ご予約お問合わせはこちら

長野県佐久市の黒岩歯科医院 | ブログ

  • CT・レーザー完備
  • 初診カウンセリング
  • 無料託児サービス
  • 徹底した衛生管理
ご予約・お問い合わせはこちら ご予約お問合わせはこちら0477015844

長野県佐久市臼田1191-5

長野県佐久市の歯医者、黒岩歯科医院のブログ

親知らずを抜くのは痛くない?佐久市の歯科医院が解説!

おはようございます☆黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^_^)v

「親知らずを抜くのは痛い」と聞き、歯医者に行くかどうか、迷っている方も多いのではないでしょうか。
たしかに、痛いことは誰しも好きではありませんし、できれば避けたいことです。

そのため、「親知らずを抜く=痛い」というイメージがあると、行くのが嫌になりますよね。

しかし、治療のどの部分で痛みが発生するのか、どうやってその痛みを抑えるのかを知っておけば、痛みに対する怖さも和らぐものです。

そこで今回は、「これから親知らずを抜きに行こうか考えていた」という方に、親知らずの抜き方と痛みの原因についてお伝えしていきます。

■親知らずの治療中は痛くない?

親知らずを抜く際は、事前に撮影しておいたレントゲンの写真をもとにどのような抜き方をするか決めておきます。
一般的には歯茎を切り開いてはの露出部分を大きくしてから抜くのが普通です。

親知らずが外に完全に露出していて他の歯と同じようになっている場合には、歯茎はほぼ開かずに抜くこともできますが、歯茎が親知らずの上に覆い被さっている場合、まずその被さっている歯茎を避けていかなければなりません。

歯茎を開く時は、あらかじめ麻酔を打っているため治療されている感覚がなく、痛みを感じることもほとんどありません。
そのため、親知らずの抜く治療の最中は安心して大丈夫です。

中には、麻酔を打つ時に痛みがあるのでは、と思われる方がいるかもしれません。
ですが、麻酔を打つ時の痛みはほんの一瞬ですし、極力痛みのない方法が用いられているため、極度に気にする必要はないでしょう。

■「抜いた後痛む」は本当?

親知らずを抜いたら、その傷口を塞ぐために糸で縫う場合があります。
もちろん、この時も麻酔が効いているため施術中はほとんど痛くないのですが、多くの方が痛みを感じるのがこの施術後の傷口が閉じきる前の状態です。

しかし、この痛みは転んで足や手を擦りむいた時に感じる痛みと同じで、何か外から力が加わって感じる痛みではありません。
そのため、中には痛みをほとんど感じない方もいらっしゃいますし、気になる場合には痛み止めを飲んでおけば落ち着くので、過度な心配いりません。

傷口が大きい方の場合には、頬が大きく張れたり、傷口を縫った糸を抜くまでに1週間もかかったりすることがありますが、その間も痛み止めを飲み安静にして過ごすことで、元の生活に戻ることができます。

歯茎を開くため、とても痛い治療のイメージがある親知らずの治療ですが、信頼のできる歯科医院で治療すればそこまで痛みに苦しむことなく抜いてしまうことが可能なのです。

■まとめ

歯医者で親知らずを抜いてもらった後は、施術を行った箇所がデリケートな状態になるため医師のアドバイスに従って、安静にしておくようにしましょう。