゃると思います!
そんな方に向けて今回は、自分でできる知覚過敏の治し方について
ご紹介します!

■歯磨きの力を弱くする
まず日常的にできる方法としては、歯磨きの時に、
歯ブラシを歯に押し当てる力を弱くするという方法があります。

歯磨きの力が強すぎると、歯茎の組織が傷ついてしまうというのは、
みなさんご想像の通りだと思います。
しかし、歯磨きの適切な圧力をご存知の方は、
どのくらいいらっしゃるでしょうか?
歯磨きの適切な圧力は、重量で言うと150g~200gであると言われています。
料理で使う測りに、歯ブラシを押し当ててみてください!
このときに、150g~200gの重量になる力が、歯磨きでの適切な力です。
これを実際に行ってみると、自分が思っている以上に
弱い力であることがわかります!
これくらいの力でも、十分に汚れが落とせるということが分かっています!
実際に、歯磨きを行うときは、毛先が広がらないぐらいの力で行いましょう!

■専用の歯磨き粉を使う
知覚過敏を治すには、知覚過敏専用の歯磨き粉を使用するのも、
方法の一つです。

歯の表面はエナメル質と呼ばれる組織で覆われており、
このエナメル質には痛みを感じる神経はありません。
しかし、何らかの原因でエナメル質が削れてしまうと、
痛みを感じる神経が存在する象牙質という組織が露出してしまいます。
この象牙質が露出してしまうと、冷たいものが口に入った時に、
痛みを感じてしまいます。

知覚過敏専用の歯磨き粉を使用することで、歯磨き粉内の成分が、
痛みを感じる神経を保護し、歯痛を感じにくくなります。
知覚過敏専用の歯磨き粉としては、「シュミテクト」や
「デントヘルス」などが知られていますので、試してみてください!

■Part1 まとめ
今回は、知覚過敏を自分で治す方法として、
「歯磨きをする時の力加減」と「知覚過敏用の歯磨き粉」について
ご紹介しました。
次回も引き続き、知覚過敏を自分で治す方法についてお話しします!

ただし、病院に行く時間がとれる際は、
できるだけ早く歯科医院にご相談することをお勧めします!

新型コロナウィルス院内対策☆

おはようございます☆黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)/

新型コロナウィルスの日本国内での感染が広がりの報道が
連日され、非常に心配ですよね。

私の医院でも、自分達にできる対策を始めました!
ますは、入り口に手指消毒ができるものを設置しました。

また、新型コロナウィルスに対する院内掲示ですね!

元々、全ての患者様、自分自身に対して可能な限り
万全の滅菌・消毒対策は行っています。

また、常に院内の清掃には気を配っています。
空気清浄・加湿はこの時期特に気を付けますよね!

早く新型コロナの広がりが収束することを願っていますが、
自分自身、スタッフ、患者様を守るためにも
自分たちでできる対策をしていこうと思っています。
ではまた☆

バレンタイン企画☆

おはようございます☆黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)/

あまり寒くなかった今年の冬ですが、今日はさすがに寒いですね(‘_’)
氷点下10℃以下になっています!
雪が降っていないのがまだ救いですね!

さて、現在、黒岩歯科医院ではイベント開催中です(^^)/
2/14のバレンタインデーにあわせて、今回は、バレンタイン企画です♪

中学生以上の男性を限定に、プレゼントを用意しています♪
どうぞお楽しみに(^.^)

バレンタイン企画の後は、ホワイトデー企画を準備中です!
こういった企画は、スタッフが楽しみながら実施してくれています。
歯の治療だけでなく、通院するのに楽しい歯科医院になれば良いなと
思っています☆
ではまた☆

きれいな歯並びで最高の笑顔を☆矯正について知ろう!その5

おはようございます☆黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)/

昨日は、今年から参加し始めたインプラントの講習会に参加してきました!
そこでの人と人との出会いにより、また世界が大きく開けてきたと感じます。
本当にありがたいことです☆

さて、全8回にわたって歯並びをよくする「矯正」についてご説明しています。
第5回目の今回は、前回に引き続き噛み合わせについて
お話ししたいと思います。

嚙み合わせは、体に様々な影響をもたらします。
当てはまる項目がないか、見ていきましょう。

・頭痛・こり

なかなか治らない頭痛にお悩みの方はいらっしゃいませんか?
頭痛の原因には様々なものがありますが、嚙み合わせもその原因の1つです。
不自然な嚙み合わせだと、首の周りの筋肉が緊張してしまいます。
特に、頭の側頭骨に付着している側頭筋の過緊張が続くと、
やがてその筋肉が硬くなり、血行が悪くなって筋肉性の痛みとなって
頭痛が生じてしまうのです。

・耳鳴り

噛み合わせの悪い人の多くは、顎が後方へズレているため、
耳の管が下顎頭と呼ばれる下顎の一部分によって圧迫されます。
それによって耳鳴りが発生してしまいます。

・不眠症

不眠症の原因として、寝るときにアドレナリンが分泌されていることが
挙げられます。
アドレナリンの分泌を促す刺激を脳が受け取ると、
脳細胞の働きを活性化させる物質が出て、脳は活動的な状態になります。
交感神経が刺激されるとアドレナリンが分泌されるのですが、
「奥歯をかみしめる」行為はこの刺激につながります。
噛み合わせが悪い人ほど、噛みしめたり、歯ぎしりをしたりしている
傾向にあるため、結果的に眠りが浅くなってしまっているのです。

・自律神経失調症

自律神経失調症とは、活動しているときに働く交感神経と、
体を回復させる副交感神経のバランスが崩れることによっておこる、
心身の不調のことです。
体の不調としては、めまい、ほてり、立ちくらみ、動悸、不眠など、
精神的な不調としては、イライラ、憂鬱、集中力の低下など
様々なものがあります。
かみ合わせが悪いと、頚椎がねじれてしまい、それが自律神経系に
異常をもたらします。
そして自律神経が正常に機能しなくなり、様々な症状につながるのです。

いかがでしたか?噛み合わせによってもたらされる体の症状について
おわかりいただけたでしょうか。
次回は矯正の基礎知識についてお話しします。
引き続きお読みいただけましたら幸いです。

きれいな歯並びで最高の笑顔を☆矯正について知ろう!その4

おはようございます☆黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)/
12月も中盤に入り、色々と忙しい毎日が続いていることと思います。
今年もいよいよ残りあとわずか!
頑張っていきましょう(^^)v

さて、全8回にわたる「矯正」のお話の第4回になります。
今回は、前回に引き続き、咬み合わせについてお話しようと思います。

嚙み合わせは、体に様々な影響をもたらします。
当てはまる項目がないか、見ていきましょう。

・頭痛・こり

なかなか治らない頭痛にお悩みの方はいらっしゃいませんか?
頭痛の原因には様々なものがありますが、嚙み合わせもその原因の1つです。
不自然な嚙み合わせだと、首の周りの筋肉が緊張してしまいます。
特に、頭の側頭骨に付着している側頭筋の過緊張が続くと、
やがてその筋肉が硬くなり、血行が悪くなって筋肉性の痛みとなって
頭痛が生じてしまうのです。

・耳鳴り

噛み合わせの悪い人の多くは、顎が後方へズレているため、
耳の管が下顎頭と呼ばれる下顎の一部分によって圧迫されます。
それによって耳鳴りが発生してしまいます。

・不眠症

不眠症の原因として、寝るときにアドレナリンが分泌されていることが
挙げられます。
アドレナリンの分泌を促す刺激を脳が受け取ると、
脳細胞の働きを活性化させる物質が出て、脳は活動的な状態になります。
交感神経が刺激されるとアドレナリンが分泌されるのですが、
「奥歯をかみしめる」行為はこの刺激につながります。
噛み合わせが悪い人ほど、噛みしめたり、歯ぎしりをしたりしている傾向に
あるため、結果的に眠りが浅くなってしまっているのです。

・自律神経失調症

自律神経失調症とは、活動しているときに働く交感神経と、
体を回復させる副交感神経のバランスが崩れることによっておこる、
心身の不調のことです。
体の不調としては、めまい、ほてり、立ちくらみ、動悸、不眠など、
精神的な不調としては、イライラ、憂鬱、集中力の低下など、
様々なものがあります。
かみ合わせが悪いと、頚椎がねじれてしまい、
それが自律神経系に異常をもたらします。
そして自律神経が正常に機能しなくなり、様々な症状につながるのです。

いかがでしたか?噛み合わせによってもたらされる体の症状について
おわかりいただけたでしょうか。
次回は矯正の基礎知識についてお話しします。
引き続きお読みいただけましたら幸いです。
ではまた☆