ご予約お問合わせはこちら

長野県佐久市の黒岩歯科医院 | ブログ

  • CT・レーザー完備
  • 初診カウンセリング
  • 無料託児サービス
  • 徹底した衛生管理
ご予約・お問い合わせはこちら ご予約お問合わせはこちら0477015844

長野県佐久市臼田1191-5

長野県佐久市の歯医者、黒岩歯科医院のブログ

「乳歯が抜ける時期っていつ頃がいいの?」と不安なお母さんたちへ

こんにちは☆黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^♪
HPがリニューアルされて初めての投稿だったため、手間取ってしまい、お昼の投稿になりました!

「ちっちゃなかわいい歯が生えてきて喜んでいたけど、しばらくたって気が付くともうぐらぐらしている・・・抜けるのには早すぎたりしないのかな・・・?」
と不安になるお母さんたちも多いのではないでしょうか?

子供の成長はうれしい一方、不安なこともいっぱいですよね。

今回は、乳歯に関する不安についてお話しします。

■乳歯の抜ける時期は?

乳歯は生後6か月を過ぎたころから生え始め、2歳半から三歳半ごろに20本が生えそろいます。乳歯は生えてから大きさが変わることがないため、成長していくにつれて顎の大きさに対してバランスが悪くなってしまいます。そのため、乳歯は抜け落ち、永久歯に生え変わっていくのです。

最初の歯がぐらぐらし始める年齢は、6歳が平均的です。そこから7年ほどかけて、28本の永久歯に生え変わっていきます。

もちろんですがこの年齢には個人差があります。乳歯の生えた時期によって、生え変わりの時期も違ってくるため、お子さんの乳歯の生え変わりの時期が、早すぎたり、遅すぎたりするのではないかと心配に思ったとき、まずはお子さんの乳歯の生え始めた時期は、平均より早かったのか、遅かったのか思い出してみてください。

一般的に、平均の年齢である6歳の、前後2年ほどであれば、早すぎや遅すぎと不安になる必要はありません。

■乳歯が抜けた後、永久歯が生えてこない!

乳歯が抜けたのに、次の歯がなかなか生えてこないとき、「なにか問題があるのではないか」と不安になることもあるでしょう。しかし、乳歯が抜けてから3か月ほどでしたら特別心配することはありません。

特に前歯は乳歯が抜けてから、永久歯が生えてくるまで時間がかかることがあります。半年たっても永久歯が生えてくる気配がないときは、そもそも永久歯がない可能性があるため、定期検診などの際に歯医者にご相談ください。

■乳歯が抜ける時期が早すぎても歯並びは大丈夫?

乳歯が早く抜けると、顎の成長のタイミングと会わず、歯並びが悪くなるといわれることがあります。しかし、ただ乳歯が早い時期に抜けたからと言って、歯並びが悪くなるわけではありません。

顎の大きさがまだ明らかに小さく、永久歯が斜めに生えてきている場合は成長を注意してみてあげましょう。

ただし、子どもの成長は早いため、成長に伴い自然に歯並びが揃うこともあります。少し様子を見ていてもよくならない場合や、気になる場合には、一度歯医者の方にご相談ください。

歯の健康は大人になってからも非常に大切なものですよね。
生え変わりの時期は個人の成長に任せ、自然に行うことが一番ですが、今後一生付き合っていく永久歯の手入れのスタートの時期でもあるため、歯並びや虫歯など十分に気を付けて見守ってあげてくださいね。

 

黒岩歯科医院 増築工事☆

おはようございます☆黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^♪

この週末は、非常に暖かい穏やかな日が続きましたね!
ただ、私は、土・日ともに歯周病の講習会に参加していたため、
日中の様子は全く分からず、外に出たころには日も暮れていました。
ものすごく多くのことを学ぶことができ、
明日からの診療に早速いかしていこうと思います☆

さて、黒岩歯科医院は、現在メインテナンス専用のお部屋を増築工事中です!
今までの工事の様子をアップしようと思います☆

工事開始のころです↓

基礎工事中ですね↓

一週間前の様子です↓

たっくんもテンション上がっていますね↑(笑)

今までにない快適な空間を目指し、5/7(月)リニューアルオープン予定です♪

増築に伴い、黒岩歯科医院の象徴だった、
大きな生け花が今週で最後になります。
増築後は少し規模を縮小して、継続予定ですが、やはりさみしいものです。
今週の生け花です🌸

今週も頑張ろうと思います☆

歯医者の麻酔が不安な方へ!安心して治療を受けるための麻酔基礎知識

おはようございます☆黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^♪

歯医者で、健診だけではなく痛みを伴う処置をするとき、ほとんどの場合、患者さんが痛みを感じないように、麻酔を使います。「麻酔」という響きだけでも苦手な人もいらっしゃるのではないでしょうか。わからないものへの不安は、知ることによって和らぎます。安心して麻酔を用いた治療を受けていただくために、今回は麻酔について少し詳しくお話しします。

■麻酔のしびれはいつ切れる?

歯の治療に使われる麻酔はいくつか種類がありますが、一般的な治療で使われる麻酔は浸潤麻酔よばれ、1時間~3時間ほどの麻酔の効果があります。親知らずの抜歯などで使われる伝達麻酔の効果は3時間~6時間ほどです。

また、子どもの場合は大人より少ない量で麻酔を行うため、1時間~2時間程度で切れます。治療の内容や患者さんによって麻酔の継続時間は変わるため、必ず「何時間くらいで効果が切れるのか」教えてもらうようにしましょう。

■麻酔が効いているときに注意する3つの点

①食事は避ける
ほとんどの場合、麻酔を用いた治療後には「麻酔が効いている間は、食事を避けてください」と言われます。これは、麻酔が効いている間は口の中の感覚が鈍くなるため、誤って強く口内を噛んでしまった場合や、やけどするほど熱いものを食べた場合にすぐに気が付けないからなのです。

食べ物だけではなく、コーヒーなどを飲む場合も熱くないか、口の中に入れる前に十分に確認してください。また、お子さんの場合は治療後すぐにおなかがすくと、麻酔が切れるまで我慢しなければならないため、歯医者に行く前に軽く食事をとるなどの工夫をしてあげましょう。

②激しい運動は避ける
激しい運動の際に、口の中だけではなく、唇を噛んでしまう場合があります。いつもなら噛んでいる強さがわかるため、問題ないのですが、麻酔が効いているときは、想像以上に強く噛んでしまっていて、出血を伴う大きなけがになる場合があります。激しい運動はなるべく避け、何かの拍子に強く噛んでしまわないように注意をしなければなりません。

③患部に触れない
特に麻酔が初めてのお子さんの場合、しびれている感覚が珍しく、患部を手で触ってしまうことが少なくありません。大人の方でも、麻酔の効果が切れ始めたときのかゆみや違和感があり触れてしまう方がいらっしゃいますが、それはぐっと我慢しましょう。爪で口内を傷つけてしまう危険があるだけではなく、雑菌が幹部から入ってしまう機関があるからです。

麻酔について知ると、少し不安も解消されるのではないでしょうか?
麻酔が効いているときに気を付けるポイントを知り、医師としっかり相談すれば怖いものではありません。

麻酔は患者さんに痛みを感じない治療を受けていただくための処置です。まだ不安がある場合は、治療の前に十分に説明を受けて、安心して治療を受けられるようにしてくださいね。