ご予約お問合わせはこちら

佐久市臼田で歯医者をお探しなら黒岩歯科医院へ|設備のご紹介

ご予約・お問い合わせはこちら 0267-82-5055

長野県佐久市臼田1191-5

設備のご紹介

マイクロスコープ

マイクロスコープとは
歯科用の顕微鏡のことで、
肉眼では確認の出来ないような細かい箇所までを見ることのできる治療器具です。
マイクロスコープを使うことの利点は多くあります。

1.治療箇所を細部まで確認することができる
小さなむし歯や歯の亀裂などもよく見ることができます。
2.モニターで患者様と一緒に確認をすることができる
ご自身の歯が現在どのような状態なのか、今後どうなるのかなどはとても大事なことです。鏡では確認出来ないような奥の歯も一緒に見ることができます。
3.歯を削る量・抜歯のリスクを最小限におさえる
どこまでがむし歯なのかを把握したり、抜歯の可能性のある歯にも他の治療法がないかを様々な観点から調べることもできます。
4. 患者様の負担をなるべく軽減
マイクロスコープを用いることでより正確な治療をすることができますので詰め物や被せ物などの適合が良くなり、外れにくくなったり歯周病の治療なども細部まで行うことができるので歯も長持ちします。

このように良いところがたくさんあるマイクロスコープですが、導入されている歯科医院は全体の5%以下とも言われています。当院ではこのマイクロスコープを使った治療を行い、患者様一人ひとりに最善な治療のできるよう努めてまいります。

マイクロスコープ マイクロスコープ

歯科用CT装置

最新式歯科用CTで安心安全確実
インプラントや親知らずの診断
が可能です!

黒岩歯科医院では、最新歯科用X線CT診断装置を導入しています。
このCT診断装置はヨシダ製で、非常に精細な画像が得られ、高度な診断が可能だと、歯科業界で評判の製品です。
また、この歯科用CT診断装置は佐久市では初めて導入されたものです。

心配される被曝線量は、目の水晶体などの大事な部分に放射線が当たらない安全設計ですので安心安全に撮影していただくことができます。

そこから得られる3Dの立体画像や骨の密度がわかる映像によって、皆様のお口の状態とインプラント治療が可能かなどの診断ができます。

黒岩歯科医院では、歯科用CTの導入によって、インプラント治療・親知らずの治療・歯の根の治療を安心、安全に行ってまいります。
また、歯科用CTは必要に応じて、保険適用内でも対応可能ですのでお気軽にご相談ください。

最新式歯科用CT

歯科用レーザー

歯科用レーザー 歯科用レーザー 歯科用レーザー 歯科用レーザー 歯科用レーザー
歯科用レーザー
歯科用レーザー
歯科用レーザー

超高性能口腔内カメラ

見えないものが見えるペン型の高性能小型カメラです。
例えば、肉眼ではほとんど確認出来ない、わずかな歯の亀裂、小さなむし歯や歯石も、大きくはっきりとモニターでご確認いただけますので、患者様が、ご自身の目で確認していただきながらご説明をしっかりと行います。保険適応なのでご安心ください。

超高性能口腔内カメラ

AED

AED(Automated External Defibrillator:自動体外式除細動器)とは心臓の状態を判断し、必要なときに心臓に電気ショックを与えて心臓の動きをより正常に近い状態に戻す医療機器です。
最近はいろいろな場所で見かけるようになりましたので、ご存知の方も多いかと思いますが、歯科治療を受けている最中にお体の弱い方はストレスにより、まれに心臓発作を起こしてしまうこともあると報告があります。
もしも心臓発作が起こった場合は一刻も早い処置が必要になりますので、もしもの患者様の安全のために準備しております。

AED

感染予防対策の取り組み

当院では、複数の滅菌器を導入するなど、安心・安全・清潔な治療を受けていただくために感染対策に積極的に取り組んでいます。

黒岩歯科医院の滅菌機器

当院では、細菌を完全に死滅させるために、上記の滅菌器や必要な器具を取り入れて滅菌を行い、また滅菌後も菌が付着しないよう、滅菌パックの使用を行います。
また、可能なものは使い捨てを使用する事で、万全の対策を行っております。

滅菌の必要性

歯科治療は 『歯を削る』 『歯を抜く』 『歯肉を切る』などの治療により、治療に使う器具・器械には必ず唾液や血液が付着します。そのため、血液に接触すると感染する細菌やウィルス、その中には危険な病気も含まれています。
全ての「感染」を防ぐためには、治療毎に、使用器具を専用の滅菌装置で滅菌することが必要になります。
ところで消毒・殺菌・滅菌・抗菌…それぞれの違いをご存知でしょうか?

滅菌 全てのウイルス、細菌を完全に死滅させること。
殺菌 単に菌を殺すこと。
殺す対象や程度を含まないため、極端な話をすれば1割の菌を殺して9割の菌が残っていても「殺菌した」と言うことは可能です。
消毒 生きている微生物の数を減らすこと。
抗菌 菌の増殖を阻止すること。
菌は残存していても、増殖していなければ「抗菌」といいます。

院内空気環境

目に見えない空気感染の可能性、例えば削る際に飛び散る、歯の粉塵、だ液、血液などが、空気中に拡散し感染する事も考えられます。当院では空気清浄機を設置し常に院内の空気を清潔に保っています。
また治療内容によっては、歯を削っている近くで感染源を吸収できる口腔外バキュームを使用し、空気感染予防の徹底に取り組んでおります。

院内空気環境
口腔外バキューム