ご予約お問合わせはこちら

長野県佐久市の黒岩歯科医院 | ブログ

  • CT・レーザー完備
  • 初診カウンセリング
  • 無料託児サービス
  • 徹底した衛生管理
ご予約・お問い合わせはこちら ご予約お問合わせはこちら0477015844

長野県佐久市臼田1191-5

長野県佐久市の歯医者、黒岩歯科医院のブログ

親知らずを抜くタイミングはいつがベスト?佐久市の歯科医院が解説!

おはようございます☆黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^_^)v

親知らずが少し生えてきた、まだ生えてきている様子がないがいつ生えるか心配、という方の中には、「いつ親知らずを抜けば良いのか」と、不安に思われている人もいらっしゃるのではないでしょうか。

たしかに、親知らずを抜くのは多くの方にとって初めての経験で、いつ何をすべきなのか全く分からないと思います。
生えてきてから抜けば良いのですが、それからだと治療が痛いと聞くので、早めに抜くなんてことも可能なのでしょうか。

今回は、親知らずを抜くタイミングはいつが良いのか、その理由と共にお伝えしたいと思います。

■まだ小さな親知らずを抜く方法

親知らずを抜くのが心配だという人の中には、その治療の際の傷みを懸念している方が多いと思います。

親知らずが成長してしまってからだと痛くなるので、成長し切る前の歯胚の段階で抜いてしまえば良いのでは、そんなことも考えたことがあるのではないでしょうか。

結論から申し上げますと、親知らずを歯胚の段階で抜くことは可能です。
まだ成長し切っていないため、生え切ってから抜くよりも痛みも少ないと言われているのですが、いくつか懸念点はあります。

親知らずが成長した時にきれいに奥歯の奥に生えてしまえば、それは抜く必要がないので歯胚の段階で抜く必要はなかったということなります。

また、歯胚といえど抜くときには、歯茎を開かなければいけないので、治療後は傷口が閉じるまで痛みがあります。

■傾いて生えてきた親知らずは抜くべき

まだ外に露出してきていない親知らずは抜くべきではないというのが一般的な考えですが、親知らずが傾いて生えてきた場合には適切なタイミングで抜かなければいけません。

それは傾いて生えてくる親知らずは奥歯との間に隙間を生みやすく、その間に菌が溜まりやすいからです。
そのまま放っておくと歯周病になる恐れがあるだけでなく、炎症が原因で何度も頬が腫れることがあります。

親知らずが真っすぐに生えてきていない場合には、病院で抜いてもらわなければならないのです。
抜くタイミングは、傾いた歯が頭を見せていたらすぐに抜いてもらいに行くべきということになりますが、場合によっては少し先送りになるかもしれません。

菌が溜まるほど長く待つということはありませんが、歯を抜く際の治療のしやすさがあるため、医師の判断によっていつ親知らずを抜くか決定するのです。

いずれにせよ傾いた親知らずが生えてきた段階で、抜かなければいけないことは間違いないので、早めに病院で見てもらうようにしましょう。

■まとめ

親知らずを抜くタイミングは人によって異なります。
場合によっては抜かなくても良い場合もあるのですが、異常があるにも関わらずそのまま放置しておくのが良くありませんので、親知らずに関して心配なことがある時には、信頼のできる歯科医院に行って見ると良いでしょう。

運動はじめます☆

おはようございます☆黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)/

私は今、運動を全くしていません(-_-;)
おなかもたるんできています・・・
今後、健康を保つためにも、運動することは必須だと以前から考えていました。
妻は、家の近所の「JASSERCIZE」に定期的に通っていて、私も一緒にやろうと
何度も誘われていたんですが、あれこれ理由をつけて断っていました。
ですが、今回意を決して入会することにしました!
先日、体験のレッスンに行って、楽しかったので決めました!

今回はお試しのレッスンでしたが、12月から正式に入会しようと思います☆
来年の目標の一つに、この「JASSERCIZE」を続けることという
目標を立てようと思います!
頑張ります(^_^)v

親知らずの術後のドライソケットとは?佐久市の歯科医院が解説!

おはようございます☆黒岩歯科医院、院長の黒岩司です☆

皆さんは、ドライソケットという言葉をご存知でしょうか?
親知らずの治療後に起こる症状の一つで、かかると術後の安静期間が長引くため適切な対処を行う必要があります。

このほかにも親知らずの治療によって引き起こされる術後の症状はいくつかあります。

今回は、ドライソケットの症状を中心に、親知らずの術後の経過についてお伝えしていきたいと思います。

■歯茎のかさぶたが出来上がらない

ドライソケットとは、親知らずの治療で開いた歯茎の傷口の部分にかさぶたの役割をする血の塊が十分にできず、骨がむき出しになっている状態です。

傷口が開いたままの状態になっているため、痛みを感じますし、何より傷がいつになっても治りません。

こうなってしまう方は、親知らずを抜いた方の中の2~4%でごく少数ではありますが、絶対にならないというわけではないので対処法を知っておく必要があります。

まず、ドライソケットになったらそのまま放置していてもいつまでも傷口が治らないので、歯医者に行って、もう一度治療を行ってもらう必要があります。
これになっているかどうかを気づく方法は、治療後痛みがなくなるかどうかです。

普通、親知らずの治療をした場合には、2~3日目をピークに痛みは治まり始め、1週間も経てばほとんど痛みがなくなります。
しかし、傷口がかさぶたで十分覆われずドライソケットになっている場合には、1週間たっても痛みがなくならないはずです。

そのため、「治療を受けてからしばらく経つのに痛みがなくならないな」、と感じたらドライソケットになっている可能性を疑いましょう。

そして、本当に痛みが引かない場合は、1週間を目途にもう一度歯医者に行って状態を確認してもらってください。

確認が終わりドライソケットであったことが分かった場合には、それから治癒までに2~4週間がはかかります。
「なぜ自分だけこんなに…」と思われるかもしれませんが、これは親知らずの生え方や術後の血液の働きによって一定数の方に起こってしまうものなので、気長に治癒を待ちましょう。

■術後の症状

親知らずを抜くこと、抜歯の後には、内出血や神経麻痺と言った症状が起きることがあります。
この内、神経麻痺は親知らずの根っこの部分が顎の奥深くまで届いており、抜歯の際に歯が神経を傷付けてしまうことによるものです。

多くは舌か顎の下の部分のしびれという形で現れますが、人によって異なるため、口の周囲に異変を感じたら、まずは親知らずの治療を行った歯医者に行って診てもらいましょう。

このように親知らずの治療の後には、何らかの症状が発生することがあります。
しかし、どの場合も原因ははっきりしていて、抜歯によるものだと分かっていれば対処はしやすいものです。何かお悩み・ご不明な点がある方は、信頼のできる歯医者で落ち着いて医師の診断を受けてくださいね。