ご予約お問合わせはこちら

長野県佐久市の黒岩歯科医院 | ブログ

ご予約・お問い合わせはこちら 0267-82-5055

長野県佐久市臼田1191-5

長野県佐久市の歯医者、黒岩歯科医院のブログ

歯のお悩み徹底解説「すきっ歯」—その危険性とは?!—

おはようございます☆黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^)/

前回は、すきっ歯を引き起こす原因について詳しく見ていきました。
主な原因としては、生まれつき歯の本数が少なかったりそれぞれの歯が小さかったりすることと習慣による原因をご紹介しました。
まだご覧になられていない方は是非一度、前回の記事を読まれてからこちらの記事をご覧ください。

さて、なかなか厄介な原因で引き起こされるすきっ歯ですが、すきっ歯を放置していたら他にどういった問題を引き起こすのでしょうか。
今回はすきっ歯の危険性について見てきましょう。

・虫歯や歯周病を引き起こす
みなさんも容易にご想像はつくとは思いますが、歯と歯の間が開いていると健康な歯並びの方よりも歯垢が溜まりやすくなります。また、すきっ歯で歯並びが悪いと細部まで歯磨きが行き届かず磨き残しとなってしまいます。その磨き残しが虫歯を引き起こしたり歯石となり歯周病の原因となったりしてしまいます。

・口臭の原因に
上記で述べた通り、すきっ歯だと歯垢が溜まりやすくなります。磨き残しで歯垢がたまってしまうと、そこから細菌が広がり口臭を引き起こす原因になる可能性があります。

・発音がしづらくなる
すきっ歯だと話すときに歯と歯の間から息が漏れてしまい、健康な歯並びをお持ちの方よりも発音がしづらくなってしまいます。特に、サ行やタ行の発音がしづらくなり、聞き手からしたら聞き取りづらく感じるかもしれません。

・顎関節症を引き起こす
すきっ歯で噛み合わせが悪い状態を放置していると顎関節症を引き起こす可能性があります。顎関節症とは、顎の関節周辺に何らかの原因があり、「顎の痛み」、「顎がなる」、「口が開けづらい」といった症状がある慢性的な疾患ですが。顎関節症は、噛み合わせ以外にも、歯ぎしりや頬づえなどの癖といったすきっ歯を引き起こす原因からも引き起こされます。

・胃腸に負担がかかる
すきっ歯だと噛み合わせが悪くなります。ここから、食べ物を細く噛み砕くことができないという問題が考えられます。噛むという行為は、食べ物をすりつぶし胃や腸の消化を助けるという役割があります。しかし、噛み合わせが悪いがために十分に食べ物をすりつぶすことができずに、胃や腸に負担がかかってしまうのです。

いかがでしたか。
すきっ歯を放置したままにしておくと恐ろしい問題を引き起こすことを理解していただけたと思います。
現在すきっ歯で悩まれている方は不安になられたのではないでしょうか。
すぐに歯医者さんへ行ってご相談されることをおすすめします。
次回は、すきっ歯シリーズ最後となる治療法についてご紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です