ご予約お問合わせはこちら

長野県佐久市の黒岩歯科医院 | ブログ

ご予約・お問い合わせはこちら 0267-82-5055

長野県佐久市臼田1191-5

長野県佐久市の歯医者、黒岩歯科医院のブログ

歯のお悩み大解決「口臭」☆

おはようございます☆黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)/

台風が迫っていますね。
大きな被害をもたらすであろうといわれている台風ですが、
少しでも被害が少ないことを祈ります。

いきなりですが、口臭がひどい人って周りにいませんか?
口臭がひどい人って話をしているだけでも臭くて、
あまり長く話をしたくないですよね。
でも、そんな口臭を他人事だと思っていませんか?
あなたの口は本当に臭くないですか?
気にはしてるけど、自分では臭わないから大丈夫だと思っていませんか?
実は口臭って自分ではなかなか気づくことができないものなのです。

そこで、今回は自分の口臭をチェックする方法と
口臭を予防する方法をご紹介します。

1、口臭はマスクをつければチェックできる

口臭は自分では分かりにくいと言いましたが、
実はとても簡単にチェックできるのです。
それが、マスクをつけるという方法です。
マスクをつけると自分の口のにおいがよくわかります。
これで、におわなかった人はひとまず安心してください。

もし、におった人でもそれが唾液のような臭さだった場合は
セーフかもしれません。
唾液の匂いはマスクをつけることでにおってしまう
特有のにおいだからです。
とりあえず、気になる方はこの方法でチェックしてみてください。

2、日々の生活で口臭を予防する方法

まず、一番効果的なのが、舌も忘れずに掃除することです。
口臭の原因である物質は、特に舌の上で多く作られます。
これは、舌の表面の食べかすなどの白い汚れである
「舌苔」が原因となっているからです。
そこで、1日1回できれば朝に舌をブラシで掃除するようにしましょう。
できれば専用の舌ブラシを使うといいでしょう。
しかし、強くしすぎたり掃除しすぎたりすると
逆にさらなる口臭の原因になるので、軽い力で適度にするようにしてください。
また、当然のことですが歯磨きをしっかりすることも大事です。
特に歯ブラシだけでなく、デンタルフロス(糸ようじ)や
歯間ブラシを使うといいでしょう。

もう一つ気をつけなければいけないことがあります。
それは、唾液が出るように食事をすることです。
つまり、よく噛んで食事をするということになります。
こうすることで、口の中の唾液が多くなり口臭を防ぐことができるのです。
今すぐに始められるような、簡単なことばかりなので、
ぜひ実践してみてください。

3、歯科医院で口臭を予防する方法

歯科医院に行けば様々な治療を施すことができます。
たとえば、歯周病、虫歯、親知らずなどは口臭の大きな原因になります。
そのため、これらの歯の症状を治療することで
口臭を抑えることができる可能性は大きくあるのです。
他にも歯科医院では口臭を直接抑える様々な治療方法があります。
口臭が気になる方はぜひ一度歯科医院に行って
相談してみてはいかがでしょうか。

以上が、口臭をチェックのする方法と、口臭を予防する方法でした。
どれも簡単にできるものだと思いますので、
気になる方はぜひ手軽に実践してみてはいかがでしょうか。
そして、どうしても悩んでしまう場合は、
一度歯科医院にいって医師とご相談することをおすすめします。

親知らずは抜いたほうがいいの?☆

おはようございます☆黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)/

みなさん、こんにちは。
親知らずを知っていますか?
親知らずは痛い、抜かなければいけないという噂もあれば、
親知らずは抜かなくてもいいという噂もあるのではないでしょうか。
そのために、結局どうすればいいのかわからないという方も多いと思います。

実際には、親知らずは様々なリスクがあるのですが、すぐに抜いた方がいい
場合と、抜かなくても様子を見ておけばいい場合があります。
そこで、今回は親知らずが生えてきた場合はどうすればいいのかを
ご紹介したいと思います。

・親知らずをすぐに抜いた方がいい場合

親知らずを抜くのって痛いって言うし、残せるものなら残しておきたいと
思う方も多いのではないでしょうか。
しかし、親知らずはすぐに抜いた方がいい場合があります。
まずは、こちらをご紹介します。

1、一部露出しているが、これ以上生えそうにない場合

親知らずが横や斜めになっている場合、他の骨にひっかっかて
綺麗に生えてきていない場合は残すリスクが非常に高いと言えます。
放っておくと、虫歯や歯周病にかかるリスクが非常に高いといえるので、
できるだけはやく抜いた方がいいでしょう。

2、親知らずが歯茎の下に隠れているが、手前の歯を強く押している場合

親知らずは露出していなくても、手前の歯を押して歯並びを悪くしたり、
他の歯の根を吸収してしまいます。
そういったことを防ぐために、はやめに抜く必要があります。

3、親知らずの周りに嚢胞ができる

これは目視はできないのですが、レントゲンをとると黒い影があり、
確認することができます。
一般的に症状はないのですが、感染すると顎の骨の腫れや痛みを
起こしたり、歯を圧迫して歯並びを悪くします。
また、これはレントゲンで腫瘍との鑑別が難しいので、
その意味でも摘出して検査する必要があるのです。

4、噛み合う相手の歯がない場合

親知らずと噛み合う相手の歯がない場合は歯茎や頰にあたって
痛みを引き起こします。
この症状は顎間接症を引き起こす可能性もあるので、すぐに抜く必要があります。

・親知らずを抜かないで様子を見てもいい場合

親知らずにはリスクが多いのですが、抜かないで様子を見ていても
いい場合もあります。
残しておけば他の歯と同じように使えたり、他の歯がなにか問題が起こり、
抜かなければいけなくなった場合に移植できたりするという
メリットもあります。
また、わざわざ痛い思いをしなくてもいいので嬉しいですね。

1、親知らずが綺麗に生えていてしっかり噛み合っている

親知らずが綺麗にまっすぐはえていて、しっかりと噛み合っている場合は
ほぼ問題ないので残しておいていいでしょう。
また、その見込みがある場合も同じです。
しかし、かなり奥の歯になるので、歯磨きが難しいので、
かなり意識して磨く必要があります。

2、親知らずが歯茎、骨の中に埋まっている

親知らずが埋もれていて、露出していない場合は基本的に
抜かなくてもいいです。
しかし、このときは例外も多くありますので、
きちんと症状を確認する必要があります。

以上が、親知らずをどうすればいいのかのご紹介でした。
しかし、親知らずを抜いた方がいいかどうかは、様々な他の要因も
考える必要があります。
ですので、親知らずのことで不安なことがあれば
歯科医院で相談してみることをおすすめします。

「天気の子」見に行きました☆

おはようございます☆黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)v

みなさん、この連休はいかがお過ごしだったでしょうか?
来年小学校に入学予定のたっくんは、小学校の運動会へ参加予定でしたが、
あいにくの雨予報のため、入学予定児のプログラムが中止となりました(^^;

二週間後には、幼稚園の運動会があり、私も仕事をお休みさせていただき
バッチリ応援に行こうと思っていますが、とにかく晴れてほしいですね☀

さて、連休中は雨だったということで、外では遊べず、
久しぶりに家族映画を見に行くことになりました☆

「天気の子」です(^^)v

佐久市出身の深海誠監督の作品で、前作の「君の名は」は
家族皆が大好きで、何回も見ています☆

今回の作品も流石に奥深い作品で、色々考えさせられましたが、
やはり、天気というのは我々の暮らしの中でも非常に重要な要素ですよね!
晴れの日と雨の日では全く気分も違いますしね!
子供達もどこまで理解したか分かりませんが、面白かったようです☆
さあ、今週も頑張ろうと思います☆

歯の悩み大解決「黄ばみ」☆

おはようございます☆黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)/

みなさん、歯に関するお悩みはお持ちですか?
歯に関する悩みは様々なものがあり、なにかしらの歯に関する悩みを
お持ちの方が多いと思いますが、どうでしょうか。

そんな、数多くある歯の悩みの中でも、多いと言われている悩みが
歯の「黄ばみ」です。
たとえ、美男・美女でも笑った時に歯が黄ばんでいると、
少し印象が悪くなってしまいますよね。
このように、歯が黄ばんでいるだけで、
第一印象が悪くなると言っても過言ではないでしょう。

しかし、そんな歯の大きな悩みの一つである歯の「黄ばみ」。
実は落とすことが可能なのです。
そこで、今日はそんな歯の「黄ばみ」の原因と、
その落とし方についてご紹介します。

1、歯の黄ばみの原因

歯は、本来は自然な白色をしています。
しかし、何らかの原因で歯の表面に着色したり、
虫歯などの影響で黄ばんでしまうのです。
そんな黄ばむ原因ですが大きく外部からの影響と
内部からの影響に分けることができます。

1−1、外部からの影響

食品による着色、タバコによる着色などが大きく上げられる影響です。
食品だと、例えば、コーヒーやカレー、チョコレートなどです。
タバコはそのヤニが原因となるようです。
また、歯の磨きすぎも歯の表面が削れたり、歯石がついて、
着色してしまう原因になるので注意しましょう。

1−2、内部からの影響

歯の内部が虫歯になっている、加齢による象牙質の着色、
飲み薬による内部からの着色などが原因と考えられます。
内部からの原因で黄ばんでいる場合は、少し改善が難しいですが、
白くすることは十分に可能です。

2、歯の「黄ばみ」の落とし方

歯の「黄ばみ」の落とし方には自分でする方法と
病院に行き治療する方法があります。

2−1、自分で落とす

歯の「黄ばみ」は自分で落とすことができます。
基本的には歯磨きで落とすことになります。
歯磨き粉はホワイトニング専用のものをご使用ください。
そして、強く磨きすぎず、長く磨きすぎず、
軽い力で適度な時間、磨くようにしてください。
やりすぎると、歯を痛めてしまい逆効果になるので、
少し難しい方法であるといえます。

2−2、歯科医院に行く

やはり確実に「黄ばみ」を落とそうと思ったら、
歯科医院に行くのが最も良い方法だと言えるでしょう。
歯科医院ではホワイトニングという治療を行います。
これを行うことで、歯が白くなるのです。
ホワイトニングにも種類があり、各種メリット・デメリットがあります。
それを理解して施術するようにしてください。

以上が歯の「黄ばみ」の原因とその落とし方でした。
自分でも、歯科医院に行っても、落とすことはできるのですが、
やはり確実な方法として、病院に行くことをおすすめします。
ぜひ、ホワイトニングで歯の「黄ばみ」を落として、
綺麗な白い歯を手に入れましょう。
ではまた☆

歯ぎしりは大変なことになる!?

おはようございます☆黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)/

みなさん、虫歯でもないのに歯がしみたり、何かものを噛むと痛くなったりということはありませんか?
実は、その原因は歯ぎしりかもしれません。

歯ぎしりは睡眠中無意識に行われる癖の様なものです。
しかし、歯ぎしりが強いと歯や歯茎、顎の関節に大きな負担がかかり、
知覚過敏や顎関節症などの様々な問題を引き起こします。
そこで、今回は歯ぎしりが起こす怖い問題をご紹介します。

1、歯の根元を砕く

歯ぎしりにより強い力が歯の根元に加わることで、
歯の固いエナメル質と像牙質の間に応力が集中して、歯が砕けるように削れていきます。
これが原因で神経が傷つき、知覚過敏の原因になったりするのです。

2、歯が削れて短くなる

歯ぎしりは40〜90分強い力で、歯を削り続けます。
そのために、歯の長さは短くなり、知覚過敏を引き起こし、
歯がしみるようになります。
ひどい人だと、歯の神経が表面まで出てしまう人もいるといいます。

3、歯を支えている骨が痩せていく

歯ぎしりで、歯が揺れてしまうせいで、歯を支える骨が溶けて痩せていきます。
その結果、歯周病を引き起こしてしまいます。
また、骨や歯茎に覆われていた部分が出てきてしまい、
歯が長く見えてしまうこともあります。

4、噛む時に痛くなる

歯には歯根膜という、噛んだ時に固いものか柔らかいものかを
判断するための膜があります。
歯ぎしりにより、この膜が強いダメージを受けると、
噛んだ時に痛みを感じるようになってしまいます。

5、歯が割れる

歯ぎしりによって歯の表面が欠けたり、
根元まで割れてしまったりすることまであります。
神経のない歯や年齢が経っている歯は、
弱くなっているので簡単に割れてしまいます。
そうなると、噛むたびに歯に亀裂が走り、
ものすごい激痛と戦わないといけなくなります。

6、顎が痛くなる

歯ぎしりをすると顎の関節が強く圧迫されます。
顎の関節には軟骨があります。
この軟骨が、歯ぎしりによって圧縮されてしまうのです。
そして、顎をスムーズに動かせなくなったり、
顎関節症を引き起こしたりします。
そして、顎が痛み、変な音がなること、顎が開きにくくなることなどを
引き起こします。

7、偏頭痛

なんと、歯ぎしりは偏頭痛まで引き起こします。
歯ぎしりの時に動く筋肉の中には、顎から頭の横にまでつながっているものもあり、
その筋肉に負担がかかり、偏頭痛を引き起こすのです。

8、肩こり

これも偏頭痛と同様に、想像し難いですよね。
しかし、これも同様の原理で肩・首まわりにつながる筋肉に負担がかかり、
肩こりや首筋の痛みを引き起こすのです。

どうだったでしょうか。以上、歯ぎしりが引き起こす恐ろしい症状の数々です。
歯ぎしりは一般的にはストレスが原因と言われていますが、
医学的にはっきりとは解明されていません。

しかし、このような症状を予防することはできます。
それは、マウスピースを使う方法です。
マウスピースを寝る時につけることで、歯ぎしりから、
歯や、顎、筋肉を守ることができるのです。

もし、歯ぎしりに悩まされている方がいれば、
歯科医院へ行ってマウスピースを作ることをオススメします。

妻、パワフル!☆

おはようございます☆黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)v

この週末は、私は大学の同窓会があったり、休日診療があったりと
家族での時間を十分にとることができませんでした(‘_’)

週末私がいないということで、妻はその日に思い立ってキャンプに出かけました!
当日に母子キャンプに出かけるわけですから、その行動力には感心させられます(^-^;

子供達もテントを張るのを手伝えるようになったとはいえ、スゴイですね!

う~ん、自然の中で実に楽しそう(^^♪
自分も行きたかったな~!

今週は、妻が講習会で水曜日と土日逆に不在になります!
今度は、私と子供達でどこかに出かけて楽しもうかと思います(^^)v
ではまた☆

歯を抜けたまま放置すると大変なことに!その危険性とは?!

おはようございます☆黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)/

みなさんは歯が抜けたらすぐに治療に行かれていますか。
「一本抜けたくらいだったら大した問題はない」
「別に食事をするときに問題はないので特に治療はしていない」
そういった患者さんは意外に多くおられます。
しかし、歯が抜けたまま放置していると様々な問題が出てきます。
それも少しずつ口の中や歯全体に問題が生じてくるので
なかなか気づかない方が多いのです。
そのために、放っておいても問題なく生活されている患者さんが多く
異変に気付いた時には大変なことになっているというケースが少なくありません。

そこで今回は、歯が抜けたまま放置していると
どういった問題が起きるのかをご紹介していきます。

・噛み合わせが悪くなる
歯がなくなって時間が経ってしまうと、隣り合う歯を失った歯は
少しずつ倒れこんできたり飛び出してきたりと噛み合わせに支障をきたします。

・歯周病や虫歯になりやすくなる
歯が抜けて放置してしまうと歯並びが悪くなります。
そうなると、歯の隙間ができてそこに歯垢や歯石が溜まりやすくなります。
また、そういった隙間は磨き残しの原因となるので、
残った歯垢や歯石が虫歯や歯周病を引き起こしてしまいます。
加えて、噛み合わせが崩れて歯茎に変な力が加わると
歯周病を引き起こしやすくなるのです。

・顎関節症を引き起こす可能性がある
本来、歯は左右均等にあります。
しかし、歯が抜けて噛みやすい方でしか噛まないようになると
噛み合わせが崩れてしまいます。
そうなってしまうと、本来は負担を左右均等に分散できいたのが
片方だけになってしまい、顎関節症を引き起こしてしまうのです。

・脳への刺激が減少する
みなさんの中には、よく噛むことで脳へ刺激がいき、脳が活性化する
といった話を聞いたことがある方が多いのではないでしょうか。
これは事実です。
実際に、歯の噛み合わせが崩れ脳への刺激が減ってしまうと
認知機能が低下することがわかっています。

・老けた顔つきになる
これはなんとなく想像がつくと思いますが、歯があることで
私たちの頬や唇はハリがあります。
しかし、歯が数本ないままでいるとそのハリがなくなり、
垂れてくるので老けた顔つきになってしまうのです。

いかがでしたか。
歯が一本や二本ないだけでこれほどたくさんの問題が生じる可能性があるのです。
恐ろしいですよね。
ちなみに、抜歯を放置しておくことで生じる問題はこれで全てではありません。
今まで「大した問題がないだろう」と甘く見ていた方は
これを機に治療を受けに行ってくださいね。

歯がしみて痛い!!こんなときはどうすればいいの?

おはようございます☆黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)/

夏休みも終わり、今日から仕事を再開という方も多いかと思います!
私は先週末から仕事は再開していますが、
子供達も今週から幼稚園に行き始め、慌ただしい日常が戻るのかなと
気合を入れているところです☆

さて、みなさん、冷たいものを食べた時や飲んだ時に
歯がしみて痛かったことはありませんか?
こういった症状の多くは知覚過敏と言われておりますが、
それ以外にも様々な原因が考えられます。
そこで、今回は歯がしみる原因を知っていただこうと思います。

1、知覚過敏
やはり、一番多い原因は知覚過敏です。
知覚過敏では歯茎が下がり、歯の根元がでることによって
歯の神経が過敏に反応します。
そして、知覚過敏は冷たいものが一瞬だけしみるイメージです。
症状が軽い場合なら知覚過敏の治療用の歯磨き粉を使うといいでしょう。
しかし、二週間ほど使い続けてもあまり効果が感じられない場合は、
実際に歯科医院へ行って治療してもらう様にしましょう。

2、虫歯
虫歯が原因で歯がしみる場合は、熱いものや甘いものでしみます。
歯がしみると感じるのは、虫歯が深くなっている時なので、
すぐに虫歯を治療しに行く必要があります。

3、歯ぎしり
歯ぎしりが原因で、歯が削られて、その結果として
歯がしみることがあります。
これは、夜間にマウスピースを使用することで歯ぎしりから
歯を守ることができます。
また、歯の根元には、プラスチックで保護することもできます。

4、歯の亀裂
いつまでも、歯がしみるのが治らない場合は、
歯の亀裂が原因である可能性が高いです。
歯が割れてできた亀裂が神経まで達している場合に、
痛みを感じるようになります。
虫歯でも、知覚過敏でもない場合は、歯の亀裂を疑うといいでしょう。
治療は、神経までダメージがいっていなければ歯科医院へ行って
接着剤で固定するといいでしょう。
神経の一部まで死んでしまっている場合は、さらなる治療が必要になります。

5、歯の神経のとりわすれ
歯の神経の治療は非常にむずかしくて、たまに切除したつもりが
残っていることがあります。
ほっておいても治るものではないので、また歯科医院へ行って
治療する必要があります。
心配な方はできるだけ、専門的な機材や知識が揃っている
歯医者へ行くといいでしょう。

どうだったでしょうか。以上が歯のしみる原因とその治療法です。
歯がしみて痛い時は、ほっておくともっとひどいことになります。
そうなると、より大掛かりな治療が必要になるのです。
そのために、無理して我慢せずにすぐに歯科医院に行って
治療することを強くお勧めします。

歯の悩みランキング6位から10位☆

おはようございます☆黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)/

今日は、午前中は休診にして、スタッフ全員で健康診断に行ってきます!
スタッフの幸せのためには、健康第一ですからね!
私自身もしっかりと調べてもらおうと思います(^^)v

さて、前回から歯の悩みランキングをご紹介しています。
前回は1位から5位までをご紹介しましたが、
みなさんがよく知る歯の問題ばかりだったと思います。

さて、今回は前回に引き続き残りの6位から10位の
歯の悩みをご紹介していきます。

6位 歯周病
こちらも虫歯と同様で定番中の定番ですね。
年代を問わず数多くの方が日々悩まされている厄介な病気だと思います。
歯周病は、口の中の細菌が歯垢となり歯肉に溜まることで
炎症を引き起こします。
歯周病になると歯茎が腫れたり赤くなったりします。
ひどくなると抜歯をしなければならなくなります。
しかし、虫歯同様に毎日歯磨きをかかさず定期的に歯医者さんで
メンテンスを行なっていれば問題ありません。

7位 歯肉炎
歯肉炎とは、歯周病の初期段階のことです。
ですので、原因は歯周病とほぼ一緒です。
みなさんも感じたことはあると思いますが、
朝起きた時には口の中がネバネバしています。それが歯垢です。
この歯垢が歯と歯茎の間に溜まって歯肉炎となります。
特徴としては、歯茎が腫れたり歯磨きをすると
血が出たりといった症状が現れます。
放っておくと歯周病に発展し深刻な問題になります。

8位 親不知(おやしらず)
親不知は大体10代後半から20代前半の方の悩みです。
親不知は正常に生えてくれば抜く必要はありませんが、
変な生え方をすると痛みが出てきて
他の問題を引き起こす可能性があるのでほとんどの人が抜きます。
余談ですが、親不知という呼び名の由来をご説明します。
永久歯は基本的に15歳前後で生え揃いますが、
親不知は10代後半から20代前半の間に生えてきます。
つまり、親に知られることなく生えてくることから親不知と呼ばれています。

9位 エナメル質
エナメル質とは、歯の一番外側を覆っている層で
人間の体の中で一番硬い部分だと言われています。
その硬さはなんと水晶と同じくらいだとか。
エナメル質自体は無色透明で、歯が白く見えるのは
その内側の象牙質という層が透けて見えているためです。
エナメル質の役割は様々な刺激から歯の神経を守ることです。
しかし、エネメル質に大きなダメージが加わると
神経への防御ができなくなり歯が弱ってしまいます。

10位 歯槽膿漏
歯槽膿漏とは、歯周病を放置することで引き起こされる
歯周病よりもさらに症状が進行した状態です。
ですので、原因は歯肉炎や歯周病と同じです。
こちらも症状の初期段階でしっかりと対処したり、
毎日歯磨きをかかさず定期的に歯医者さんに通ったりすれば
問題なく予防することができます。

いかがでしたか。
今回で歯の悩みランキングに関する記事は終了です。
みなさんが実際に悩まされている歯の悩みは少なからず一つはあったと思います。
それぞれの症状なども同時に記載しておりますので、
似たような症状を抱えていらっしゃる方は
一度歯医者さんに行って診てもらうことをおすすめします。

黒岩歯科医院は、8/11(日)~14(水)まで休診となります。
8/15(木)から通常通り診療致します。
よろしくお願いします。

歯の悩みランキング1位から5位☆

おはようございます☆黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)/
今日は、たっくんが、幼稚園でお泊り保育です!
クラスの皆と夕食を作ったり、花火をしたりして、幼稚園に一泊します!
ずっと楽しみにしていたイベントです☆
楽しい思い出をつくってきてほしいですね(^^)v

さて、歯の悩み、、、誰もが抱えている悩みだと思います。

食べ物を噛んで細くし消化をしやすくするという体の中でも
非常に大切な役割を担っている歯ですが、
私たちが歯に関して抱える悩みは数多く存在します。
ほとんどの人が小さい時に親から毎日歯磨きをするように
口うるさく言われてきたのではないでしょうか。
昔から大切にしてきた歯ではありますが、それに関する
悩みや問題は私たちの人生には付きものですよね。

今回と次回に分けて歯の悩みランキングを
1位から10位までご紹介していきたいと思います。

今回は1位から5位までをご紹介します。

1位 黄ばみ
多くの人が気にしている悩みではないでしょうか。
歯というのは日常生活での会話の時などによく人の目に触れる部分なので、
多くの人が悩みとしてあげているのでしょう。
黄ばみが起きる原因は、タバコや食べ物、加齢、歯石の付着など
様々な原因が考えられます。また、歯磨きのし過ぎも黄ばみの原因となります。
黄ばみが気になって必要以上に磨いてしまうと
さらに悪化させてしまうことになるので気を付けましょう。

2位 歯並び
こちらも目に触れやすい歯ならではの悩みだと思われます。
歯並びが悪いと笑顔の時に少し気になって
満面の笑顔を躊躇してしまうこともあると思います。
しかし、歯並びの悪さは外見的な問題ばかりではありません。
歯並びが悪いと細部まで歯磨きができないという問題があります。
そうなると、虫歯や歯周病などの内的問題を引き起こしてしまいます。
治そうにも多額の費用や時間が必要となるために
悩みランキング上位に位置しているのでしょう。

3位 虫歯
定番中の定番ですね。
小さい時から悩まされているという人も多いのではないでしょうか。
ある調査によると日本人の中で虫歯になったことのない人は
100人中5人という結果が出ています。
また、歯を失う原因の40%が虫歯だという調査結果も出ています。
しかし、虫歯は正しく予防をしておけば頻繁にかかる病気ではありません。
毎日食後や寝る前の歯磨きをかかさないことや定期的に
歯医者さんに通い歯のメンテンスを行なっていれば十分に防げる病気だと思います。

4位 歯石
歯石とは、口の中の歯垢(細菌の塊)がカルシウムやリンなどの
ミネラル成分と結合して石のように固くなったものです。
歯垢は歯磨きで除去できますが、歯石にまでなってしまうと歯磨きでは
対処できなくなってしまうので歯医者さんに行かなければなりません。
また、歯石をそのままにしておくと虫歯や歯周病を引き起こしてしまうので厄介です。

5位 噛み合わせ
噛み合わせが悪いが為に悩まされている方は少なくないはずです。
噛み合わせが悪くなる原因はいくつかあります。
もともと歯並びが悪い・抜歯や治療の放置によって周りの歯が動いて
噛み合わせが悪くなる・歯ぎしりによる噛み合わせの悪化など原因は多種多様です。
また、噛み合わせが悪いがために歯周病や虫歯といった病気を引き起こしてしまいます。
加えて、噛み合わせは治療も難しいため5位に位置したと思われます。

いかがでしたか。
みなさんもこの中で一つくらいは経験されているのではないでしょうか。
次回は残りの6位から10位までをご紹介します。