ご予約お問合わせはこちら

長野県佐久市の黒岩歯科医院 | ブログ

  • CT・レーザー完備
  • 初診カウンセリング
  • 無料託児サービス
  • 徹底した衛生管理
ご予約・お問い合わせはこちら ご予約お問合わせはこちら0477015844

長野県佐久市臼田1191-5

長野県佐久市の歯医者、黒岩歯科医院のブログ

毎日のケアで防げる?歯周病について3分で簡単解説!

おはようございます☆黒岩歯科医院、院長の黒岩です(^^

「一生の資産」と聞くと何を思い浮かべますか?ほとんどの方は「健康」を考えますよね。
しかし、その中でも「歯」を思い浮かべる方は少ないかと思います。
自分の歯は鏡を通さないと見ることができませんが、食べ物を食べて生きていく上で一生切っても切り離せない存在なのです。
そこで今回は、歯周病という耳にしてもイマイチぴんと来ない口内の病気についてご紹介します。

■歯周病とは

歯周病は、歯と歯茎の間にある溝に細菌や汚れが溜まって歯茎の内部で起こる炎症のことです。
歯磨きが足りていないと起こりやすくなります。
また、その細菌は歯周病菌と呼ばれており、たいていの人は口内に保有している常在菌です。

歯周病は、歯周病菌に対して過剰に免疫反応を起こすことで発症します。
そのため、そもそも歯周病菌がなければ発症しませんし、持っていても免疫反応が正常であれば発症する確率は高くありません。

■歯周病になるまで

歯周病菌はたいていの人が保有していますが、ケアをほったらかすと、その数が増殖していきます。
それに伴い、歯周病菌に一定数含まれる悪い菌も増殖します。
そうすると、体の免疫は歯周病菌や悪い菌に対抗します。

しかし、菌の数が増えすぎると対応できなくなり、歯に歯周病菌が付着してしまいます。
今度は、これまで菌に対抗していた免疫が歯も攻撃対象に加えてしまいます。
そして、歯や歯を支えている骨を溶かしてしまい、歯周病が発生するのです。

■歯周病の治療

歯周病は歯茎の炎症の段階では治る可能性も高いですが、骨が溶けてしまうと元どおりには治りません。
そのため、進行をどのように抑えるかが重要になってきます。
一番手っ取り早いケアはブラッシングです。「プラークコントロール」といい、歯と歯茎の周囲の歯垢をしっかり落とします。

日頃から、歯磨きを気をつけて行わないと歯科での治療の効果が効きにくくなります。
歯垢をしっかり落とすことができれば歯茎の炎症は落ち着きます。

歯科では歯ブラシで落としきれない歯石を除去します。
歯石とは、歯垢が唾液のミネラル成分で固体化したもので、悪性はありませんが、歯垢がその隙間に入り込むためしっかりと除去する必要があります。

いかがでしたか。
「歯周病」はよく耳にする言葉であると思いますが、真剣にケアをしている方は少ないかと思います。
歯周病は進行して骨を溶かし始めると元に戻すことはできません。
日頃から歯磨きを入念に行い、定期的に歯科で検診を受けるようにして、口内を健康に保ちましょう。

知らぬ間に進行中!?意外と怖い「虫歯」について簡単解説!

おはようございます☆黒岩歯科医院、院長の黒岩です(^^

口の病気と言えば「虫歯」を想像する方はたくさんいらっしゃるかと思います。しかし、虫歯は自覚症状が出てからでは対処が間に合いません。今回は、そんな厄介な歯の病気、虫歯についてご紹介します。

■虫歯とは

酸によって歯が溶けてしまう症状のことを虫歯と言います。通常、口内は弱酸性に保たれておりますが、糖分を摂取することで酸性に変わってしまい、歯に含まれるミネラルを溶かします。この状態が長く続けば続くほど虫歯になりやすいです。そのため、朝昼晩の三食に加えて間食や夜食を食べていると1日中、常に酸性の状態になってしまいますので注意が必要です。

■酸性の口内を弱酸性に戻す方法

それでは、何をすれば食後すぐに口内を弱酸性に戻せるかというと、「歯磨き」です。歯磨きをして、口の中の食べかすを排除することによって正常な状態に戻すことができます。また、常に口の中で分泌している「唾液」にも口内環境を弱酸性に戻す効果があります。

■虫歯の症状

虫歯は初期の段階では痛みがありません。
そのため、痛みを感じた場合は症状がかなり進行していると考えてよいでしょう。
虫歯は主に5段階で判断されます。

C0(最初期)の段階では、歯の表面(エナメル質)が少し溶けています。
C1(初期)の段階では、それが少し進行しますが、まだ痛みは伴いません。
C2(中盤)では、象牙質と呼ばれる歯の表面の下の柔らかい層にまで虫歯が進行しています。
ここで、冷たいものがしみるような自覚症状が出始めます。
C3の段階では、虫歯が神経にまで到達し激しい痛みを感じます。
そして、最終段階C4では、歯の上部がすべて溶けてしまいます。
この状態になると神経が死滅しており、痛みを感じなくなります。

■虫歯になりやすい人

簡単に言うと、歯磨きをしてから食べ物を口に含むまでの時間が長ければ虫歯になる確率は下がります。そのため、不規則な食生活で間食が続いていると虫歯になりやすいのです。また、ストレスによって唾液の分泌量が減るのも虫歯の原因になります。その他にも、歯並びによって歯磨きがしにくい場所も注意が必要です。

いかがでしたか。「歯医者はコンビニよりも多い」などとよく言われますが、健康な方は歯医者に行く回数はあまり多くないと思います。しかし、虫歯の自覚症状は、重症化してからでないと発症しないため、定期的な検診が必要です。「自分は大丈夫」と思っているうちに虫歯が進行しているかもしれません。気になった方は是非、早期の検診に行ってみてくださいね。

歯科医師会旅行☆

おはようございます☆黒岩歯科医院、院長の黒岩です(^^

みなさん、週末はいかがお過ごしだったでしょうか?
私は、私の住む佐久市の歯科医師会の旅行で鎌倉に行ってきました!
午前の診療が終了し、総勢20名の先生方が集まり、
マイクロバスで一路鎌倉まで向かいました!
バスの中では、少しお酒も入り、普段話す機会がなかなかない先生とも
かなり突っ込んだお話が出来ました!
話も盛り上がり、あっという間に鎌倉へ到着!
大仏様と記念撮影(^_^)v

その日は横浜中華街に宿泊し、夜遅くまで、楽しく、そしてためになる話を
色々な先生とすることが出来ました!

翌日は、四季劇場に、「アラジン」を見に行きました!

四季劇場は、なかなか予約が取れないのですが、半年前に予約しました!
人気がある理由がわかる、見る人を引き付けるパワーがありました!
今度は、ぜひ家族を連れてきたいと思いました☆

今回は、地域医療のために頑張っている先生達と
楽しく、そして、これからの歯科医師会のあるべき姿について熱く語ることが
できました!
とても有意義な時間を過ごすことが出来たと思います!

また今日から頑張っていこうと思います☆
ではまた☆