ご予約お問合わせはこちら

長野県佐久市の黒岩歯科医院 | ブログ

  • CT・レーザー完備
  • 初診カウンセリング
  • 無料託児サービス
  • 徹底した衛生管理
ご予約・お問い合わせはこちら ご予約お問合わせはこちら0477015844

長野県佐久市臼田1191-5

長野県佐久市の歯医者、黒岩歯科医院のブログ

頼りすぎは危険?キシリトールガムの本当の効果!後編

おはようございます☆黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^♪

前回の記事では、キシリトールガムの5つの虫歯予防効果について説明しました。しかし、その効果が最大限発揮されるのは、適切なキシリトールガムを、適切な方法で摂取した場合です。

今回はキシリトールガムの効果的な摂取方法を説明していきます!

○キシリトールガムの虫歯予防に効果的な噛み方

1.キシリトールガムの噛み始めの唾液はできるだけ長く口の中に残していた方がよいでしょう。
キシリトールの成分は噛み始めの時にたくさん出てきます。噛み始めの唾液を口の中に長くとどまらせると、ミュータンス菌がキシリトールを多く取り込み、ミュータンス菌の活動を弱めることができるので、虫歯予防の効果が上がります。

2.食後30分以内に噛む
キシリトールガムは食後30分以内に噛み始めると効果的です。ミュータンス菌は糖やたんぱく質を分解して発酵させ酸にします。その酸が歯を溶かして虫歯になるのは前回説明したとおりです。ですので、より早くキシリトールをミュータンス菌に取り込ませ、ミュータンス菌の活動を弱めると効果的です。

3.一度に二粒噛む
キシリトールガムに含まれるキシリトール量は1.3g程度です。虫歯予防に効果的なキシリトールの一日の摂取量は4~10g程度なので、キシリトールガムを一日2、3回噛むと効果的です。この量を長期間続けていくと虫歯の悪玉菌が善玉菌に変わっていきます。

4.歯磨き前に噛む
キシリトールガムにはベトベトした歯垢をサラサラにする効果があります。歯磨きをする前にキシリトールガムをかむことによって歯垢が落ちやすくなります。

5.長時間噛む
市販のキシリトールガムなどはキシリトール以外の甘味料も多く含まれています。つまりミュータンス菌のえさがたくさん含まれているということです。ですので長時間噛んで甘みがなくなってからが勝負です。たくさん噛んで唾液を出して虫歯予防につなげましょう。

○キシリトールガムの正しい選び方

1.キシリトールの含有率が50%以上であること
キシリトールの含有率はキシリトール(g)÷炭水化物(g)で計算できます。50%は虫歯予防の最低ラインでできれば90%以上が望ましいです。
歯科医院専売品はキシリトール100%ものまであります。

2.糖類が0gであること
ソルビトールやマルチトールなどの甘味料もキシリトール同様に虫歯にならないので、糖類ではありません。そういった甘味料が含まれるのもを選びましょう。

3.酸生物を含まないこと
それ自体が酸性であるクエン酸や果汁入りのは避けた方が良いでしょう。脱灰の可能性もあります。

いかがでしたか?正しい選び方で選んだキシリトールガムを正しく噛んで虫歯のない健康な歯を維持しましょう!

頼りすぎは危険?キシリトールガムの本当の効果!前編

おはようございます☆黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^♪

「キシリトールガムは虫歯予防にいいって聞くからとりあえず噛んでいる。」
「歯磨きが面倒くさいからキシリトールガムで代用している。」
という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

しかしキシリトールガムにも甘味料は含まれています。しっかりキシリトールの効果を理解しないまま摂取し続けるのは不安ではないですか?

今回はキシリトールガムについて詳しく理解していただけるようにお話ししていきます。

○キシリトールガムの5つの虫歯予防効果

1.酸をつくりださない糖であること
普通の糖を摂取すると、ミュータンス菌が糖を分解して発酵させ酸をつくります。それによって歯の表面は溶けてしまい虫歯になってしまいます。

しかし、キシリトールは甘味料でありながら、ミュータンス菌に分解されません。そのため酸が発生せずに虫歯も出来ないのです。

2.虫歯の原因であるミュータンス菌の活動を弱められること
先ほど説明したようにキシリトールは分解されないため酸が作り出されることもありません。

しかし、ミュータンス菌はキシリトールをどんどん取り込むので、ミュータンス菌の働きが弱くなります。そのため、長期的にキシリトールを取り込んでいるとミュータンス菌の繁殖力が弱くなって虫歯のできにくい口腔内の状態になるというわけです。

3.唾液を多く出す
ガムをかむことによって多くの唾液が出ます。

唾液には歯にとって様々な良い効果があるのです。それが以下の三点です。
・歯間の食べかすなどを洗い流す
・中性化作用:歯にとって酸性・アルカリ性は非常に有害です。唾液は飲食によって酸性・アルカリ性になった口内を中性に戻してくれるのです。また、ミュータンス菌の出した酸に対しても希釈効果(薄める)を発揮します
・再石灰化作用:ミュータンス菌が溶かしてしまった菌も、唾液のカルシウムがある程度は修復してくれます。または、コーティングして外部からの刺激に対して壊れにくい状態を保つ作用もあります。

4.歯垢を落としやすくする
キシリトールガムは、口内のネバネバした歯垢をサラサラにし、落としやすい状態にします。歯についた歯垢は歯ブラシでこすり落とさないと、取ることはできません。キシリトールの成分は歯垢を歯から剥がれやすい状態にすることができます。

5.再石灰化作用を促進する
先ほど唾液による再石灰化について述べましたが、キシリトールは唾液中のカルシウムと一緒になり一層歯の表面を強くします。

いかがでしたか?キシリトールガムは歯にとって良い効果が多いのですね。しかしこれらは効果的な噛み方をした時の効果です。次回はキシリトールガムの効果的な噛み方を紹介していきます!

七夕イベント☆

おはようございます☆黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^♪
現在、黒岩歯科医院では七夕イベントを開催しています❢

上手に治療ができたお子さんに短冊を渡し、
おねがいごとを書いてもらっています🎋
それを医院内にある笹にかざってもらっています!

たっくんとだいちゃんもちゃっかり参加(^_^)v

結構好評で、このイベントにあわせて来院されるお子さんもいます☆
みんなのおねがいごとかなうと良いですね~(^^♪

自分も含めてスタッフ全員がお願い事を書きました!
自分は結構真面目に書いたのに、スタッフ達結構軽いな~(^-^)

子供たちが歯医者さんに楽しく通ってくれるために、
そして自分たちも楽しむために実践しています☆
また、患者さんと医院のスタッフの距離感がぐっと縮まって
院内に笑顔があふれるのでとても雰囲気が良くなりますよね☆

こういうイベントの開催は、スタッフが企画、実践してくれています!
本当に感謝、感謝ですよね(^^)
7/7まで開催しているので、ぜひいらしてくださいね~(^_^)v