ご予約お問合わせはこちら

長野県佐久市の黒岩歯科医院 | ブログ

  • CT・レーザー完備
  • 初診カウンセリング
  • 無料託児サービス
  • 徹底した衛生管理
ご予約・お問い合わせはこちら ご予約お問合わせはこちら0477015844

長野県佐久市臼田1191-5

長野県佐久市の歯医者、黒岩歯科医院のブログ

抜かなくて良いのはどんな歯?親知らずを抜かなくて良い状態のパターンを紹介

おはようございます☆黒岩歯科医院、院長の黒岩司です(^_^)v

大学生になって親知らずが生えてきた人の中には、親知らずを抜かなくて良いなら「その方が楽なので抜きたくない」と思っている方もいらっしゃると思います。

たしかに、この年になって歯医者に何度も通うのは面倒ですよね。
しかし、自分の親知らずが本当に抜かなくてよいものなのかどうか、はっきりさせないと後で重大な事態になりそうで少し不安という声もよく聞きます。

そこで今回は、「親知らずは抜かなくてよいなら抜きたくない」という方に、本当に抜かなくてよい親知らずの種類についてお伝えしていきたいと思います。

■抜かなくてよい親知らず

まずは、親知らず同士が上下で噛みあい正常な歯として機能している場合です。
このような場合は、他の歯と同様しっかり歯としての機能を果たせていますし、上下で噛み合わせが上手くいっているので顔が歪んでしまう心配もありません。
そのため、今のところはこのまま放置していても何の問題もないでしょう。

次に、歯ブラシでしっかりケアができている状態のものです。
中には、上下の顎の内、下からだけ親知らずが生えてきているという方もいらっしゃると思います。

その場合は、まだか噛み合わせが上手くいくかどうかは分かりませんが、今のところ歯磨きで歯の健康状態が維持できており、特に痛みもないのであれば、抜きに行く必要はありません。

この先、上の親知らずが生えてきたらかみ合わせが上手くいくかもしれませんし、他の歯を虫歯で抜かなくてはならなくなった時に移植できる可能性もあります。

この移植に関しては、手前の奥歯などが歯周病や虫歯でダメになってしまった場合によく行う方法で、まだ抜いていない健康な自分の歯だからこそできることです。

今後の可能性を残すためにも、異常がない親知らずに関してはなるべく健康を維持し、残しておいても良いかもしれません。

また、虫歯や歯周病になっていない親知らずに関して、現状では抜かなくてよい場合があります。

これは傾いているような親知らずが生えてきた場合で、このような親知らずが生えてきたときは虫歯や歯周病になる前に抜いてしまうというのが基本的なやり方ではあるのですが、一度歯医者で診てもらった上で現状で問題がないのであれば、今のところは抜く必要はありません。

親知らずの生え方がほとんど姿を見せていないような状況であれば汚れが残る箇所もなく、菌が繁殖する可能性もないですし、抜く際にはそれなりのリスクが伴うため抜かないのも一つの手段です。

結婚式や旅行の前で顔が腫れたりしたら問題があるという場合には、特にこの手段を活用するのがおすすめです。

■まとめ

親知らずは場面と状態によって、いますぐには抜かなくてよいケースがあるので、その際はどうすべきかじっくり判断しましょう。
先々のことを考えて今抜くこと自体にデメリットがそこまでないという場合には、医師と相談してみて決めても良いかと思いますので、まずは信頼のできる歯医者を訪れてみてください。