ご予約お問合わせはこちら

長野県佐久市の黒岩歯科医院 | ブログ

  • CT・レーザー完備
  • 初診カウンセリング
  • 無料託児サービス
  • 徹底した衛生管理
ご予約・お問い合わせはこちら ご予約お問合わせはこちら0477015844

長野県佐久市臼田1191-5

長野県佐久市の歯医者、黒岩歯科医院のブログ

ちゃんと理解しよう!ホワイトニングで効果が出ない原因と対策

おはようございます☆黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^^♪

「ホワイトニングをしてみたけど、値段の割には効果はいまいちだった。」
というような声を聞くと、ホワイトニングをしたいと思っていても不安になりますよね。

原因は何でしょうか?ホワイトニングの方法によっても効果は変わりますが、効果を十分に得ることが難しい歯というのも存在するため、アプローチの方法を変える必要があります。

そこで今回はホワイトニングの効果が低くなってしまう原因や、その対処法について解説していきます。

○歯が白くなる原理

アメリカで開発され世界に広まった歯のホワイトニング技術は、厳密にいえば過酸化水素という薬剤を使って歯の着色を分解して歯を白くすることをいいます。

日本では薬事法上、歯科医院、もしくは歯科医師や歯科衛生士が在籍していないと、施術できないと定められています。

つまり、歯科医院で行うオフィスホワイトニングと、歯科医院で処方されたキットを購入し自宅で行うホームホワイトニングだけが、漂白効果を持つホワイトニングということになります。

エステなど歯科医院以外で行う、いわゆるセルフホワイトニングでは高濃度の過酸化水素を使用できないため、ポリリン酸や重曹が使われます。

これらは歯の表面の着色を除去する作用はありますが、歯そのものを白くする漂白作用はないため効果は限定的になります。

○ホワイトニングの効果が十分に得られない原因

・すでに歯の神経が死んでいる
ぶつけるなどの外的要因が原因で、歯がグレーになってしまうことがあります。そのような場合神経が死んでしまっている可能性が高く、ホワイトニングの表面から浸透させる施術では効果がありません。

・子供のころの歯科治療
テトラサイクリン系の抗生物質を子供のころに使用していると、歯の色が変色してしまうことがあります。下層での変色のため表面をホワイトニングしても意味がありません。

・入れ歯や差し歯
ホワイトニングは天然歯のための方法なので入れ歯差し歯には効果がありません。

・エナメル質が薄いこと
酸性の飲み物でエナメル質が溶けてしまうことを酸蝕といい、エナメル質が薄いと歯の内部の象牙質の色が反映されて黄色く見えてしまいます。

・加齢による着色
加齢に伴い象牙質の色は濃くなる傾向にあります。

・金属による黒ずみ
金属がしみだして歯と歯の間が黒や紫に変色してしまいます。この場合ホワイトニングの効果は薄くなります。

○対処法

・ホワイトニング前に歯の汚れや歯石を落としておく
・ホワイトニング後は着色しやすい食べ物を控える
・デュアルホワイトニング
これは、じっくり時間をかけて薬剤を浸透させていくホームホワイトニングと、歯科医院でのオフィスホワイトニングを並行して行う方法で、短時間で最大の効果を出せます。

ホワイトニングの効果が出ないのは人によって歯に様々な問題を抱えているからであり、仕方ないものでもあるのです。対処法は上に書いた通りですので、ぜひ実践してホワイトニングの効果を最大にしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です